白T好きによる、白T好きのための「白T専用洗剤」が世界初登場。

自宅のクローゼットの中を思い出してみる。1枚、2枚、3枚……プリントTも合わせると、ちゃんと使えるレベルのものが計9枚あった。すでに一週間まるまる過ごせるくらいの数は持っているのに、それでもいま目を付けている一枚もやっぱりこの色。それくらい、僕は白Tが好きだ。

思い入れがあるからこそ、他の色ではないような“特別待遇”も生まれる。シルエットごとにハンガーの大きさを変えているし、洗濯時には、裏返して1枚ずつネットに入れて洗っている。当然だけど、色のついたものと一緒ではなく、オールホワイトで独占してね。

でも、そこまで手厚いケアをしたとしても防げない、僕を悩ませる強敵がいるのだ。

初日の白さを、いつまでも。

それが「皮脂・汗による汚れ(黄ばみ)」。コレがあるからこそ、生地自体はまだまだ現役レベルなのに、泣く泣く捨てる or そのままタンスの奥底で永眠することになってしまう。

だからこそ僕は、この「#FFFFFFT for LAUNDRY」が気になって仕方ない。

これは、千駄ヶ谷の白T専門店「#FFFFFFT」のオープン一周年を記念して開発された、世界初の白T専用洗剤。初めて着る日の“あの白さ”をいつまでも楽しめるよう、洗剤のプロフェッショナルである「木村石鹸工業株式会社」とのコラボレーションにより生まれたものだ。酸素と酵素の力によって、洗うたびに白さを取り戻してくれるらしい。

通常の洗剤と同じで洗濯機に投入して使ってもいいし、浸け置きでもOK。

「#FFFFFFT for LAUNDRY」は、4月22日(土)から「#FFFFFFT」にて販売開始。ただし、500個限定なので注意したいところ。価格は1,200円(税別)。あくまでも個人的感覚だけれど、このプライスならゴールデンウイークには売り切れるんじゃないかなあ。きっと、世の中には、白Tラバーがごまんといるはずだから。

もちろん、どれくらい効果があるかは、実際に使ってみない限りは分からない。でも、もはや白くなる・ならないの問題ではなく、この特別な洗剤を使ってお気に入りの一枚をケアするという行為にこそ、僕は価値を見出したいと思っている。

Licensed material used with permission by #FFFFFFT
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
名のロゴがプリントされていなければ、胸ポケットのピッツァだって絵文字のようにアイコニックなデザイン(ぱっと見ペパロニですが、マルゲリータだそうです)。
世界最大規模のシークレット・ディナーパーティーをご存知ですか?参加者全員が真っ白な装いで、公共のど真ん中で楽しむフランス発の大人のパーティー。「ディネ・ア...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
誰もが一度くらいは、路上ライブなどでアコースティックギターを弾きながら歌うミュージシャンを目にしたことがあるのではないでしょうか。右手を上下にジャカジャカ...
オーセンティックなタイポグラフィが、店名が持つかわいさをストレートに表現しています。
〈ティファニーT〉 チェーンネックレス。毎日つけてるよ。一度つけたら、基本、外せないんだよね。外すのが大変なんだよ。昔からあるクラシカルなモチーフで、ブラ...
17歳の少女をレイプしたとして、27歳の男性が罪に問われた裁判がアイルランドで先月行われていたことを知っていますか?そしてこの時のことがきっかけで、あるム...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
色鮮やかなフルーツを使ったこだわりのタルトが人気のキル フェ ボンから、とても贅沢な“冬限定”商品が登場しました。その名も「特選 白イチゴ〜初恋の香り〜の...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
将来こうした濃縮洗剤が一般的になり、孫世代やひ孫世代が液体洗剤がたくさん売られているドラッグストアの話を聞いてびっくりするような時代がくるかもしれませんね。
クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...