青りんごと白カビのチーズ、これをサンドイッチで。

信州のりんごの季節は、青りんごから始まるそうです。1年でいちばん最初に収穫されるこの時期のりんごは、さっぱりとした酸味と爽やかな香りが持ち味。その信州の青りんごを、フランスの白カビチーズ、ブリー(Brie)と合わせてみました。

カリカリに焼き上げたカンパーニュにブリーをのせ、とろけ出したところにスライスした青リンゴを重ねる。見た目よりも涼しげなこの組み合わせ、ブランチだけでなく、ティータイムにもちょうどいいかも。

好みに合わせてハチミツをかければ、自然な甘さがプラスされコーヒーや紅茶ともよく合いますよ。

 <つくり方>

青りんごを2〜3ミリ幅にスライス。カンパーニュをカリッとするまで焼いて、熱いうちにブリーをのせます(カットの仕方はお好みで)。上からスライスした青りんごをフタをするようにのせればできあがり。オープンサンドとして、もしくはパンではさんでどうぞ。

他の記事を見る
りんごとハチミツ…というと、昔からあるカレールーのテレビCMを思い出すけど、この2つを爽やかなモッツァレラチーズと組み合わせることで、本格的なサラダとして...
りんごを使ったスイーツは数あれど、これもオススメのアレンジです。「りんごバター」。あま〜い果肉の風味が加わったバターのおいしさは、レモンカードにだって引け...
デミグラスソース、トマトソース、和風ソース…ハンバーグの定番ソースといえばこんなところでしょうか。でもね、肉汁あふれるハンバーグと一緒に食べるソースは、あ...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
これはドイツ西部ラインラントの名物料理、直訳すれば「空と大地」。まるで歌のタイトルのようなネーミングですよね。空、大地がそれぞれ表すものが、木の上にたわわ...
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
mai kitamura体の内面から美しく健康になることの重要性を考え、2014年4月から野菜や果物を使ったスムージーを制作。Instagram(@mai...
そこで、手軽に楽しめる「フルーツジェンガ」ならいかがでしょう。難しく見える?じつはこれ、カットしたフルーツをジェンガ状に互い違いにのせただけ。
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。