漏れない?面倒じゃない?10人に聞いた「月経カップ体験談」

 

正しく手入れすれば約5〜10年は繰り返し使えて、カラダにもお財布にも環境にもやさしい月経カップ。

まだまだ馴染みがない目新しいプロダクトだけど、世界では「第三の生理用品」と注目の的。ナプキンやタンポンから乗り換える人がすこしずつ増えている模様です。

今回は、実際に使っているミレニアルズ10人に、漏れない?面倒じゃない?などなど「月経カップ」に関するあれこれをアンケートしてみました。

月経カップ

Q.使っている月経カップの種類は?

「スクーンカップのサイズ1と2、フルムーンガールのRとLを経てROSE CUPに行き着いた(ライター・25歳)」という使用歴約3年半の手練れもいれば「Eva Cupを使っているけど、自分に合っているのかまだわからない(デザイナー・26歳)」というビギナーも。メーカーごとで素材やかたちも異なるし、なんと言っても膣のかたちは本当に人それぞれ。本当にフィットするものとすぐに出会えるとは限らない月経カップのリアルが浮きぼりに。

その他の回答にあったのはデンマークの「Organic Cup」やドイツの「t.o.c.」といった海外製。旅行の時、パッケージに惹かれて買ったんだって(やっぱり海外の方がお洒落なものが多いよね)!

Q.始めてどれくらい?

月経カップ

「会社の隣の席の女子が使っていたから」「友だちがいいって言っていたから」など面と向かった会話のなかでのレコメンドがきっかけの人が多数。ビューティー・ヘルスケアアイテムって、直接肌に触れる&けっこう値が張るぶん、仲よし&信頼できる人から直接話を聞いて「買おう!」と決断することが多いよなあ。日本でも、「Amazon」や公式オンラインショップに限らず、身近なドラッグストアでも取り扱うようになれば、もっと使う人が増えるのかも!

Q.他の生理用品とセットで使う?

月経カップ

YES派は「THINX」のショーツをはいている1人をのぞいて、全員がナプキンかパンティーライナーを併用したり、日によって使い分けているとのこと。NO派は使用歴が長い人や経血量が少ない人でした。

Q.メンテナンスを面倒に感じる?

月経カップ

装着中がストレスフリーな分、生理を気にするのが挿れる時と取り出す時だけだから、ほとんどの人は煩わしさを感じないみたい。唯一のYES派でさえ「外で替えるのが面倒だから、多い日はタンポンにしている(料理教室講師・30歳)」ってくらいの回答。「使うのをやめたい」と思うほどではナシ。

Q.取り出せなくなったことはある?

月経カップ

挿れるよりも取り出すのにすごく時間がかかる。最初は「カップどっかいった!」って焦った(26歳・デザイナー)

●初めて使った時、想像していたより簡単に抜けないなと思った。手の力だけではダメで、力を抜きつつ、「ふうーっ」って踏ん張らないと取り出せなかった(料理教室講師・30歳)

●睡眠中に結構深めに入ってしまって起床時に外すのにやや苦労することがたまに……(ライター・25歳)

●色んなポーズや、両手を使ってみる、などありとあらゆる手段を試したけれど取り出せず。冷や汗をかいて病院に行こうかと考えながら、ネットで同じような体験をした人の投稿を見ていると、「引っ張るのではなく、産むんです。」と書いてあるのを発見。 このアドバイスのおかげで、無事産み出せたのですが、30分近く踏ん張った結果汗もかいて、脚はガクガク。コツを掴むまでは時間がかかりそうです(フリーランス・26歳)

Q.月経カップで痛みを感じたことは?

月経カップ

●初めてつけた日、取り出す時にちょっとだけ痛みを感じました(バリスタ・21歳)

●装着中はほとんど違和感がない。けど、たまに便秘でおなかが張っている時カップが下がってきて擦れてた時に痛みを感じる。生活に差し障りない程度ですが(会社員・29歳)

装着する時に引っかかるとすこし痛いから、膣にオイルを付けて挿れるようにしています(デザイナー・27歳)

Q.漏れちゃった経験はある?

月経カップ

これに関しては全員一致で経験アリ。月経カップの使い方に慣れていないし自分の経血量も把握できていない最初の頃とか特にだし、はじめて数年経つ人であっても量が多い2,3日目や、無意識で体勢が変わってしまう睡眠中に漏れることはあるみたい。だけど、基本的にはカップがキャッチしてくれているからたかが知れた量。それをストレスに感じることはほとんどないくらいって!

Q.ニオイは気になる?

月経カップ

全員が「気にならない」とのこと(すごいね)!「ナプキン、布ナプキン、タンポンをこれまで使ってきたけど、どの生理用品よりもニオわない(25歳・ライター)」「外す時に経血のニオイがするけど、ナプキンで菌が繁殖した時に比べればフレッシュで全然いい(27歳・デザイナー)」と意見も添えて回答してくれた子もいました。たしかに、トイレでショーツをおろして、便座に座って、ひと息ついた時にス〜ッと鼻をつくあのニオイ。ほんっっっっとにキツイんだよなあ。

Q.これから使う人たちにひとこと!

全世界の女性全員が試した方がいいと思う!(デザイナー・27歳)

●タンポンもナプキンもいーっぱいストックしてたけど、スペースがとてもスッキリした。はやく挑戦してー(会社員・29歳)

災害の時とかすごく役立つから、今すぐ使わなくてもとりあえず買って、防災バッグに入れておくだけでもといいと思う(料理教室講師・30歳)

●生理の失敗は不注意のせいじゃない!(ライター・25歳)

月経カップ
All photo by Helga Potter/Shutterstock.com
月経カップとは?使い方は?選び方は?助産師兼性教育YouTuber・大貫詩織(シオリーヌ)さんに、どうしても気になるあれこれを単刀直入に質問してみました!
12月下旬、「コクミンドラッグOsakaMetro心斎橋駅店」にて生理用品「月経カップ」の取り扱いがスタート。日本国内のドラッグストアでは「初」の試み。
「CrunchCup」は、シリアルをサクサクの状態で持ち運べる専用カップ。食べるその瞬間までふにゃふにゃにすることなく、あの触感を愉しめます。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
10月30日、「日清食品」はグループのオンラインストアにて、カップヌードルの専用フォークとそのシリーズの商品をセットにした「カップヌードル THE FOR...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
料理には欠かせない計量カップ。実はほぼ確実に誤差が出るのを知っていますか?今までみんな見て見ぬフリをしてきたんですが、そこにものを申したのがJoshua ...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
10月下旬、米「Apple」は「iOS13.2」のリリースを発表。今回、新たに398種類の「絵文字」が追加され、女性の月経を表す「一滴の血」が話題となっている。
Rebecca Endicottさんは「パジャマを着て寝る人が大半だろうけど、裸で寝ることにもメリットがたくさんあるということを知ってほしいわ」と言います...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
女子ってほんとうに悩みがつきません。恋愛は当然のことながら、お肌のケアやダイエットなど体の悩みもつきないものです。たとえばロンドン在住のライターMiran...
〈EcoSouLife(エコソウライフ)〉のカップは、竹の繊維であるコーンスターチが主成分。竹は成長が早いため環境の負荷が少ないそうです。また、土に埋める...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
バストが大きい。そんな女性たちが毎日抱えている悩みーー。その重大さを男性にもわかってもらおう!ってなわけで、女性用下着のなかでも、品質、デザイン、フィッテ...
コーヒーのテイクアウト率、先進国のなかで日本が1位なのは、意外?
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...