忘れられない「国語の教科書」で読んだ物語(夏のおはなし)

 

大人になっても忘れられない、小学生の頃に「国語の教科書」で読んだ物語。集まって文章になった日本語から「みずみずしさ」を感じたのは、このお話に出会った時が初めてだったように思います。

「やまなし」

 

 

二疋の蟹の子供らが青じろい水の底で話していました。

『クラムボンはわらったよ。』

『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』

『クラムボンは跳ねてわらったよ。』

『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』


『やまなし』作:宮沢賢治(パロル舎)より抜粋

 

辞書にも載っていない「言葉」が、あたりまえのように出てくる物語。なんだかすごい言葉を知ってしまったような気がして、当時人知れず感じていた、心のざわめき。

結局、大人になった今も、あの名前が指すものが何であるのかはわからないまま。それでも「クラムボン」という言葉は、夏の風物詩のようなものとして自分の中にあります。

そこにあるのに、掴むことのできないもの。ずっとそばにいるのに、まだ目に見えないもの。すこし奇妙で、長い夏休みの白昼夢のような感覚を与えてくれる「言葉たち」が、静かに揺らめいている物語です。

 

Top photo: © Rocksweeper/Shutterstock.com
わずか月額約1,800円で20万冊以上が閲覧できるだけでなく、ハイライトもつけられるとのこと。
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
今回は3月27日に青山にオープンしたばかりの「cha aoyama」。韓国では大人気の「タルゴナ」が乗ったドリンクを楽しめるカフェが日本初上陸!映えな店内...
ミント味のシロップを水や炭酸水で薄めた、フランスの夏の定番ドリンクです。
こんな晴れた日に、思い出すのは。
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
新型コロナウイルスの影響により窮地に立たされている地元飲食店を支援するため、渋谷区恵比寿の情報を地域密着型で配信するWEBマガジン「恵比寿新聞」が、テイク...
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった—。夏の終わり、好きなひとができた夜。そんなあなたに聴いてほしい5...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
今年1月に英王室からの離脱を発表して、3月31日をもって正式に地位を退いたヘンリー王子とメーガン妃。メーガン妃は王室離脱後初となる仕事として、ドキュメンタ...
スウェーデンの法律事務所「Vinge」が求人のための動画を公開。シャレてる!
まあ、ビーチへ行くとか、ビアガーデンで一杯やるとか、人によって夏の楽しみ方はいろいろあると思う。で、僕からオススメは……。
コペンハーゲン在住のカリグラフィーアーティストJohan Deckmannは、心理療法士としての顔も持つ異色の経歴をいかし、人生に対する大きな疑問、不条理...
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
『じゃじゃ馬ならし』、『指輪物語』、『眺めのいい部屋』など、世界中で愛され続ける名作たちが、針金でできた手足を一生懸命動かして自己主張をする。内容がわかる...
この夏定番にしたいとっておきのカクテルを紹介します。ビールよりも夏気分!
日本人には聞きなれないオルチャータという飲み物があります。なんでもこれ、スペインやメキシコなどラテン系の人たちが愛してやまない夏の風物詩だとか。