刀匠が本気で考えた「日本刀アイス」

岐阜県関市に新名物が誕生した。その名も「日本刀アイス」。まず斬新さに目がいくし、味も気になるところ。でも、注目してほしいのは、やっぱり“刀の再現度”だ。

切れないけど
ちゃんと、刀のカタチ

けっこう本格的!

味はこしあん味と上之保ゆず味の2種類。「葛(くず)」がベースになっていて溶けにくいのが特徴だ。柄(つか)とアイスのなかに入っている芯棒こそ食べられないものの、柄を握る手を防御するための鍔(つば)は、チョコレートでコーティングされたクッキーになっている。

一振り1000円(税込)。大量生産が難しいため、現在は「和菓子処 関市 虎屋」と「関サービスエリア」の2ヶ所で少量ずつ販売されている。今のところは「手に入ったらラッキー」くらいの感覚のほうがよいのかもしれない。

なんで日本刀?

突然だが、この動画をご存知だろうか。2年ほど前に世間をザワつかせた関市のPR動画「もしものハナシ(刃無し)」だ。

「もしもこの世に刃物がなかったら」という設定で苦心する人々を描いているのだが、この動画のラストにもあるように、岐阜県関市は「日本一の刃物のまち」。刃物製品出荷額はダントツで日本一。鎌倉時代から日本刀の産地として栄えたまちなのだ。

...ということを念頭において、もう一度アイスに話を戻す。

「日本刀アイス」のはじまりは
高校生の素直な気持ち

「日本刀の形をしたアイスクリームがあったらいいのにな」

関市の「ジュニアビジネスプランコンテスト」で、高校生がこんなことを考えた。そして、その想いと自由なアイデアに心を動かされた地元の若手経営者が名乗りを上げ、商品化がスタート。

 

応援の輪はどんどん広がって...

和菓子職人、食品メーカー、部品の専門家。そして、刀匠の二十六代藤原兼房氏まで!各分野のプロフェッショナルが集い、考案されたのが「日本刀アイス」。日本刀の刀身は、長く、細く、薄く、反りがあり、そして艶やか。そのすべての表現にとことんこだわった、関市が誇る刃物クオリティのアイスなのだ。

岐阜県関市といえば...
やっぱり刃物!

高校生の想いから走り出し、その輪が広がってカタチになった「日本刀アイス」。ということで、やっぱり最後は、つくり手の想いをご本人の言葉で紹介したい。

 「日本刀アイスは、高校生の地域の将来を想う気持ちから生まれました。関市ではいま、五郎丸の仏像、モネの池、宙に浮く川など、絶景珍景が話題になっています。それは関市民として、とてもうれしいことです。しかし、何と言っても関市は刃物の歴史が深いのです。誰もが知る刃物の産地です。関市が、地域の宝として大切にしている日本刀も、もっともっと知ってほしい。そこで、みんなが大好きなスイーツで、楽しみと話題を提供し、たくさんの人が関を訪れるきっかけになってくれたら、と願っています」。

Licensed material used with permission by 日本刀アイス, もしものハナシ
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
「ゴールデンドラゴン」の異名を持つ、アイルランド出身の金髪美少女、Jesse Jane McParland(ジェシー・ジェーン・マックパーランド)ちゃん。...
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
都内も近いうちに梅雨入りしますが、自宅でこのアイスキャンディをペロペロしながら、テキーラを飲めば、もう気分はたぶん、夏。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
氷を歯で砕くのがあんまり好きじゃない人でも、このソフトタイプの氷なら噛み砕きたくなるはず!しかも溶けにくいから最高です。
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
春から初夏にかけて、夏ほどじゃなくても、少し動けばじんわりと汗をかく。家事中とか、通勤中とか、買い物中とか。少しだけ、少しだけでいいから、クールダウンしたい。
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
アボカドだけでは濃厚なまま、そこにヨーグルトを加えることで、もったりからなめらかな口当たりに。
大仏といえば、「奈良の東大寺」と「鎌倉の高徳院」が、言わずと知れた有名どころ。それに続く、日本三大仏に名乗りをあげているのが「岐阜大仏」。…それにも関わら...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。現在は賑わいは失いつつも、昔ながらの商店に混じって...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
創業以来のロングセラー、生きた乳酸菌の入った「フローズンヨーグルト」。安定剤不使用120kcal。
暑い日に欲しくなるのがアイス。でもどんなに日差しが強くても、どんなに体を冷やしたくても、絶対に食べたくないアイスがあるんです。台湾の大学生グループ「100...