忘れられない「国語の教科書」で読んだ物語(夏のおはなし)

 

大人になっても忘れられない、小学生の頃に「国語の教科書」で読んだ物語。集まって文章になった日本語から「みずみずしさ」を感じたのは、このお話に出会った時が初めてだったように思います。

「やまなし」

 

 

二疋の蟹の子供らが青じろい水の底で話していました。

『クラムボンはわらったよ。』

『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』

『クラムボンは跳ねてわらったよ。』

『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』


『やまなし』作:宮沢賢治(パロル舎)より抜粋

 

辞書にも載っていない「言葉」が、あたりまえのように出てくる物語。なんだかすごい言葉を知ってしまったような気がして、当時人知れず感じていた、心のざわめき。

結局、大人になった今も、あの名前が指すものが何であるのかはわからないまま。それでも「クラムボン」という言葉は、夏の風物詩のようなものとして自分の中にあります。

そこにあるのに、掴むことのできないもの。ずっとそばにいるのに、まだ目に見えないもの。すこし奇妙で、長い夏休みの白昼夢のような感覚を与えてくれる「言葉たち」が、静かに揺らめいている物語です。

 

Top photo: © Rocksweeper/Shutterstock.com
こんな晴れた日に、思い出すのは。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった—。夏の終わり、好きなひとができた夜。そんなあなたに聴いてほしい5...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
コペンハーゲン在住のカリグラフィーアーティストJohan Deckmannは、心理療法士としての顔も持つ異色の経歴をいかし、人生に対する大きな疑問、不条理...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
『じゃじゃ馬ならし』、『指輪物語』、『眺めのいい部屋』など、世界中で愛され続ける名作たちが、針金でできた手足を一生懸命動かして自己主張をする。内容がわかる...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
意味もなく、家で水着なんて着ちゃったりして。
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
吸い込まれるように、いつの間にか唇と唇が重なり合うふたり。ああ、あなたはキスしているとき、何を感じる?カップルたちのキスする直前とキスした瞬間を集めた、“...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマー...
中学、高校の頃を思い出してほしい。毎年夏になると学校や塾の先生から、「勉強で1番差がつく季節」と言われたりはしなかっただろうか?では、今はどうだろう。昔と...
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?