「服が汚れるから戦わない」サプールに込められた平和のメッセージ

僕が、サプールを知ったのは、2013年だった。カンヌで行われる世界最大の広告祭Cannes LionsでGuinessビールのTVCMを観た時の衝撃は、今でもはっきりと覚えている。そこには、ビビッドでカラフルなファッションに身を包んだ黒人たちの優雅な姿が映し出されていた。

はじめは、広告のためにつくられたフィクションだと勘違いした。しかし、サプールはアフリカのコンゴで90年以上も続く独自の文化だということを知った。同国は、今でも内戦が続いていて、世界最貧国の一つと言われている。しかし、世界一お洒落なジェントルマンたちは、1ヶ月の収入をはるかに上回る高級なスーツを身に纏う。そのギャップに驚かされた。

そして、それらのファッションが「服が汚れるから戦わない」という平和的なメッセージだと聞いて、再び驚かされたのだったー。

翻弄される歴史の中で
平和の象徴となったサプール

43e7ac6d8d7e3cfae81bb7ae2db91a7ae258680f

現在、コンゴを名乗る国は二つある。一つは、ブラザビルを首都とするコンゴ共和国。もう一つは、キンシャサを首都とするコンゴ民主共和国だ。キンシャサといえば、あのモハメド・アリとジョージ・フォアマンがアフリカ大陸で初のヘビー級タイトルマッチを行い、アリが劇的な逆転KOをおさめた「キンシャサの奇跡」の舞台だ。

1880年代以降、ヨーロッパ列強によるアフリカ諸国の植民地争いに巻き込まれたコンゴ。人々は暴力反対を訴え、平和を望む声が増えていくことになる。

サプールの発祥の諸説は様々だが、有力なのは、社会活動家であったアンドレ・マツワが、フランスから戻る際に、パリのジェントルマンの装いをしていたことで、コンゴ人たちの賞賛を浴び、自分たちの平和信仰を「ファッション」として表現することになったという説だ。

その後、サプールはコンゴの平和の象徴となり、コンゴ人たちの英雄的な存在として定着したということだ。

エレガントな装いは
ジェントルマンとしての生き様

80b90bde2528117b249d31d20e8ed2cd6e8d8cec

サプールとは、仏語の「Société」「ambianceurs」「personnes 」「élégantes」の頭文字をつなげた造語。日本語訳は、「お洒落で優雅な紳士協定」「エレガントで愉快な仲間たちの会」などいくつか訳がある模様。意訳をすれば「世界一お洒落で平和を愛するジェントルマン」ということになるようだ。

E1895764278564b3aec0390fa09c536fc0f24507

ここで、一つ大きな疑問が湧いてくる。平均月収約3万円ほどの稼ぎで、どうやって20万円もの超高価なスーツを手に入れられるのだろうか?

僕は、写真展覧会を開催している会場に来ていたサプールの一人であるムイエンゴ・ダニエル氏(通称セヴラン)を見つけて、直接、質問をしてみた。同氏によると、サプールの多くは洋服を買うために、長時間の労働をしているとのことだった。しかも、コンゴは月賦払いがあるが、全額入金しないと服が手に入らないシステムなのだという。そして、服を買うために仕事を見つける人も多いらしい。

そして、外見に気を配る以上に大切なのは、ジェントルマンでなければならないとのことだった。「紳士としての教養や振る舞いを身につけ、何よりも精神的に豊かであることが大切なのさ」ムイエンゴ氏の穏やかな表情から溢れた深い言葉には「哲学」と「生き様」を感じざるをえなかった。

Yohjiを愛する
キンシャサのサプール

769f9538d17c79742434265f88022cdc11304eeb

目の覚めるような鮮やかなサプール。そのスタイルは、コンゴ共和国のものだ。対して、コンゴ民主共和国のサプールは、黒づくめ。両国は、ボートで5分ほどの距離にあるらしいが、そのスタイルは非常に対照的なのだ。

E6deea95c434ae8952e9004deb23b62e31bba125

今回の取材で何よりも、僕をハッとさせたのは、キンシャサのサプールたちが身につけているスーツだった。どこかで見覚えのあるスタイルは、言わずと知れた日本が世界に誇るファッション界の巨匠、山本耀司氏のブランド「Yohji Yamamoto」だという。その意外なる事実を目の当たりにして驚いた。と同時に、とても親近感が湧いてきてしまった。

0001247e2c7b62ff17c3897601f61c7750833364

調べてみると、キンシャサが生んだアフリカンミュージック界の第一人者である歌手パパ・ウェンバが、「Yohji Yamamoto」を身につけてステージに上がったことがルーツとのことだった。その後、ウェンバに続く歌手や彼らに魅了された若者たちによって、黒ずくめのスタイルが定着したようだ。

583f64e090fb9192d28e3bd59261f184e767e23e

サプールを撮り続けた
 SAP CHANO氏の
写真展開催中

Dfe337d124131eda36e57ed53c185dc087c94cc709d884b4dd9f14eb21d18463c1bc3e31cf3d7c6b

ビビットカラーのサプール、モノトーンのサプール。彼らを撮影するために3年前から現地を訪れているのは、日本人フォトグラファーのSAP CHANO氏。サプールとの親交は深く、彼らが日本に訪れた際にも、SAP氏が同行して数々の写真を撮影しているそうだ。

今年、創業300年を迎える老舗百貨店の大丸では『THE SAPEUR サプール写真展〜平和をまとった紳士たち〜』という展示会を開催している。先出のSAP氏による写真200点以上をムービーを交えながら紹介する、見応えたっぷりの内容となっている。

ファストファッションが主流となっている日本において、彼らのファッションや生き様から強烈なインスピレーションや刺激をもらうことができるかもしれない。サプールというスタイルや生き方に興味がある人は、ぜひ訪れてみてはどうだろうか?

『THE SAPEUR サプール写真展〜平和をまとった紳士たち〜』
■撮影:SAP CHANO
■後援:駐日コンゴ共和国大使館
■主催:(株)大丸松坂屋百貨店
■入場料:一般500円 ※中学生以下無料
■開催店舗:残り2店舗
大丸東京店 2017年9月28日(木)〜10月10日(火)/11階催事場
大丸札幌店 2017年10月18日(水)〜10月30日(月)/7階ホール

(C)SAP  CHANO

Licensed material used with permission by サプール写真展「平和をまとった紳士たち」
月給の何倍ものお金をハイブランドファッションに賭し、エレガントに街を歩くーー。そうして精神的に豊かでいることや平和の大切さを謳う集団「サプール」。「服を汚...
Y’s(ワイズ)は、ファッションデザイナーの山本耀司(やまもとようじ)が1972年にスタートしたブランド。1977年の東京コレクションで鮮烈なデビューを果...
プラハの街の一角に、愛と平和と自由への精神で埋め尽くされた壁がある。1980年12月8日、凶弾に倒れたジョン・レノンを偲んで、若者たちが哀悼のメッセージを...
豊かな精神性を“エレガント”に求めたサプール。彼らを紹介した写真家のダニエーレ・タマーニ氏は、そのほかにもセネガル、ボツワナ、ボリビア、ヨハネスブルグ、ビ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
ホロコーストを生き延び、平和に至るまでの苦しみを長く世界に訴えかけてきた、ノーベル平和賞作家のエリー・ウィーゼル。2016年7月2日、彼はNY・マンハッタ...
パリ同時多発テロから一夜が開けた2015年11月14日朝。バタクラン劇場前でジョン・レノンの『イマジン』を弾くピアニストがいました。その場に居合わせた人々...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
「失恋した友達に贈りたい」絵本を紹介します。
屈強で美しい肉体こそ、究極のオシャレ。服で隠してしまうなんて、野暮だと思いませんか?「何を言っているんだ?」と思ったみなさん、とりあえずこちらの写真を見て...
ダライ・ラマ14世が「戦争の現実性」について語った、言葉があります。人種や宗教を超えた“世界平和”実現に向けて、いま一人ひとりが何をすべきなのか?世界を行...
「子どもにおっぱいをあげるって、普通なことなんです」。そう語るのはフォトグラファーのIvette Ivensさん。彼女が撮影したのは、女性の授乳シーン。一...
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
3歳のScout Penelopeちゃんはお母さんの力をかりて、有名人になりきる写真を撮り始めました。選んだ人は、どれも芯があって美しい女性ばかり。同じよ...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
9月23日〜10月23日生まれの、てんびん座。四大元素では「風」と分類されている彼女たちは、とことん平和を好み、その平和を周囲にも分け与える天使のような存...
本作品『わたしは、幸福(フェリシテ)』のテーマは、本当の幸せとは何なのか?それは、理不尽と不条理に満ちた人生を生きる僕たちにとっての問いかけでもある。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
フォトグラファーのThomas Biziourasさんが撮影した石橋のほとんどは、グレヴェナ県にあるものだそう。同県にはこのような橋が18本以上も存在して...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
嫌なことが何度あったとしても、今日もまた、必要とされている場所へ向かっている。あなたはいつだって、強い人だ。