伝説を継ぐ13歳のスケートボーダー「ISAMU YAMAMOTO」に世界が驚愕

スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあることをご存じでしたか?

ロドニー・ミューレンの再来

彼は、わずか13歳にして世界レベルとまで言われる「フリースタイル」ボーダー、ISAMU YAMAMOTO。普通に滑るのではなく「こんなこともできるよ、こんな滑り方もあるよ」と、クリエイティビティを競う分野で、世界中から注目されているんです。

このフリースタイルの世界的なレジェンドでもあるロドニー・ミューレンは、11歳でプロデビュー。現在彼は50歳で、長らくミューレンの次の世代は生まれてきませんでした。フリースタイルトリックはミューレンが興したとも言われるほどですが、ISAMU YAMAMOTOは、まさに「彼の再来」と騒がれているんです。つまり、40年来の天才ってわけ!

どれだけ高いところから、難しい技を繰り出しながらジャンプできるか、などを競う分野がスケートボードではメインストリームですが、ISAMUの取り組むフリースタイルは、それらよりもさらに創造力が試されます。

 

板を横にして滑ったり、

アクロバティックな身体の動きを取り入れたり、

スピントリックは、まるでアイススケートのよう…。

ダンスのような新トリックを猛烈な頻度で開発しているところも、世界から評価されているポイント。

これなんて、2枚のボードを使ってます。

剣玉との合わせ技!

そして、これまでのデッキ(板)グラフィックは、自分で描いてきたと言うからアーティスティックな一面まで。

こちらは、ISAMUが2016年の5月に出場した世界大会「World Round-Up Freestyle Skateboard Championships」のセミファイナル。プロクラスで出場したISAMUは、1位と僅差で、世界2位を勝ち取りました。

東京オリンピックでは、スケートボードが競技に承認されていますが、どういったルールになるかはいまだわかっていません。ただ、主流から少し外れてはいるものの日本に世界の頂点を狙える13歳の少年がいるというだけで、きっと流れは大きく変わってくるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Isamu Yamamoto
雄大なノルウェーの山間いを、ロングスケートボードで駆け抜ける女性がいる。ダウンヒルボーダーでアーティストのIshtar Backlundさん(22歳)。見...
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
毎シーズン、ボーダーだけでなく魅力的な単色「SOLID」もラインナップされている、〈セントジェームス〉の「ウエッソン」。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。
1880年代以降、ヨーロッパ列強国によるアフリカ諸国の植民地争いに巻き込まれたコンゴ。人々は、暴力反対を訴え、平和を望む声が増えていくことになる。世界一お...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
「SON OF THE CHEESE」「BUY ME STAND」「Sober」など数々の注目のファッション&スポットをプロデュースする東京カルチャーの体...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...