アサヒビールが「食べられるコップ」を開発!

国産のじゃがいもでん粉が原料の、食べられるコップ「もぐカップ」を、アサヒビール丸繁製菓が共同開発した。アサヒビールの飲料容器に関する知見と、食べられる器「イートレイ」を展開している丸繁製菓の技術力により、開発が実現した形だ。

食べられる、と聞くと、液体が漏れてしまわないか心配になるかもしれないが、高温高圧で原料を焼き固めることにより、耐水性が向上、中に入れた液体が漏れにくくなるのだとか。

また、面白いのは、容器自体にそれぞれ味がついていること。

ラインナップは「プレーン」、「えびせん」、「チョコレート」の3種類で、飲み物や食べ物との組み合わせを楽しめるよう工夫がされているという。

サイズもS(50ml)・M(100ml)・L(200ml)の3展開あるので、用途に合わせて幅広く取り入れることができる。

今後「もぐカップ」は、強度や使いやすさを検証し、今後の取り組みに生かすことを目的として、東京都内の会員型コワーキングスペース「point 0 marunouchi」にて、11月27日までテスト展開。

さらに同施設内のカフェ「BERTH COFFEE」では、「全部食べられるアフォガード」として、また天王洲の複合施設「TENNOZ Rim」内の飲食店「KITEN TOKYO」では、「カップまで食べられる季節のフルーツ気まぐれパフェ」として提供される。

楽しみながら、使い捨てプラスチックの削減に取り組める「もぐカップ」。幅広い層に人気が広がりそうだ。

©2020 アサヒビール株式会社
©2020 アサヒビール株式会社

Future tide(アサヒビール株式会社)

【公式サイト】https://futuretide.jp/

Top image: © 2020 アサヒビール株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
デリバリーサービスを提供している企業『Sorted』が、事業を拡大するためにアシスタントディレクターの求人募集を開始しました。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
サステイナブルな生活様式を提案するプロジェクトチーム「sunaho」が、台湾のホームウェアブランド「TZULAï」と共同開発した、コーヒーかすと竹粉が主原...
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
石油でできたプラスチックを撤廃し、完全植物性の材料でできたプラスチックを開発する「Paper Bottle Project」。このボトルは1年以内に自然腐...
東京・渋谷にある鍼灸院「グラン治療院」と抹茶とあずきの和洋菓子店「松右衛門」が共同で「食べるお灸~よもぎとあずきのムース~」を開発。
トルコ出身のバックパッカーBerk Armaganさんは、紙コップに絵を描いてそれを売ることで、旅の資金集めをしている。1つの作品には30分〜5時間かかる...
〈shupua(シュプア)〉のコップはシリコーン製。見た目は完全にガラスですが、握るとクニャっとなります。つまり、落としても割れない。滑りにくいし、倒れに...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ?!
竹から生まれたサステイナブルなコーヒーカップ「Ecoffee Cup」から新デザインが登場。新作のモノトーンカラーをはじめとするクールで大人な雰囲気が漂う...
アメリカ東海岸で生まれた「Timberland(ティンバーランド)」が、2020年春夏コレクションの一部として、サステイナブルなワークウェアを発表した。