お酒のシメに食べたいタマゴサンド

みんな大好きタマゴサンド。シンプルな食材ゆえに、ゆで具合やつぶし方、マヨネーズの量など、人それぞれにこだわりポイントがあるはずです。

ここに紹介するのは、ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。どんな味になると思います?

その手があったか!
“煮タマゴ”サンド革命

© HikoPhotography/Shutterstock.com

うま味と風味の詰まった煮卵を用いることで、マヨネーズのコクがさらに引き立ち、深みある味わいに。

煮卵2つをボウルに入れてフォークなどで粗く潰し、マヨネーズ(大さじ1〜2)とみじん切りした玉ねぎ少々を混ぜ合わせ、塩、コショウで味を調えます。これを食パンにはさむだけ。

ポイントは煮卵を粗めに崩すこと。うま味をより感じやすくなるからです。食パンにはさんだら、すぐに切らずに少しだけ休ませる。10分くらい。こうすることで、煮卵とマヨネーズが馴染んでさらにおいしく仕上がりますよ。

Top image: © iStock.com/vertmedia
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
BLTサンドとは、ベーコンで味付けされたトマトを味わうサンドイッチである。目にしたとたん、全身に鳥肌が走った。この一節は、ニッチな自身のBLTサンドイッチ...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
これまで「恐竜のタマゴは白い」と言われ続け、多くの研究者も疑うことなくそう思っていたはずなのに、オンライン学術誌「PeerJ」で、まさかの青緑のタマゴが公...
看板メニューは元・寿司職人が作る「たまごサンド」 奥渋谷で人気のサンドイッチとコーヒーのお店CAMELBACK sandwich&espresso〒150...
2014年12月、いわゆる奥渋谷にオープンした「CAMELBACK sandwich&espresso」は、店名の通りおいしいサンドイッチとエスプレッソが...
世界でいちばん牛肉を食べる国を知ってますか?アメリカでも、オーストラリアでもありません。世界一の消費国は南米ウルグアイで、一人当たりの消費量は年間46kg...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
表面はカリカリ、中はとろっとろのチーズたっぷりホットサンド。お店で提供されるあのおいしさを自宅で作れたらどんなにしあわせか。ならばホットサンドメーカーを手...
見た目もかわいくて食べても美味しくて。野菜を使ったヘルシーサンドから毎日の主食になるグルメサンドまで。わくわくしながらおでかけしたい都内の絶品のサンドイッ...
趣味やテーマやジャンルに特化した画像(動画)のみを投稿するインスタアカウントをじっくりみていくと、あっという間に時間が過ぎててビックリ!なんてことがありま...
ピクニックランチの定番がおにぎりではなく、サンドイッチという人も多いはず。思いっきり詰め込んだ「沼サン」は見た目も派手だし、確かにインスタジェニック。けど...
すべては、極上のシメのため。コタキナバルの「蒸し鍋」について。
18年間愛される黒いチーズケーキが名物外苑前でワインとスイーツを楽しめるカフェesola the lab〒107-0062 東京都港区南青山3丁目3-21...
ひと昔前までオードブルのひとつとしてよく耳にしていた「カナッペ」というスタイルがあったけど、最近めっきり聞くことがなくなったように思う。むしろこう呼ぶこと...
どうです、このはみ出んばかりのキャベツ。これでもか!とばかりに大量の千切りキャベツを挟んだご存知「沼サン」。最近話題ですよね。アレンジ自在の手作りボリュー...
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
あまりのインパクトに一目見たら忘れられなくなるかも。でも、味だってなかなかいい感じです。
あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなしな「サンドイッチ」。