もう一度、日本人としてのアイデンティティを。お寺に泊まろう

お寺には、伝統的に遠方から参拝に来た人のために「宿坊」という宿泊施設があります。

お寺に泊まることで心の平穏を取り戻し、心身の調子を整えようというもの。そんな「お寺体験」には、私たち日本人ですら知らない文化や教えがたくさん詰まっていて、一度は体験しておきたいですよね。

今回紹介したいのは「お寺ステイ」が、岐阜県高山市にある高山善光寺と共同で行なったリノベーションプロジェクトです。

「TEMPLE HOTEL」が
お寺をもっと身近な存在に

現在は95%が外国人なんだとか。たしかに、日本文化を体験するにはもってこいです。

その高山善光寺が最近、リノベーションに着手。なんでも宿坊から「TEMPLE HOTEL」というコンセプトに切り替え、国や文化を超えていろんな人が集まれる場所にしたそうです。

もちろん、日本人の宿泊もウェルカム。今こそ、そのアイデンティティを再認識すべきタイミングなのかもしれません。

リノベーション後は「え、これがお寺?」と思ってしまうほどの仕上がり。

Beforeの状態だと及び腰になっていた人も、お寺に泊まるという選択肢がグッと身近になりそうです。

【Before】


【After】

【Before】


【After】

とくに気にされる方も多い「水回り」のリノベは嬉しいところ。共同ではなく、各部屋にトイレ、お風呂、洗濯機を設置したそう。

「お寺ステイ」の
魅力とは?

「お寺ステイ」は、社寺に泊まって日本文化を体験できることが最大の魅力。

24時間接続しているネットや街の喧騒から距離を置き、静寂のなかで自分を見つめ直し、自分らしさを取り戻すーー。心身の調子を整える「セルフクレンズ」を体感でき、座禅や瞑想を通して、集中力や柔軟な思考力も鍛えられるといいます。

もともとお寺は、地域の人たちが集う場所でもありました。

その伝統を活かし、地元の歴史や文化を体験し、滞在者にも心地いい新たなコミュニティを作るのが「お寺ステイ」なのでしょう。

築110年という比較的若いお寺ではあるものの、リノベーションはまだまだ終わっていません。お堂や畳、天井など、まだ修繕が必要なところはたくさん残っています。

現在「TEMPLE HOTEL 高山善光寺」ではクラウドファンディングを実施中。リターンは、お守りから、お寺に1泊できる宿泊券まで様々。

修繕に協力をしつつ、忙しそうに毎日を過ごしている友人に、ホッとする「お寺ステイ」をプレゼントするのもあり。

Licensed material used with permission by CAMPFIRE, お寺ステイ

関連する記事

2019年7月25日、東京都港区に24時間完全無人の宿坊「Temple Hotel正伝寺」がオープンした。この宿坊は「お寺×IT」の力でお寺の存続危機を救...
かつては日本の川にも生息していたチョウザメですが、キャビアの原料となる卵や、コラーゲンを豊富に含んだ肉を目当てに乱獲され絶命危惧種に。しかし現在、日本各地...
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
「寺サウナ」は、“アウトドアの薪テントサウナ”と“お寺での瞑想”を掛け合わせることで、史上最高のマインドフルネス空間を実現するサウナイベント。
「本当に使いやすい保冷バッグとは?」を考えて開発された「U-seful(ユセフル)」。驚きの保冷性能、使い勝手をよくしてくれる工夫などの魅力が満載。現在「...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
高山都さんも20代前半は心にだいぶムリをしていたそうです。転機は「走る」ことと出会ってから。細かいルールは決めずに、とにかく毎日、それを続ける。近著『高山...
お寺での修行がエンターテイメントとして注目を集めている。その名も「テンプルステイ」!ホームステイのようにお寺に寝泊まりし、本物のお坊さんと一緒に修行を体験...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
ポーランドの木製アクセサリー製品ブランド「Oakywood」より、木製のよさをとことん活かしたスタイリッシュなApple製品充電ガジェット「3 in 1 ...
「JR東日本」は「高輪ゲートウェイ駅」をコンセプトにしたオリジナルエッセンシャルオイルと入浴剤「高輪ゲートウェイ駅の香り」を、3月23日より無人AI決済店...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
「FEEL KIYOMIZUDERA」というプロジェクトの存在を知っているだろうか?これは、あまり知られることのなかった清水寺の「今」を写真や映像で記録す...
新型コロナウイルスも、ころにゃんと倒してしまいたい。そんな思いを乗せて、岐阜・高山の「和菓子処 稲豊園」が作る「招福猫子まんじゅう」がマスク姿になって登場...
徳島県にある四国最古の禅寺、城満寺にて、奉納献花が行われた。海陽町の花材を使って、土地の龍神をモチーフにした石庭を造るという試みに込められた思いとは? 華...
「立本寺 四神閣」は、築300年を超える歴史ある宿坊。お堂のリノベーションを経て、2019年3月にオープン。営業を始めたばかりですが、多くの訪日観光客が訪...
ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきた...
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。現在は賑わいは失いつつも、昔ながらの商店に混じって...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
岐阜県郡上市の有機JAS菌床キノコメーカー「株式会社ハルカインターナショナル」では、コロナウイルス対策の緊急事態宣言地域に在住する「岐阜県出身者の若年者」...
持続可能な観光業について取り上げるカンファレンス「Global Green Destinations Days(GGDD)」が10月6日〜8日に開催。今年...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
京都の「ENSO ANGO」は内装テーマの異なる5棟が、徒歩圏内に分散しているちょっと変わった形態のホテル。モダンホテルなのに坐禅体験ができるのは注目ポイ...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
605年に聖徳太子が創建したとされる、滋賀県の「教林坊」。この隠れ里では、紅葉の時期になると、敷地内のもみじの大木が一斉に真っ赤に染まる。11月1日からは...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...