夏のおとずれを感じる「あの瞬間」の名前

 

たとえば、仕事を終えてオフィスの外に出たとき。夜がくる直前の薄明るい空と、つかれた身体に吹く、生暖かい風。

夏のおとずれを実感させる「あの瞬間」を、なんと呼ぶのだろう? 

「夕暮れ時」の、名前を知る

 

黄昏(たそがれ)

夕暮れの、あたりが薄暗くなってくる頃。その中に、わずかな夕焼けの「赤色」が残っている時間をさす言葉。すこしずつ終わりに近づいていく人の一生を、「人生の黄昏」なんて言ったりもするみたい。たそがれ、たそがれ。なんだか、静かにつぶやきたくなってしまう言葉ですよね。

 

夕映え(ゆうばえ)

夕日の光を受け、まわりの物が美しく輝いてみえることをこのように言うのだそう。「TABI LABO」のオフィスから東のほうを見ると、タワーマンションの窓が黄金色に輝いて見えるときがあります。こんなふうに記事を書いている合間に、ふとひとやすみしたくて出た外階段から見える、あの夕映えの景色が大好きなのです。

 

茜(あかね)

もともとは、山に生えるアカネ科の多年生つる草の名前。すこしくすんだ赤色の染料として使われるそう。その色から、夕日で赤く染まった空や雲を「茜空」、「茜雲」と呼びます。たとえば夕暮れ前、となりを歩く愛おしい人が日に照らされて赤く染まっていたなら、「茜さす君」なんて呼ぶみたいですよ。

 

夕焼け(ゆうやけ)

これはもう、よく使われる言葉ですよね。日の入りのときに、西方の地平線に近い空が、燃えるような赤紅色に染まる現象のこと。空気中の水蒸気が多くなる梅雨の時期は、1年の中でもとくに夕焼けが鮮やかに見られます。あまりに美しいその光景から、「梅雨夕焼け」なんていう季語もあるみたい。

 

薄明(はくめい)

太陽が地平線に沈んでも、急に真っ暗になるわけではありません。しばらくは薄明るさが残りますよね。このような空を、文字のとおりの言葉で呼ぶのだそうです。冒頭で書いた、夏のおとずれを感じる「あの瞬間」は、この時間にやってくることが多いかもしれません。

 

『空の名前』著:高橋健司(角川書店)

美しい風景は大自然の中だけでなく、見上げた空に、日の光の中に、そして降り注ぐ雨の中にもある。天候や季節を表す豊かな日本語を300点余りの写真とともにまとめたフォトミュージアム。光琳社出版1992年刊の新装版。

「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
意味もなく、家で水着なんて着ちゃったりして。
こんな晴れた日に、思い出すのは。
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
ある研究によると「名前は顔を形作る」そうです。可愛い子を育てたいなら愛おしくなる名前を付けるとイイのかもしれません。一体、なぜこんなことが起きるのでしょう...
さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった—。夏の終わり、好きなひとができた夜。そんなあなたに聴いてほしい5...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
あなたの名前には、「くさかんむり」や「きへん」が入ってはいませんか?また、「田」や「川」などの“自然”を表す漢字は含まれていませんか?該当するあなたは、ち...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
「言葉にできない」と、思っていたけれど。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
太陽が沈む切なさと、美しさが混じり合う黄昏時。シルエット写真を手がけるDominic Liamの“夕暮れコレクション”は、現実を幻想世界へと変えます。彼の...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
「本当の宝物」って、“モノ”じゃない。大好きなことや大好きな人との時間。自分だけの宝物は、あのとき、あの瞬間の思い出なのかもしれない。そう思えたイラストを紹介。
食べるたびに、気持ちが「きゅっと」なりそうです。
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
もの哀しくなる理由がハッキリすれば、勢い余ってヨリを戻そうとしてしまう事故も起こらないでしょ?てことで、「どうしてこの時期は切なくなるのか?」その理由を大...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...