縦列駐車や車庫入れが驚くほどラクになる!360度「どんな方向」にも走れるタイヤがすごい

苦手な人が多い縦列駐車や車庫入れですが、このタイヤがあればもう大丈夫!まずはアンビリーバブルなその「動き」を見てみましょう。

その場でグルグル
横にスーっ

5d9de9248801824587af57a37b29397384df398dCdab85a0c954425635d5afb4e0b3709043338b8433aa56b6aabee988497f62d8bf6269aabb90a2a2

秘密は、このタイヤにありました。

こちらはカナダのトラックドライバー、William Liddiardさんが作ったもの。チューブ状に作られたタイヤそのものが回転することで、360度方向に走行できるそうです。なんだかドリフトの概念も変わりそう…。

「CNBC」によれば、開発のきっかけはトラックの車庫入れが難しかったからだとか。ぶつけないように常に誰かが見ていなければならず、なんとか解決しようと8年間かけて開発を行なったそうです。リサーチや開発費にかかった費用は、なんと約630万円!

気になるお値段は、だいたいタイヤ1本約15万7,000円で、車種によって上下するそう。まだ販売には至っていませんが、現在は特許申請中だそうです。

Licensed material used with permission by William Liddiard
Reference:CNBC
一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
「Oxygene」と名付けられたコンセプトモデルの内部には、苔が生息しているようです。端的に言ってしまえば、その光合成を利用し、酸素を生み出すのが狙いなん...
2015年11月14日、マーク・ザッカーバーグCEOがFacebookの新機能を自身のフィードで発表しました。「360°動画」を投稿することができるように...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
あなたは虹が真円を描くのを見たことがありますか?イギリス人のアンソニー・キリーンは、ニュージーランドの「ベイ・オブ・アイランズ」で16,000フィート(約...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
絵画好きなら、一度は「あの絵の世界に飛び込んでみたい!」なんて妄想をしたことがあるのでは?その世界観や作風がブッ飛んでいればいるほど、なおさらでしょう。ス...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
総合旅行サイト・エクスペディア(Expedia)が、セント・ジュード小児研究病院で小児ガンとたたかう子どもたちの「夢の冒険(Dream Adventure...
オランダ国立航空宇宙研究所(NLR)のチームが中心となって考案しているのは、新しい空港のコンセプト。なんと、滑走路が「360度の円になっている」というので...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
ブラジルで、障がい者用スペースに駐車したマナー違反者を制裁するドッキリが仕掛けられました。その凝った仕掛けが、世界中で話題を呼んでいます。仕掛けたのは「C...
日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」の構造は、ボタンを一押しするだけで、家全体が36...
「相性のいいスピーカー」。それは人生を通して探し続けるものなのかもしれません。…と思ったら、さっそくありました。ドイツ人デザイナーが手がけたワイヤレスの3...