アサヒビールが「食べられるコップ」を開発!

国産のじゃがいもでん粉が原料の、食べられるコップ「もぐカップ」を、アサヒビール丸繁製菓が共同開発した。アサヒビールの飲料容器に関する知見と、食べられる器「イートレイ」を展開している丸繁製菓の技術力により、開発が実現した形だ。

食べられる、と聞くと、液体が漏れてしまわないか心配になるかもしれないが、高温高圧で原料を焼き固めることにより、耐水性が向上、中に入れた液体が漏れにくくなるのだとか。

また、面白いのは、容器自体にそれぞれ味がついていること。

ラインナップは「プレーン」、「えびせん」、「チョコレート」の3種類で、飲み物や食べ物との組み合わせを楽しめるよう工夫がされているという。

サイズもS(50ml)・M(100ml)・L(200ml)の3展開あるので、用途に合わせて幅広く取り入れることができる。

今後「もぐカップ」は、強度や使いやすさを検証し、今後の取り組みに生かすことを目的として、東京都内の会員型コワーキングスペース「point 0 marunouchi」にて、11月27日までテスト展開。

さらに同施設内のカフェ「BERTH COFFEE」では、「全部食べられるアフォガード」として、また天王洲の複合施設「TENNOZ Rim」内の飲食店「KITEN TOKYO」では、「カップまで食べられる季節のフルーツ気まぐれパフェ」として提供される。

楽しみながら、使い捨てプラスチックの削減に取り組める「もぐカップ」。幅広い層に人気が広がりそうだ。

©2020 アサヒビール株式会社
©2020 アサヒビール株式会社

Future tide(アサヒビール株式会社)

【公式サイト】https://futuretide.jp/

Top image: © 2020 アサヒビール株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
デリバリーサービスを提供している企業『Sorted』が、事業を拡大するためにアシスタントディレクターの求人募集を開始しました。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
究極の納豆ごはんを追い求め、全国にあるおいしい納豆の発掘をする納豆ご飯専門店「令和納豆」が、オンラインショップを開設。全国から取り寄せた国産納豆の人気商品...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。