氷水が美味しく感じる、分厚いコップ。

暖房の効いたオフィスのなかで過ごしていると、アタマとカラダがだるーくなってきて、眠気にやられます。空気が乾燥しているせいで喉はカラカラになるし、着込みすぎて軽く汗ばんじゃうぐらい暑い。

みたいなこと、ありませんか?

僕はめちゃくちゃあって、約めて言っちゃうと暖房が苦手なんですね。だから、冬でもオフィスや家で氷水をよく飲みます。最高のリフレッシュ。ただの水じゃなくて、氷水っていうのがポイントです。わざわざコンビニで氷買ってくる価値あります。

で、〈奥原硝子製造所〉のコップ、琉球ガラスです。

よく知られている通り琉球ガラスの特徴は、リサイクルガラスを使用していること。ゆえに、すべて微妙に大きさやカタチが違ってきます。あくまで日用品なので、過度な装飾はなくて、シンプルそのもの。ボテッとした厚みとか、淡い色あい(ラムネみたいな色は、窓ラ硝子が原料だからだそう)とか、そういう素材の味わいみたいなところが直球で楽しめます。

この厚みとか色とか気泡とか光の屈折とか、そういうのがあわさって、氷水にすごく合うと思うんです。ちょっと感覚的なんですが、写真を見てもらえば、その一端がわかってもらえるかと。

もちろん、氷水以外を飲んでもいいんですけどね。

さて、ハンドメイドのガラス製品となると、それなりに高価なものも多いなか〈奥原硝子製造所〉のコップは、価格もちょうどいい。オンラインショップで購入可能です。

Ea063dfc4bdc688fcfff634ddb65f2116a32d3e6Ed1ed1cf63625476ae52c67eabd24bd045225b6a

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
ラオスの綿のタオル。外出用のタオル、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第で日常の様々なシーンに馴染んでくれます。
機能としては、マグネット式の木製ペグ。キッチンや洗面所などで、ちょっとしたものをひっかけるのに使うんですが、まずマグネットが強力です。メモやタオルどころか...
〈GORDON MILLER(ゴードンミラー)〉のペーパータオルです。オートバックスが手がけるブランドだけあって、自動車や自転車などのメンテンスなど、いわ...
〈shupua(シュプア)〉のコップはシリコーン製。見た目は完全にガラスですが、握るとクニャっとなります。つまり、落としても割れない。滑りにくいし、倒れに...
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
ニューヨークの街で年間1億8,000個も使用されているというコーヒーの紙コップをモチーフにしたウォレット。
〈THE PARK SHOP(ザ・パーク ショップ)〉の「レンジャー ボックス カート」。玄関先のツールボックスとして活躍中です。
アンティーク雑貨でよく見かけるホーロー缶。年代物は雰囲気ありますが、かなり高価。こちらは、〈AXCIS(アクシス)〉から発売されている現行品。ポイントはち...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
世界を相手にビジネスで渡りあっていくためには、グローバルな人材でなければいけない。それには「5つのツール」が必要と説くのは、布留川勝さん。近著『パーソナル...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...