忘れられない「国語の教科書」で読んだ物語(夏のおはなし)

 

大人になっても忘れられない、小学生の頃に「国語の教科書」で読んだ物語。集まって文章になった日本語から「みずみずしさ」を感じたのは、このお話に出会った時が初めてだったように思います。

「やまなし」

 

 

二疋の蟹の子供らが青じろい水の底で話していました。

『クラムボンはわらったよ。』

『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』

『クラムボンは跳ねてわらったよ。』

『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』


『やまなし』作:宮沢賢治(パロル舎)より抜粋

 

辞書にも載っていない「言葉」が、あたりまえのように出てくる物語。なんだかすごい言葉を知ってしまったような気がして、当時人知れず感じていた、心のざわめき。

結局、大人になった今も、あの名前が指すものが何であるのかはわからないまま。それでも「クラムボン」という言葉は、夏の風物詩のようなものとして自分の中にあります。

そこにあるのに、掴むことのできないもの。ずっとそばにいるのに、まだ目に見えないもの。すこし奇妙で、長い夏休みの白昼夢のような感覚を与えてくれる「言葉たち」が、静かに揺らめいている物語です。

 

Top photo: © Rocksweeper/Shutterstock.com
わずか月額約1,800円で20万冊以上が閲覧できるだけでなく、ハイライトもつけられるとのこと。
宮沢賢治の代表作『注文の多い料理店』の物語に入り込み、世界観に浸りながら西会津料理を楽しむ、体験型シアター&レストラン企画。
新たに日本産ゴキブリに加わったこの2種、どちらもあの忌々しい姿からは想像もつかないほど、美しいじゃないか!
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
ミント味のシロップを水や炭酸水で薄めた、フランスの夏の定番ドリンクです。
こんな晴れた日に、思い出すのは。
Makuakeで販売中の、夏用マスクを「肌ざわり」「冷感機能」「通気性」「カラー」と特徴別にご紹介。大量生産ではない、こだわりの夏マスクをゲットするなら今...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
「パンツ」って、値段も大きさも、使い勝手的にもプレゼントにモッテコイだと思いませんか?なぜか「ちょっと変なもの」をもらっても、嬉しくなっちゃうのもいいとこ...
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
「ドームコンフォーター」は、シリコンバレーの最先端の睡眠医学に基づく革新的な睡眠グッズ。『スタンフォード式最高の睡眠』の著者で睡眠研究の第一人者でもある西...
新型コロナウイルスの影響で、2020年は世界的に献血が不足しているという。そこで、チェコの「赤十字社」が献血を促す啓発動画を公開
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
夏を快適に過ごすためのマスクをまとめてご紹介。息苦しくない、蒸れない、通気性がいい洗える、というマスク探している方は必見です。もっと暑くなる前に、夏用マス...
一説に「日本最古の夏祭り」ともいわれ、「天神祭」「住吉祭」と並ぶ大阪三大夏祭りである「愛染まつり」の秘仏ご開帳と大法要が、6/30〜7/2の3日間、You...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
まあ、ビーチへ行くとか、ビアガーデンで一杯やるとか、人によって夏の楽しみ方はいろいろあると思う。で、僕からオススメは……。