わずか2秒で付け外し!新しい盗難防止策「取れるサドル」

昨今、自転車のサドルだけが盗難に遭うケースが多発している。残念ながら自転車の盗難保険では対象外。持ち主が守らないと、誰も保証してくれないのが現実だ。

だからこそ、「Makuake」に登場した取れるサドル「SeatyGo」が熱い視線を浴びているというわけ。

取り外しは片手で簡単におこなえ、2秒で完了。薄くて軽いのでそのままバッグに入れてラクラク持ち運べる。

取り外して室内に保管しておけば、日光による劣化の防止にもなるだろう。雨が降っても濡れずに済むのも嬉しい。ソリッドな質感とスマートなデザインも魅力だ。

Makuake」で購入でき、現時点での価格は9980円(税込)〜。自転車泥棒に“盗難対策万全の自転車”であることをアピールしよう。

©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
ブルックリンのクリエイター集団がデザインしたサドル「SEATY LOCK(シーティーロック)」は、サドルが強固なロックを兼ねるという画期的なアイデアを実現...
ディスクグラインダーを使った自転車盗難の対策として開発された、史上最強クラスのU字ロック。
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
タフな車体が自慢の「BMX」がサドルに壊れやすいプラスチック素材を採用している理由とは?
自転車のハンドルに装着するだけで様々なハイテク機能を利用できる「SmartHalo」は、スマホと連動した多彩な機能が魅力的なデバイス。その手軽な操作性も必...
ボルトカッターで切ろうとしても15トンの圧力が必要で、接合部は航空宇宙産業で使用される硬化鋼を採用しており耐候性があって錆びにくいほか、ピッキングやドリル...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
クラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて販売中の、部屋を早く涼しくし、乾燥した空気に潤いを与えてくれるアイテムを紹介。
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
米国で医療品などの安全性を管理・監督する機関「アメリカ食品医薬品局(FDA)」がADHDの治療効果があると認めた、初めてのゲーム。とくに注意力改善に役立つ...
2007年より世界各国で展示され、14年間で1000万人以上の来場者を達成した「アートアクアリウム」が、常設の美術館となって8月、東京・日本橋にオープン。...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
ボタンは糸で縫い付けるから取れる。そんな当たり前にギモンを抱き、視点を変えることで誕生したのが「Fast Button」。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。