毛皮製品の販売終了へ!2021年に向けたアメリカ大手百貨店の賢明な判断

アメリカの老舗デパート「Macy’s(メイシーズ)」とグループの百貨店チェーン「Bloomingdale’s(ブルーミングデールズ)が毛皮製品の販売を終了することを先月発表した。これは両社が展開するアウトレット店舗も例外ではなく、2020年度末までに販売を終える予定だ。

今回の発表は、カリフォルニア州で制定された動物毛皮製品の製造販売や寄付を禁止する全米初の法律が制定されたのに伴うアクション。

今後はブランド動向の調査と顧客の声に基づいて毛皮の代替品を研究し、高品質でファッショナブルなフェイクファーを用いたアイテムを提供していくという。

世界的なハイブランドなども毛皮の使用禁止を発表したり、ユーザーもエシカルなアイテムやブランドを選ぶ傾向が強まる時代。もともと、米国内の毛皮製品市場に陰りがあるのも手伝い、ビジネス的な成功という面でもメイシーズにはプラスになる施策ではないだろうか。

Top image: © shutterstock/Creative Lab
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
バークレーやサンフランシスコに続き、9月18日にロサンゼルス市議会が毛皮の製造と販売禁止を決定しました。
イギリス王室のエリザベス女王が「毛皮」を使った衣服などを今後一切新調しない意向を表明。
キツネのAylaは、毛皮農場に生まれました。生まれたときから、毛皮になることが決まっていた彼女は、いずれは人間のコートの一部になる運命だったそうです。しか...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
8月1日から販売されている、LEGOの「21318 Tree House」。2018年に同社が発表したサトウキビ由来のポリエチレン製ブロックを使っている新...
8月13日、アメリカの百貨店「Kohl’s」がFacebookと手を組んで、ミレニアル世代向けの新たなコレクション「Curated by Kohl’s」を...
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
サンフランシスコ市議会は、市内で電子タバコの販売を禁止する条例を可決。市長も署名する意向を示しており、成立すればアメリカの主要都市では初めての試みとなる。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
フェイクミートが市民権を得たアメリカで、次なる動物性不使用製品としてフェイクエッグが注目されている。この記事で紹介するのはその代表格である「JUST Eg...
2018年12月13日、アメリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)が、フライドチキンの香りがする薪を販売しました。
先日ニュージーランド政府は、使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。ドミニカ国も似たような方針を発表しました。プラスチック禁止の波は、今世界で...
Appleユーザーやファンにとって待望の新製品発表会が、日本時間の9月10日午前2時より開催されます。毎回のことどんな発表があるのか予想がされますが、幾つ...
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
シーズンは終了したばかりだが、早くも2020年に向けて動き出したアメリカの野球。MLBのコミッショナーが先日コメントしたのは、マイナーリーグの一部で「ロボ...
日本でも大人気のドーナツブランド「Krispy Kreme Doughnuts(クリスピー・クリーム・ドーナツ)」が「アメリカを代表するお菓子」とコラボし...
スキットルズを“飲める”ようになります!
アラバマ州にあるフォードの販売店が、自動車を購入した人に「アメリカの国旗」と「聖書」をあげるというキャンペーンを行なっています。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。