公道走行OK!カバンに入る折りたたみ「電動バイク」

あの、バッグパックで持ち運べる電動バイクが、ついに公道走行可能となってやってくる(かもしれない)!

2017年春にもご紹介した「smacircle」。当時、日本の公道を走るのは夢のまた夢と思えたが……いよいよ日本上陸目前だ。現在、クラウドファンディングサイト「kibidango」にて展開中の「smacircle S1」。目標額達成で日本への正規輸入が決定となり、目標まではあと40%ほど。

©きびだんご株式会社
©きびだんご株式会社
©きびだんご株式会社

コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク。写真では少々頼りなさげなボディに見えるかもしれないが、フレームにはカーボンファイバーを採用。強度耐摩耗性も問題なし。

特筆すべきはバッグ収納を実現させたコンパクトさ。

乗車時の車体サイズ全長950mm、ハンドルの高さ870mmにも驚くが、折りたためば長さ290mm高さ490mm幅も190mmにまで縮小。それでいて重量わずか12kgときた!駐車スペース問題はもちろん、ラストワンマイルのモビリティとしても活躍必至でしょ。

日本の公道で走行できるよう、バックミラー方向指示器ナンバープレート設置に対応と、こちらも問題なし。

販売予定価格は23万6900円(税込)とのことだが、今なら超早割の30%OFFプランも。しかも、充電式リチウムバッテリーのスペア専用バックパックがセットに。プロジェクト応募期間は10月15日まで。

夢の実現まで......あと一歩だ。

『smacircle S1』

【購入ページ】https://kibi.co/smacircle

Top image: © きびだんご株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
電動モビリティのスタートアップ「KINTONE」は、公道を走れる電動自転車「Kintone X」を発表。ペダルを漕がずに完全自動で走行でき、公道の走行も可...
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が、4月23日、電動キックボードのシェアリングサービスを開始した。
「海岸侵食」が襲うワイキキビーチ。観光客が戻ってくるその日まで、懸命な砂の運搬作業に追われる市当局。
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
スタイリッシュなチェーンレス電動アシスト自転車「Honbike(ホンバイク)」が「Makuake」に登場。オリジナルカラー2色の先行販売を開始。
次世代モビリティ「poimo」が、電動バイク型と手動車いす型の試作マシンを研究開発。論文は10月に開催される国際シンポジウム「UIST 2020」でも採択。
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
「オーストラリア連邦政府」が、プラスチックによる環境汚染への対応をさらに一歩進める、「国家プラスチック戦略(National Plastics Plan)...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
あのセグウェイのブランドから、大人が本気で興奮できてしまう電動ゴーカート「Ninebot Gokart PRO」が登場。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
電動自転車は重たく、持ち運びにくいというイメージを払拭する、折りたたみ式電動アシスト自転車「VELMO Carbon」。新しい3Dプリント技術を活用するこ...
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ安心できないこのご時世。この機会にクロスバイクでの通勤を取り入れてみては?初心者にぴったりな製品もご紹介します。
電動ドリルのような無骨なフォルムの電動マッサージ機が登場。
「Makuake」で販売中のフィットネスバイク「BIKEBOX」は、静音式で移動もカンタン、収納幅は11センチとコンパクトで家庭的だ。
走行することで空気を自動で注入するシステム「エアハブホイール」を搭載したクロスバイクが「Makuake」に登場。面倒な空気入れ作業が必要ないほか、空気圧の...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
イギリスのバイクショップ「Death Machines of London」が、武士の甲冑をモチーフとした「KENZO」という名のカスタムバイクをリリース。
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。