3歳から、ずっと「リサイクル活動」を続ける7歳の少年

米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。

地球のことをサステイナブルに考えている、という彼の「リサイクル・ライフワーク」を、少し覗いてみましょう。

リヤンの意志に賛同し
「地域コミュニティ」も協力

2012年、リヤンが3歳のときにリサイクルセンターを訪れたのがきっかけでした。その帰り道、彼は両親に

「リサイクルできるものを集めるために、お隣さんから空のレジ袋をもらえないかな?」

と言ったそう。やがて、そのリヤンの意志はどんどん広がり、賛同者で構成された地域コミュニティまで出来上がりました。今では「RYAN'S Recycling」という名前で会社として立ち上げ、たくさんの顧客を抱えているそうです。

決してラクではない
リサイクル活動

数週間に一度、リヤンはお隣さんや知り合いから、ペットボトル、空き缶や空きビン、ガラスなどの再資源を回収、分別しているそうです。

リサイクル資源の種類はさまざまで、その分別は決して楽な作業ではありません。かなりの時間をかけてリヤンが分別したあと、トラック一台分にもなる再資源は、近くのリサイクルセンターへと運ばれます。そして、リサイクルによって受け取ったお金を活動資金などにあてています。

たとえ数週間に一度のペースであっても、この活動を続けるのは大変なこと。それでもリヤンはこの活動にとても熱心で、クルマの運転と、重くなりすぎた袋を持つこと以外、なんでもやります。

「大学の資金」と
「海の保全」

またリヤンは、リサイクル活動で得たお金を2つに分けて使用しています。

ひとつは「将来大学へ行くための貯金」。そのための資金を自分でまかなおうと考えているのです。

そしてもうひとつは、「海の動物の保護活動」への寄付です。じつはリヤンはラグナビーチにおける海の動物センター「Pacific Marine Mammal Center」の若きアンバサダーでもあり、カリフォルニアの海の動物たちを助けるプロジェクトの賛同者なのです。リサイクル活動で得た資金だけでなく、オリジナルのTシャツ販売も行ない、売り上げもすべて海の動物の保護活動資金となります。

実際に経験したことがある人なら分かると思いますが、リサイクル活動は相当な情熱がないと続けることは困難です。もちろん、この活動もリヤン自身の情熱で成り立っています。

毎週、再資源を回収し、リサイクルセンターへとそれらを持っていって資金を調達する生活。リヤンはそれを4年間も続けているのです。

現時点で、彼の手によって約20万以上もの缶がリサイクルされ、海の哺乳類を守るためのチャリティ活動に寄付されたそうです。

Licensed material used with permission by Ryan’s Recycling

関連する記事

2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
2月22日にイリノイ州オーロラで開催された集会でPete Buttigieg(ピート・ブティジェッジ)氏に、自身が同性愛者であることを公表することを手伝っ...
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたWEBサイトの紹介です。
「The Doodle Boy(落書き少年)」として知られるJoe Whaleくんは、9歳にして壁画の仕事をオファーされた。イングランドの「Number ...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
イタリアのサッカー2部リーグ「セリエB」に所属する「ペスカーラ」が、チームのユニホームデザインを決めるコンペティションで、6歳の少年が描いた絵を採用するこ...
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
この状況、7歳の少年を誰も責めることはできません。プロ野球オーストラリアン・リーグの公式戦で、起きた珍事に世界中から少年へのエールが届いています。きっと、...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
よみがえってくるのは。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられている。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネルギ...
世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
7月30日、「カリフォルニア交通局」がペットボトルをリサイクルした素材を使用し、オーロビルにある162号線を舗装したと発表。
31歳ではじめてお見合いした話のvol.4はついに最終回。お見合い当日、現れたお相手の胸にはポシェットがかかっていた。お見合いヴァージン喪失、衝撃の結末とは…。
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
7カ国語を読み書きし、九九も元素記号も理解する天才少年ラムセス・サンギーノくん(5歳)。彼はサヴァン症候群のひとり。人並み外れた彼の記憶的才能は、このサヴ...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
トルコでは「香水」の消毒剤としての需要が高まり、コロナウイルス対策として大量に買い占められている。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。