宮沢賢治

大人になった今も、あれが何だったのかは、わからないまま。