シリアの市民救助隊「ホワイト・ヘルメット」に密着したドキュメンタリー

遠くから迫るジェット音がやがて大きな爆発音に変わると、ストレッチャーを持った男たちが崩れかけた建物の中へと飛び込んでいく。その後を懸命に追っていくカメラは、映像を右に左にと大きく揺らしている。がれきが散乱し、濃い霧のように噴煙が視界を遮る建物奥から、小さな子どもたちが次々と担ぎ出されてきた。とそこへあの轟音、再び。救出作業の一団に追い打ちをかけた…。

現在、Netflixで配信中のオリジナルドキュメンタリー映画『ホワイト・ヘルメット─シリアの民間防衛隊─』(原題:『THE WHITE HELMETS』)は、開始数十秒でぼくたちをシリア北部アレッポの地獄のなかへと引きずり込んでいく。

「標的にされるのは市民、
すべての人を救いたい」

1e445e3ea836546b322567d1b01ee127c89ce922

がれきに埋もれた市民を救出し続けている人々がいる。長引く内戦によって警察や消防が機能せず、無秩序状態となったこの地域で、負傷者の救助活動を行ってきたボランティア団体「ホワイト・ヘルメット」だ。2013年に発足した同団体では、現在120のセンターを拠点に市民2,900人が活動している。

建設業者、金属加工業者、テーラー…元はといえば、みなそれぞれ手に職を持つごく普通の男たち。彼らは空爆の音に誰よりも早く現場へと駆けつけ、がれきの下から人々を助け出す。

「敵味方なんて関係ない、
家族だと思って救助している」

031b285c9772048deb57b856b8120058bd8829d093551ff1e9f7f5c0e840ba7d147216189f0ecbd4

 激しい空爆がいまなお続くアレッポで活動を続ける彼らに密着したこのドキュメンタリーは、自らの命を危険にさらしても人命救助にあたる彼らを、ただヒーロー視したものではない。

がれきに圧し潰されたり、救出されてもストレッチャーからだらりと力なく手を垂らす、かえらない命にもカメラは直視する。5年以上続く内戦は、こうして40万以上のシリア人の命を奪っていった。脚色しないリアルな世界は、激しい怒号やそれを打ち消す爆音、緊迫した訓練の様子などから読み取れるはずだ。

そして、隊員たちもまた家族、兄弟、仲間たちが次々と命を落としていく過酷な状況下に怒り、嘆き、震えている。それでも敵味方関係なく、助けを必要とする人のために自らの命を危険にさらす。

「ひとつの命を救うことは、
人類を救うこと」

7cdb6962aacb651d6fb43ea7e47bb3e11f6a6d50

以前は武装グループに所属していたと語るのは、元テーラーのムハマド・ファラ。戦いの中で標的にされているのは市民だという事実に、武器を捨てホワイト・ヘルメット入隊を決めたという。

「命を奪うより、救う方がよっぽどいい」。人々の力になり祖国を救うため、彼もまたこの活動に使命を感じ、希望を捨てずにがれきの中に飛び込んでいく。

それこそがホワイト・ヘルメットの信念(彼らはそれを「標語」と呼ぶ)そのものなのかもしれない。「ひとつの命を救うことは、人類を救うこと」だと。

2016年、ノーベル平和賞にノミネートされた彼らの緊迫した現場に密着した40分のドキュメンタリーはこちらから。正直あっという間だ。

Netflixオリジナルドキュメンタリー 『ホワイト・ヘルメット―シリアの民間防衛隊―』オンラインストリーミング中

Licensed material used with permission by ​Netflix
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
2017年10月、シリアの観光ビザがおりたChristian Lindgrenさんは、10日間だけ同国で旅をしました。行った先は、ダマスカス、アレッポ、ホ...
シリアの首都ダマスカスにある学校に通っていた、1996年の夏。欧米・アジアの外国人そのものが珍しかったこの頃は、どこへ行っても「日本人か?」のあとに、「ソ...
依然として内戦が続く、シリア北部の都市アレッポ。この街に、空爆に怯えながらもTwitterで状況を発信し続けている7歳の少女がいます。彼女の名は、Bana...
2011年より続くシリアの内戦は、すでに5年9か月。出口の見えない迷宮のような日々に怯えながら今日を生きる子どもたちがいます。そんな彼らにほんのひとときだ...
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...
2015年7月、突如メディアに投稿された1本の動画に世界中が目を疑いました。イスラム国(IS)による人質殺害の様子が収められた映像。それが、なんと映画スタ...
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...