総工費2.8億円、子供の頃の夢を叶えたアメリカ企業の傑作。

巨大ロボットに乗って対戦をする。こんなこと、ほとんどの人にとって、夢のまた夢のようなことだったでしょう。それでも、「いつかはやってみたいな」と心の中では思っていたのだけれど…。

あの頃の夢を叶えられるチャンスは、もう少し手を伸ばせば、掴めるのかもしれない。

巨大ロボットを
コックピットに乗って操縦

9c618d389d30bcd3c9e6d2a4d5e0e3406ecc0e7d43355ffa1727c42f5c5228daddf82fd45f9763ec8e1965c5d067054384617e2be34d534869a5d700Bd5e8ea9d01514ca1a16fc3b0c5063985aa83534Daf531e25421e360571809aacb682635d0b0529a

アメリカの「MegaBots Inc」が生み出したのは、巨大ロボット<Eagle Prime>。なんと重さは12トンで、高さは約4.8メートルもあるそう。しかも430馬力もあり、制作費用は約2.8億円もかけられているんだとか!

他にあまり例がないので、スペックがすごいのかどうかは分かりませんが、左手のライフルから放たれるミサイルは、自動車をしっかりと打ち抜く威力。他のロボットのコックピットを破壊することだって(笑)。

Eaefcc713835c0080384dc85f3f115c8447068dbA7dd4f8bf4eb2f61b6e569a8937031b281405cc9E38a7410cdaac10b8a03b5dc180b5ab99e7c7b475244f799c71f9036b3375d7df907a6b1da3ae45e3a3100ab28ef0629021a779dbe551235751d8a73

でも、ここまで色々なものを破壊している様子を見ると、どうしても聞きたいことがあったので、質問をしてみました。

ーー莫大なコストをかけてまでも巨大ロボットを作る意義とは?

「子どもの頃から心の奥底にしまっていた『夢』を叶えているだけさ」

プライドをかけた「日米戦」

実は去る10月18日、先の<Eagle Prime>は、日本の水道橋重工が誇る<クラタス>と、巨大ロボット同士で対戦をしたのだとか。

企画が始まってから2年。諸事情を経て、ようやく「日本とアメリカのどちらが強いのか」という疑問に、白黒をつけることができたようですよ。

Licensed material used with permission by MegaBots Inc(YouTube), (Instagram)
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
バレエダンサーとして数々の公演をおこなってきたAesha Ashさん。現在はフリーランスとなり、社会的な活動をしている。それが「The Swan Drea...
社員のスキルアップを目的とした学習支援制度などの福利厚生が充実している企業は、日本にもたくさんある。だけど、モチベーションを毎日保てるようなサービスは、ア...
アメリカ・ワシントン州にひっそりと、「白雪姫の家」が建てられていたんです。Olallaという山と湖が綺麗な町で、格安の約8,700万円。森も水車も含めてこ...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
アメリカでは、クラウドファンディングでアパレル史上最高額となる23億円の支援を集めたという〈BAUBAX(バウバックス)〉のトラベルジャケットが、満を持し...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで大規模な皆既日食が起こります。アメリカ大陸を横断するのは、実に99年ぶり。この世紀の天体ショーを間近に控...
創業から10年で年商10億ドルを達成した企業のCEOと聞いたら、どんな生活を思い浮かべるだろう?高級スポーツカーにプライベートジェット、美しいモデルや億単...
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...