最高にCOOLなミレニアルズ「ザック・ピンセント」

ここ最近、国内外のメディアで取り上げられまくっているブライトンで暮らすミレニアルズ、Zack Pinsent(ザック・ピンセント)。17世紀〜20世紀初頭の貴族のファッションに身を包み現代に生きる25歳の若者が注目されている。

BBCのインタビューによると、彼の人生が変わったのはティーンエイジャーの頃。「14歳から普通の服を着るのが嫌だった」と持っていたジーンズを燃やしてしまった。それ以降、自分で仕立てた伝統的な洋服(なんせそんなモノ、どこにも売ってない)を着て生活している。

今では彼はただの趣味人ではない。

その技術を活かし、同じようなファッションを嗜好する人のためにオーダーメイドで洋服をつくるテーラーとして生計を立てている。顧客はイギリス国内のみならず、世界中にいるそうだ。

「現代の男性の服は地味でつまらない」と言い切り、自分のファッションを貫き、それをビジネスとして成立させているZack Pinsent。彼は最高にCOOLなミレニアルズだ。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
毎シーズン、ボーダーだけでなく魅力的な単色「SOLID」もラインナップされている、〈セントジェームス〉の「ウエッソン」。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
オーストラリアのコンドームメーカー「Four Season Condoms」が、ミレニアルズ向けに「SEXセット」を無料配布した。コンドームやジェル、マッ...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
12月5日、カルチャーが交差する下北沢にモノよりコトを重視するミレニアルズにぴったりの宿泊施設「illi Shimokitazawa(イリー シモキタザワ...
「セントピック」は、毎月新しい香水を提供するサブスクリプションサービス。好きな香水やライフスタイルなどのアンケートをもとに、ユーザーの好みに合ったものを届...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
「ハロー ミレニアルズ」#11 - Melbourne
外食が途絶え、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となった今春。これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせるプロジェ...
思わず「かわいい!」とつぶやきたくなる、天体モチーフのピン。この宇宙ピンを作り出したのは、日本の「Kawaii」に魅せられ、東京を拠点に活動しているイギリ...
アメリカでは誰もが知っているアイスティー「AriZona Iced Tea(アリゾナアイスティー)」が、アディダスとコラボスニーカーを発表。だが、販売イベ...
「Cool Japan」ならぬ「Cool Japai」を推進する集団が話題になっています。なんでも、 日本人の日本人による、日本のクールな“おっぱい”を世...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
ミックスジュース発祥の店として親しまれている「千成屋珈琲」が、8月10日、「ラゾーナ川崎プラザ」に関東初出店。夏季限定の「ミックスジュースフラッペ」や、ラ...
『スター・ウォーズ』の「銀河元老院会議場」を彷彿とさせる仏パリにオープン予定の「Ōma Cinema」。観る映画だけでなく、映画館にもワクワクを!
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
米ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、人気の映画シリーズ「Jurassic World」をテーマにしたランイベントの開催を発表。今年7月にリニューアルオ...
「ダイソン株式会社」が新製品「Dyson Pure Humidify+Cool」を発表。
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。