ロサンゼルスが「毛皮の製造と販売」を禁止に

バークレーやサンフランシスコに続き、9月18日にロサンゼルス市議会が毛皮の製造と販売禁止を決定しました。流行の発信地でもあるファッション都市がファーフリー(毛皮を扱わない)に、というのがポイントです。

すでにグッチやアルマーニ、マイケル・コース、バーバリー、ヴェルサーチなどの大手ファッションブランドは続々とファーフリーを宣言。アメリカの主要都市では動物愛護団体による毛皮反対のデモも頻繁に起きています。

ロサンゼルス市の決断はこの流れに拍車をかけることでしょう。2020年までに段階的に施行していくそうですよ。

Top image: © iStock.com/ChiccoDodiFC
他の記事を見る
キツネのAylaは、毛皮農場に生まれました。生まれたときから、毛皮になることが決まっていた彼女は、いずれは人間のコートの一部になる運命だったそうです。しか...
ロサンゼルスのプロジェクトは、「Cool Seal」という塗料を使って、道路を真っ白にしようというもの。景観を崩すわけではないから、東京オリンピックのとき...
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
Fox 11 Los Angelesがそんなフリーウェイの様子をレポートしている動画には、フードトラックが営業を始めて、多くの人が並んでいる様子が映し出さ...
今年、ロサンゼルスのショッピングセンター「サンタ・モニカ・プレイス」に、スーパーモデルのTyra Banksが手がけるテーマパークがオープン予定。その名も...
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
今年、ロサンゼルスにオープン予定の「アカデミーミュージアム」。オープン時には宮崎駿監督の回顧展も開かれる予定。専用アプリを使うと、展示される映画の舞台裏の...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「Everytable」は誰でも簡単にヘルシーな食べ物を食べられるようにするのが目標。そこで、彼らは平均年収によって価格を決める制度を導入しました。
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本のミュージックビデオみたいですが、実はこれ、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー啓発動画...
「TOKYO BINZUME CLUB」は、週末に開催されている青山のファーマーズマーケットで、可愛くパッケージされたジャムやジュースを販売。年内にはEC...
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで食べるべきグルメです。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
ロサンゼルスにこんなに可愛いワンちゃんがいるのをご存知でしょうか。今すぐ、Instagramで『Popeye The Foodie Dog』と検索してみて...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...