わずか60秒で自分の耳にフィットするイヤホン

Kickstarter」に登場した、最新イヤホン「Revols」。
資金募集をスタートして、わずか7時間で目標金額の10万ドル(約1,200万円)を集め、現時点(11月13日時点)では6,000万円近くの出資を集めるほど。なぜそれほど注目を集めているのでしょうか?

たった60秒で
自分の耳に完全フィットする

th_スクリーンショット 2015-11-13 17.19.19このイヤホンの最大特徴は、フィット機能にあります。

耳の中に入れて、専門のアプリを押して待つこと60秒。イヤホンパッドの中には特殊な樹脂が入っており、それが自分の耳の形に合わせて変形するのです。

Revols社によると、耳の形は手相と同じで十人十色。自分の耳にフィットするだけで、音の聞こえ方が変わるそうです。

th_スクリーンショット 2015-11-13 18.03.34さらに、必要に応じてフィット率の調整が可能なので、周囲の音を聞きたい時にも便利。

サウンドは
ONKYOを採用

th_スクリーンショット 2015-11-13 18.05.55日本のメーカー「ONKYO」とパートナーシップを結び、彼らのサウンド技術を採用。音質にも期待が持てますね。

Bluetoothで接続
コードレスなので運動時も便利

th_スクリーンショット 2015-11-13 18.06.49 th_スクリーンショット 2015-11-13 18.08.39Bluetoothに接続することで、ワイヤレスで音楽を聴くことができるので、運動時にもピッタリ。th_スクリーンショット 2015-11-13 18.21.07稼働時間は、フル充電で約8時間。さらに取り外し可能な付属バッテリーを装着すると6時間追加され、合計14時間充電なしで動きます。

価格は24,000円
日本からも購入できる

th_スクリーンショット 2015-11-13 18.23.39価格は、199米ドル(約24,000円)。上の画像に入っているものがセットに含まれており、イヤホン(黒色と白色から選べる)に、付属のバッテリー、イヤホンケースなどが付いてきます。

現在「Kickstater」で予約購入を受け付けており、2016年の1月8日まで募集中。送料として別途20米ドル(約2,400円)支払えば、日本からも購入可能です。

Licensed material used with permission by Revols

『Makuake』さんから紹介してもらった「VIE FIT」は、かなりのスグレモノです。とってもソフトなシリコン素材を使ったイヤーチップが耳にフィット……...
音楽デバイスの進化は日進月歩で改善し、いまやウェアラブルが基本。ではイヤホンはといえば…。誰もがこんな経験があるのでは?音楽を聞きながらジョギングをしてい...
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
完全独立型イヤホン「hGroov」は、2つの革新的な機能を搭載しています。1つ目は、ワイヤレス充電規格Qiに対応。2つ目は、専用のケースも充電される仕組み...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
iPhone7以降、イヤホンジャックがなくなったのを機にワイヤレスイヤホンに乗り換えた人も多いはず。街中でも「AirPods」を使用している人をかなり見か...
通勤中の電車の中で、はたまた休日のカフェで。「音楽を聴くこと」は、当たり前のように日常に溶け込んだ行為です。が、その前にごちゃごちゃに絡まったイヤホンを解...
「フランス人の女の子と知り合ったとき、アイデアを思いついたんだーー」そう語るのは、リアルタイムで外国語を翻訳してくれるイヤホン「the Pilot」の開発...
フランスのハイエンドなオーディオメーカー〈FOCAL(フォーカル)〉の「SPARK WIRELESS」です。
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
イヤリングの背面にあるボタンを押せば、通話ができたり音楽を聴けたりするんです。
音楽を聞こうとしたら、ポケットの中でイヤホンが絡まっている…。接続部分が壊れて買い換えなければならないこともあるし、カナル型だったらイヤーピースをなくして...
クラウドファンディングサイトで出資を募り始めたばかりというのに、すでに目標額を320%達成しているイヤホンがあります。じつはこれ、音楽を楽しむためのもので...
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
アメリカ国防総省からは約11億円の投資を受けているそうですよ。
ちょっとコンビニまでに行くなら財布とスマホ、あとはこのキャップでOK。Bluetoothでさっと接続したら、お気に入りのプレイリストをONに。見た目はフツ...
多くの人が待ち望んでいたワイヤレスイヤホン「BeatsX」がついに発売開始。かねてからの期待値の高さ通り初速はすさまじく、現時点で1〜2週間待ちの状態とな...
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...
音楽好きにとっては、すごくいい時代だと思う。ビジネスとして見たら、音源が売れないとかいろいろ課題があるのもわかってるけれど、いちリスナーとしてはこんなに楽...
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
「耳栓のデザインだって、面白くないんじゃどうしようもないだろ?」耳栓に機能プラスαのデザインを求める人が、はたして世の中にどれだけいるかは定かでないが、そ...