公道走行OK!カバンに入る折りたたみ「電動バイク」

あの、バッグパックで持ち運べる電動バイクが、ついに公道走行可能となってやってくる(かもしれない)!

2017年春にもご紹介した「smacircle」。当時、日本の公道を走るのは夢のまた夢と思えたが……いよいよ日本上陸目前だ。現在、クラウドファンディングサイト「kibidango」にて展開中の「smacircle S1」。目標額達成で日本への正規輸入が決定となり、目標まではあと40%ほど。

©きびだんご株式会社
©きびだんご株式会社
©きびだんご株式会社

コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク。写真では少々頼りなさげなボディに見えるかもしれないが、フレームにはカーボンファイバーを採用。強度耐摩耗性も問題なし。

特筆すべきはバッグ収納を実現させたコンパクトさ。

乗車時の車体サイズ全長950mm、ハンドルの高さ870mmにも驚くが、折りたためば長さ290mm高さ490mm幅も190mmにまで縮小。それでいて重量わずか12kgときた!駐車スペース問題はもちろん、ラストワンマイルのモビリティとしても活躍必至でしょ。

日本の公道で走行できるよう、バックミラー方向指示器ナンバープレート設置に対応と、こちらも問題なし。

販売予定価格は23万6900円(税込)とのことだが、今なら超早割の30%OFFプランも。しかも、充電式リチウムバッテリーのスペア専用バックパックがセットに。プロジェクト応募期間は10月15日まで。

夢の実現まで......あと一歩だ。

『smacircle S1』

【購入ページ】https://kibi.co/smacircle

Top image: © きびだんご株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
電動モビリティのスタートアップ「KINTONE」は、公道を走れる電動自転車「Kintone X」を発表。ペダルを漕がずに完全自動で走行でき、公道の走行も可...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
日本未進出だった世界第4位のスマホブランド「Xiaomi」が開発した、A3サイズまで折りたためるコンパクトなeバイク「Himo H1」について。
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
スピーカーとスマホの充電機能を搭載した多機能テーブル「スマートテーブルZ9」が応援購入サービス「Makuake」で予約を受け付けている。
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
「株式会社京都紋付」から、リウェアブランド「K」がデビュー。究極の黒に染め上げる「黒染めサービス」でお気に入りの服が美しく生まれ変わる。
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ安心できないこのご時世。この機会にクロスバイクでの通勤を取り入れてみては?初心者にぴったりな製品もご紹介します。
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...