元ネイビーシールズ司令官が教える、最高の1日を過ごす「6つの方法」

米海軍特殊部隊、ネイビーシールズの元司令官Mark Divine氏が、1日を充実させるために毎朝実践している6つのことを明らかにしています。
実はこれ、イラクとの戦闘が続いていた2004年にも取り組まれていたプログラム。これらのルーティーンワークにより、任務を遂行するためのエネルギーを養っていたのだとか。
果たして、強い意志と肉体を必要とする彼らの1日は、どのように始まっていたのでしょうか?

01.
目覚めた後はすぐに
プライベートスペースへ移動

iStock_000011436294_MediumNavy SEALs150923-02

朝目覚めたら、まずは静かで落ち着ける場所へ行く。寝室とは別の場所が理想的だが、あなただけのプライベートな空間であればどこでもOK。

02.
コップ一杯の水で
エネルギー補給

コップ一杯の新鮮な水を飲んで、1日をスタートさせる。

03.
一日についての自問自答

shutterstock_239763235Navy SEALs150923-05

「感謝」を通して、ポジティブな感情を手に入れる。そのためには、自分自身にこう問いかけるのだ。

・一体、何に、誰に感謝する?・今日楽しみなことは?・今日の目的や計画は?・今日は誰を助け、誰に感謝することができる?

04.
5分間の“深呼吸”

「box breathing」という呼吸法をご存知だろうか?これは、私がネイビー・シールズの「SEALFIT Academy」で教えていた訓練だ。横隔膜を使った深い呼吸法で、心を静めてコントロールすることを目的としている。
方法は至ってシンプルで、5秒間息を吸い込み、5秒間息を止め、5秒間息を吐く。その繰り返しだ。

05.
朝日を浴びながら
軽くウォーキング

shutterstock_112579085Walking150923-08

毎朝太陽を浴び、新鮮な空気を吸って、気持ちが満たされるよう軽い散歩をする。

06.
成功をイメージし、
その日への“勝利宣言”を!

1日の計画を見直し、最後の調整を。その日の大切な計画を上手く切り抜け、成功する姿をイメージする。これで、勝利のメンタリティを手に入れたも同然だ。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

Mark Divine氏はアメリカの特殊部隊ネイビーシールズに20年間在籍していた元隊員です。格闘技を30年間、ヨガを15年間、それぞれトレーニングを積ん...
長距離マラソンがきっかけで知り合った、ネイビーシールズ隊員を口説き落とし、1ヶ月間の共同生活を体験したJesse Itzler氏が「Big Think」に...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
女性が人生のなかで「生理期間」として過ごす平均的な日数。2,400日は、実に6年半もの時間に相当する。そんなに長いのならば、この期間をもっと大切にするべき...
1人の時間を過ごすことは、何もコミュニケーション下手だからという理由に限ったことではない。自分に集中することで得ることはたくさんあり、充実した時間を過ごす...
弱冠9歳のアスリート少女、ミラ・スターが成し遂げた偉業に注目が集まっています。アメリカ海軍の特殊部隊「ネイビーシールズ」がプロデュースする24時間耐久のエ...
「もしも今日が人生最後の日だったら、どんな1日を過ごしますか?」これ自体は、よく耳にする質問だと思う。でも、本気で自分に置き換えて考えたことはあるだろうか...
ここで紹介する過ごし方は、忙しい毎日を送っている人にオススメするものです。心身ともに疲れを感じているなら、恋人も家族も忘れて、まずは一人の時間をつくること...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
毎日仕事の繰り返しの日々。今に不満はないけれど、何か違う明日を欲しているあなた。休日を活用することで、ウイークデーの心も輝かせませんか。休日の過ごし方をタ...
街がイルミネーションで彩られるクリスマス。カップルが満足する素敵な過ごし方はどんなものでしょう? 恋人のいる人もいない人も、クリスマスデートの参考になるよ...
今日は、人生最悪の1日。誰だって、そう感じることってありますよね?何もかもがうまくいかない。そんな負の連鎖から抜け出すことは、当然、簡単なことではありませ...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
現代では「内面の美」や「日々の充実感」を求める女性が増えているように感じます。しかし、これらの目に見えないことに価値を見いだすために必要なのは、「自分自身...
明日は「父の日」。でも、僕にはもう父親はいません。6年前に他界したからです。毎年どんな風に過ごそうかと悩んでいましたが、「Elite Daily」の女性ラ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
メキシコに暮らす人たちは、骸骨のメイクをしたり、置物を飾ったりして、魂が戻ってきた故人と明るく「死者の日」を過ごします。アーティストButch Locsi...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
なんとなく過ごしている毎日。ちょっと意識を変えるだけで、もっと幸せな1日に変わるなら試してみたいものです。「Elite Daily」のライター、Sonya...