夏のおとずれを感じる「あの瞬間」の名前

 

たとえば、仕事を終えてオフィスの外に出たとき。夜がくる直前の薄明るい空と、つかれた身体に吹く、生暖かい風。

夏のおとずれを実感させる「あの瞬間」を、なんと呼ぶのだろう? 

「夕暮れ時」の、名前を知る

 

黄昏(たそがれ)

夕暮れの、あたりが薄暗くなってくる頃。その中に、わずかな夕焼けの「赤色」が残っている時間をさす言葉。すこしずつ終わりに近づいていく人の一生を、「人生の黄昏」なんて言ったりもするみたい。たそがれ、たそがれ。なんだか、静かにつぶやきたくなってしまう言葉ですよね。

 

夕映え(ゆうばえ)

夕日の光を受け、まわりの物が美しく輝いてみえることをこのように言うのだそう。「TABI LABO」のオフィスから東のほうを見ると、タワーマンションの窓が黄金色に輝いて見えるときがあります。こんなふうに記事を書いている合間に、ふとひとやすみしたくて出た外階段から見える、あの夕映えの景色が大好きなのです。

 

茜(あかね)

もともとは、山に生えるアカネ科の多年生つる草の名前。すこしくすんだ赤色の染料として使われるそう。その色から、夕日で赤く染まった空や雲を「茜空」、「茜雲」と呼びます。たとえば夕暮れ前、となりを歩く愛おしい人が日に照らされて赤く染まっていたなら、「茜さす君」なんて呼ぶみたいですよ。

 

夕焼け(ゆうやけ)

これはもう、よく使われる言葉ですよね。日の入りのときに、西方の地平線に近い空が、燃えるような赤紅色に染まる現象のこと。空気中の水蒸気が多くなる梅雨の時期は、1年の中でもとくに夕焼けが鮮やかに見られます。あまりに美しいその光景から、「梅雨夕焼け」なんていう季語もあるみたい。

 

薄明(はくめい)

太陽が地平線に沈んでも、急に真っ暗になるわけではありません。しばらくは薄明るさが残りますよね。このような空を、文字のとおりの言葉で呼ぶのだそうです。冒頭で書いた、夏のおとずれを感じる「あの瞬間」は、この時間にやってくることが多いかもしれません。

 

『空の名前』著:高橋健司(角川書店)

美しい風景は大自然の中だけでなく、見上げた空に、日の光の中に、そして降り注ぐ雨の中にもある。天候や季節を表す豊かな日本語を300点余りの写真とともにまとめたフォトミュージアム。光琳社出版1992年刊の新装版。

「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
意味もなく、家で水着なんて着ちゃったりして。
こんな晴れた日に、思い出すのは。
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
アメリカの「スターバックス(Starbucks)」は、7月15日から来店客のマスク着用を義務化する。来店客と従業員の健康と福利を重視した決定とのこと。
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
夏を快適に過ごすためのマスクをまとめてご紹介。息苦しくない、蒸れない、通気性がいい洗える、というマスク探している方は必見です。もっと暑くなる前に、夏用マス...
ある研究によると「名前は顔を形作る」そうです。可愛い子を育てたいなら愛おしくなる名前を付けるとイイのかもしれません。一体、なぜこんなことが起きるのでしょう...
米フィラデルフィア発のセレクトショップ「Anthropologie(アンソロポロジー )」のオシャレなマスクをご紹介。5月に日本公式オンラインショップもオ...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった—。夏の終わり、好きなひとができた夜。そんなあなたに聴いてほしい5...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
「言葉にできない」と、思っていたけれど。
あなたの名前には、「くさかんむり」や「きへん」が入ってはいませんか?また、「田」や「川」などの“自然”を表す漢字は含まれていませんか?該当するあなたは、ち...
「無印良品」と「IDÉE」の家具・インテリアが、「寝る」「学ぶ/働く」「くつろぐ」という3種の基本セットになり、お手頃な月額定額料金で利用できるサービス。
8月、「ハバリーズ」より、日本初の持ち運び可能な紙パックミネラルウォーターが発売。容器には100%再生可能な素材を採用。
Makuakeで販売中の、夏用マスクを「肌ざわり」「冷感機能」「通気性」「カラー」と特徴別にご紹介。大量生産ではない、こだわりの夏マスクをゲットするなら今...
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
ミント味のシロップを水や炭酸水で薄めた、フランスの夏の定番ドリンクです。
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
食べるたびに、気持ちが「きゅっと」なりそうです。
太陽が沈む切なさと、美しさが混じり合う黄昏時。シルエット写真を手がけるDominic Liamの“夕暮れコレクション”は、現実を幻想世界へと変えます。彼の...