みんなの前で「編み物」をする男性集団がイケてる。

2017年は、6月10日が「世界編み物デー」だとか。そう聞くと、なんとなく編み物が好きな女性のための1日をイメージするかもしれませんが、ここで紹介するのは、チリの公共の場にたびたび現れては「編み物」をする謎の男性集団。

一体、何者!?

ステレオタイプを
壊すために

彼らは「HombresTejedores」という、12名が所属するチーム。

立ち上げのころは「男性が安心して編み物を習える場所を作ること」を目的としていましたが、次第にその活動目的はもっと大きなものへと変わっていったそうです。

「僕たちは男性だけの編み物創作グループなんだけど、そもそも男性が編み物をするのって珍しいと思うよね?

でも男性が編み物をしてはいけないっていうルールなんて、どこにもないんだ。編み物はとてもクリエイティブで素晴らしい工芸品さ。女性だけのものでは決してない。男女のイメージに関係なく、編み物の素晴らしさや、それを公共の場で提示することが僕らの活動の目的だよ。

チリでは、まだ男女のステレオタイプに縛られている人がとても多いんだ。それを僕たちの手で壊していきたいと思っている。

そうすれば、もっと良い社会になるはずだからね」

「HombresTejedores」の活動は、チリ国内でも徐々にポジティブに受け入れられるようになり、ワークショップや、月に一度の編み物集会も開催しているそうです。

チリの男女社会の在り方を変えたい、と活動を続ける彼らですが、このように世界中で活動を取り上げられることにも大きな喜びを感じると語っています。6月の世界編み物デーでは、より一層彼らのプロジェクトに注目が集まることでしょう。

私たちも、無意識に持ってしまっていたステレオタイプを見直す、いい機会になるかもしれません。

Licensed material used with permission by HombresTejedores, (Facebook)
そろそろ気温も落ちてきて、夜も長くなってきましたね。そんな季節にぴったりの趣味があります。それは編み物。ここでは「Little Things」にまとめられ...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えた...
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
価格は1,254円~と、チリ産らしいお手頃さの「ルート・ワン ヘリテージ・レッド」。根から実まで接木なしの一本木のブドウを使って仕込まれる赤ワイン。名前も...
先日、歌手サム・スミス(Sam Smith)は、自分のジェンダーを「男でもあり、女でもある」と表現しました。しかし、周りと異なるがゆえに、彼は多くイジメを...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
バレンタインに送った気持ちは、ちゃんと返ってきましたか?
その長さ距離にして約2キロメートル。1本の長〜い黒糸と28インチの自転車のリム。道具はこの二つだけ。あとは、リムの外周に200個設置したフック状の錨に、た...
明日はホワイトデーだから、プレゼントもずっと前から用意している。そんな男性は、素敵だと思う。ただ、そのプレゼント本当に大丈夫?女性たちの生の声、集めました...
「桐生にイケてる人が集まってるらしいよ」。そんなふわっとした噂を確かめてみたくてはじめた、まち巡り。今回、「リップル洋品店」「Purveyors」「わびさ...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
約1,000個のプルタブで作ったシャンデリア。明るい場所で見るとプルタブが目立って華やかさに欠けますが、暗闇だと案外シャンデリアっぽい雰囲気を醸し出してい...
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
昔に比べれば、「男だから」または「女なのに」といったジェンダー差別発言は少なくなってきたかもしれません。しかし、男女の見られ方は今もまだ随分違います。そも...
小さい頃から大好きだった『美女と野獣』。実写版を見に行ったけれど、映像や音楽がとにかく綺麗で、2時間があっという間に過ぎていった。先日の「2017 MTV...
9月10日は「世界自殺予防デー」です。日本の自殺率は世界でも高いなか、私たちには何ができるのでしょうか。アメリカの自殺予防団体が挙げる自殺のサイン。これを...
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
2015年9月のこと。ノーマさん(90歳)は、67年間一緒に連れ添った最愛の夫を亡くしました。そして、その2週間後に自分の体ががんに蝕まれてることを知った...