世界陸上で話題になった「白いヘルメット」。隠された機能がすごかった・・・

先日、熱狂のうちに幕を閉じた「世界陸上2015北京」。絶対王者ウサイン・ボルトの圧倒的な強さや、日本の超新星サニブラウン・ハキームの大健闘はまだまだ記憶に新しい。

そんな中、実力はもちろん、ビジュアル面でも世界に強烈なインパクトを残した選手がいる。男子10種競技の金メダリスト、アシュトン・イートンのことだ。

A._Eaton_Cooling_Hood_2__native_1600_R

彼が休憩時に頭に装着したのは、ナイキと共同開発した「アイスハット」。まるで、中世の騎士のようなその風貌は、世界中で大きな反響を呼ぶことに。

Nike_Track_Cooling_Mask_GIF_V4_large_R

そもそも、 10種競技はその名の通り、10の種目をニ日に渡って競うもの。短距離走、中距離走、長距離走、投てき、跳躍といったそれぞれ相反する身体能力が必要とされており、その勝者はキング・オブ・アスリートと称されるほどハードな競技だ。

だからこそ、競技の合間の時間で「いかに体力を回復させるか」は勝利への大きなテーマになるはず…、しかし、イートンは別の角度からこの点に言及した。

「競技を行うごとに、体は消耗していく。着目すべきは、体を万全の状態にすることよりも、精神面のケアを行い、二日間の競技で全力を出し切れるようにすることだ」

Nike_Track_Cooling_Mask_dark_HERO_V3_native_1600_R

イートンとナイキの両者が、「精神面のケア」にフォーカスして議論を重ねた結果、「体温調節」が気分と大きく関わっているのではないかという結論にたどりついた。同時に、「顔」を冷やすことによって得られる効果の高さも明らかに。

こうして、内部に冷水を流し込み、顔や頭、首を効率的に冷却する「アイスハット」が誕生したのだ。

ashton-eaton-nike-cooling-hood-1_native_1600_R

結果的に、今大会、イートンは自身が持っていた世界記録を更新する点数を叩き出し、見事に連覇を達成。ビジュアルだけではなく、その確かな実力もはっきりと世界に示してみせた。

「アイスハット」を被り、中世の騎士のような姿で次の種目に備える―。そうした新たなスタンダードが生まれる日は、案外遠くないのかもしれない。

Licensed material used with permission by Nike

8月12日、「NIKE」は契約中の女性アスリートが妊娠した場合に、18ヵ月間は成績ベースの支払いの減額をしないと発表した。事実上、産前・産後の休業を認めた...
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...
目前に迫ったオリンピックで、陸上長距離に大きな影響を与えると思われる「厚底シューズ問題」。世界陸連は先月31日に、厚底シューズ規制に関する声明を発表した。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
最近よく見かける、片方だけ長い野球のヘルメット「Cフラップ」に迫ります。
欧米で数々の賞を受賞した革新的な自転車用ヘルメット「Lumos helmet」が日本で販売を開始する。
2月5日、「NIKE」が東京オリンピック・パラリンピックでアメリカ代表選手たちが着用するユニフォームを発表した。
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
2020年、東京・渋谷。ものすごい速さで変わっていく街に生きる、すべての人へ。
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という...
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
いそがしい毎日でも、おいしくて体にいいものを食べたい。そんな想いから、世界で初めて「主食」にフォーカスした完全栄養食を開発した「BASE FOOD」。代表...
3月、アメリカではいま“季節外れのクリスマスイルミネーション”をおこなう家が増えているという。その理由とは?
これまで、イスラム系の女性たちがスポーツをしている姿は、あまり公にされてこなかった。保守的なイスラム圏では、女性は手や顔を隠さなければならない。社会的にも...
「NIKE」から高強度インターバルトレーニング用に開発された次世代のトレーニングシューズが発表。
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
一見フツーに折り畳めるベースボールキャップ。なのに、被った人の頭を従来の自転車用ヘルメット以上にしっかり守ってくれます。
12月10日、「NIKE」が女性のためのコレクション「ナイキ・ヴィクトリー・スイム・コレクション」を発表した。特筆すべきは水泳用ヒジャブウェアが販売される点だ。
「NIKE」が提供するシューズカスタマイズサービス「NIKE BY YOU」のラインナップに、速さにこだわったデザインと素材を使用する「ナイキズームシリー...