みんなの前で「編み物」をする男性集団がイケてる。

2017年は、6月10日が「世界編み物デー」だとか。そう聞くと、なんとなく編み物が好きな女性のための1日をイメージするかもしれませんが、ここで紹介するのは、チリの公共の場にたびたび現れては「編み物」をする謎の男性集団。

一体、何者!?

ステレオタイプを
壊すために

彼らは「HombresTejedores」という、12名が所属するチーム。

立ち上げのころは「男性が安心して編み物を習える場所を作ること」を目的としていましたが、次第にその活動目的はもっと大きなものへと変わっていったそうです。

「僕たちは男性だけの編み物創作グループなんだけど、そもそも男性が編み物をするのって珍しいと思うよね?

でも男性が編み物をしてはいけないっていうルールなんて、どこにもないんだ。編み物はとてもクリエイティブで素晴らしい工芸品さ。女性だけのものでは決してない。男女のイメージに関係なく、編み物の素晴らしさや、それを公共の場で提示することが僕らの活動の目的だよ。

チリでは、まだ男女のステレオタイプに縛られている人がとても多いんだ。それを僕たちの手で壊していきたいと思っている。

そうすれば、もっと良い社会になるはずだからね」

「HombresTejedores」の活動は、チリ国内でも徐々にポジティブに受け入れられるようになり、ワークショップや、月に一度の編み物集会も開催しているそうです。

チリの男女社会の在り方を変えたい、と活動を続ける彼らですが、このように世界中で活動を取り上げられることにも大きな喜びを感じると語っています。6月の世界編み物デーでは、より一層彼らのプロジェクトに注目が集まることでしょう。

私たちも、無意識に持ってしまっていたステレオタイプを見直す、いい機会になるかもしれません。

Licensed material used with permission by HombresTejedores, (Facebook)
11日にフィンランドで「ヘビーメタル編み物世界選手権」が開催された。文字通りヘビメタの音楽にあわせて編み物をするというものだが、これ、写真で見ても動画見て...
そろそろ気温も落ちてきて、夜も長くなってきましたね。そんな季節にぴったりの趣味があります。それは編み物。ここでは「Little Things」にまとめられ...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えた...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。