超豪華ラッパーがキャンプでフリースタイル!鎮座DOPENESS、田我流、チプルソ、Big Benが出演

このメンツにピクっと反応しちゃったあなたはもちろん、そうでない人も必見です。安心して下さい。動画を再生すれば、圧倒的な“いい感じの雰囲気”が味わえちゃいます。きっと期待に応えてくれるはず。

コールマンがアウトドアの魅力を詰め込んだコマーシャルに映っているのは、4人のラッパーが経験したキャンプ体験そのもの。そして、彼らが見せるフリースタイルラップは言わずもがな、必聴です。

4人のラッパーに注目。
(#2分32秒からサイファー!)

「サイファー」とは、輪になってセッションすること。上の焚き火のシーンなんてまさにです。『ようこそ予想外!WELCOME THE UNEXPECTED』という動画タイトルにあるとおりの展開で、そのストーリーにワクワク!

YouTubeには、コールマンのこんなメッセージが。

自然はいつも変化をつづけて、そこに飛び込む遊びがキャンプだとしたら、想定内も予想外も、ぜんぶ、面白がってやろう。

 

キャンプという遊びにフリースタイルセッションをリンクさせてくるあたり、ニヤリとさせられますよね。

バーナー・コンロでラーメンを茹でて食べるBig Benや、大きな葉っぱで雨を凌ぐ鎮座DOPENESS、テントを組み立てるときに引っ張ってふざける田我流に、チェアーに座ったまま眠りこけるチプルソなどなど、いちいちキャンプ欲を刺激してくる内容。

ほら、友だちと火を見つめながらくだらない話で盛り上がるーー。あの感覚が無性に恋しくなりませんか?ね?ちなみに、フリースタイルラップの音源は、コールマンのWEBサイトからダウンロードできます。要チェック!

Licensed material used with permission by コールマン
歯に衣着せぬ物言い、誰にも媚びない、等身大のラッパー。こう表現すれば、間違いなくVince Staplesはその第一候補。決して自分を大きく見せない彼が“...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
主人公は、アフガニスタンから家族と共にイランへ逃れてきた少女ソニータ。彼女の夢はラッパーになることだ。しかし、現実は、パスポートも滞在許可書もなく、退去通...
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
いつもどおりの賑わいを見せる店内に現れたひとりの男性。彼はレジの横にラジカセをドンと置き、BGMに合わせながら注文を開始した。今回このドッキリに参加したの...
アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。生徒たちもノリノリです。どうして小学校でラップを...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
〈Vixen(ビクセン)〉と〈Coleman(コールマン)〉のコラボモデルである「コールマンH10×25」は、倍率10倍でレンズは反射防止、ボディは頑丈な...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
ストリートで起きた若者ふたりのケンカ。野次馬も集まってきて、街は一時騒然。そんな頭に血がのぼった若者を和解まで導いたのは、通りすがりのひとりの男。間に割っ...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
生き方や死について。ときには、人種について。ラップに自らの思いを乗せ、我々に語りかける人気ラッパーPrince EAさん。今回は「エネルギー」「地球温暖化...
チェコが誇るアウトドアブランド「ティラック」、世界中のクライマーから愛される北欧アウトドアブランド「フーディニ」、イギリスを代表するアウトドアメーカー「カ...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあるこ...