生徒が誰も来ないんだけど…。すねた教授の実況ツイートがおもしろい!

Adam Heath Avitable教授は、いつも通り授業のために教室に向かいました。すると、不思議なことに、生徒が誰もいません。待てども待てども、なぜか誰ひとり来ません。

すね始めた教授は、「#Classwatch2017」というハッシュタグをつけ、その状況をTwitterで実況することにしました。誰も来ないのは気の毒だけど、なんだか楽しそうで、思わず笑ってしまいます。

「今日は休講って、言ったっけ?」

「教授が15分遅刻したら授業はナシっていうルールがあったと思うんだけど…。あれって逆の場合も適用されるんだっけ?」

「2017年、授業観察。授業は30分前に始まったというのに、生徒はまだひとりもいない。誰か来たと思ったら管理人さんだった。笑いたければ笑えばいい」

「さらに5分が経った。自分のことを疑い始めたよ。今日は休講って言ったっけ?今日って本当に木曜日?僕は夢を見てるのか?」

「静かだな。ドアが開く音がするたび、背筋を伸ばして微笑んでみる。でも誰も入ってこなくて、傷つくんだ」

「授業開始から45分が経った。まだ誰もこない。被害妄想に駆られてきた。教室の鍵がかかってるのかな?

確かめてみよう。…かかってない」

「世界中の人がみんな死んだのかな。突然ゾンビが襲来して、僕だけ、教室の中で生き残ってるとか」

「聖なるものすべてに誓う。時計の針がPM3:00を指しても誰も来なかったら、今日はもう終わりにする」

「教室の窓の外に、鳥が着地した。代数を勉強しないかと誘ってみた。鳥は誘いを断って飛び去っていった。猫に食べられてしまえばいいのに…」

「僕の生徒が全員、複雑な交通事故に巻き込まれていて、それで遅刻してるんだっていうルーブ・ゴールドバーグのシナリオを思い浮かべてる」

「出席簿は僕の心と同じくらい空っぽ。今日のお菓子は自分ひとりで食べるしかない」

「僕が何かを見逃してるんじゃないかと思って、メールをチェックする。でもメールなんて1通もない。変だ。僕は死んだのか?死んでいるのか?これは地獄なのか?」

「いっそのこと、授業を始めたほうがいいのかもしれない。生徒が話し声を聞きつけて入ってくるかもしれない。これっておかしくないよね?そうだろう?」

「神に誓います。もし誰かが僕をからかってるんだとしたら、僕はたぶん泣き崩れるでしょう」

「人の気配がないから、教室の明かりが自動で消えてしまう。点けるために動かないといけないけど、それにいったい何の意味があるっていうんだ」

「外で話し声が聞こえる。希望を胸に窓に近寄る。ただの自転車に乗っている子どもたちだった。楽しそうだ」

「そんな彼らに“なんで学校に行かないんだ?先生が困るだろう!”と閉まっている窓越しに叫んで、中指を立てた」

「教室の椅子に名前をつけ始めた。ファンフェッティは良い子だ。チャラマンダーはトラブルメーカーだ」

「上司にメールを発射。“僕の生徒はみんなどこに行っちゃったんですか???”

返事はない」

「そのとき、事態は動いた。僕はドアの開く音を聞いた。誰かが近づいてきて、足音が大きくなってくる。もしかして?生徒?90分遅れて?」

「違った」

「わかったよ、降参だ。もう荷物をしまって家に帰る。これは明らかに、今日は誰にも教えることができないっていうサインなんだ」

「ふいに2人の生徒が入ってきた。無慈悲で、謝りもせず、説明もない。お菓子がもらえるなんて思うなよ」

「いや、やっぱりそんなことはできない。お菓子はあげて、でも授業は95分前に始まったよと教えてあげた。2人の生徒は肩をすくめた。殺意が芽生えた」

「生徒たちは、今日パソコンを使ってもいいかと聞いてきた。僕はため息をついて、いいよと答えた。僕はもうここにいる必要はないみたいだ。おしまい」

さて、後日談

結局、どうしてひとりも生徒が来なかったの?と聞いてみたところ

「僕は、高校を出ていない生徒が試験を受ける準備をするためのコースを教えているんです。生徒たちはそれぞれ自分のペースで学んでいて、僕は数学、社会学、科学、リーディングや言語スキルなどを、彼らの必要に応じて教えています。なので、生徒が毎日出席することを期待しているわけではないのですが、さすがに誰もいないのは珍しいことでした(笑)。この日のフロリダは天気も良かったし、ほとんどの生徒は仕事もしているので、誰も来なかったのは偶然だと思います。もちろん授業は再開しているし、クラスは学ぶ意欲のある生徒たちでいっぱいですよ」

と、回答を頂けました。じつはこの教授、コメディアンとしての顔も持っているんです。そう聞くと、この愉快な一連のツイートにも納得できるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Adam Heath Avitable
新しく社会人になる人はもちろん、進学する人、転職する人、新しい世界に飛び出すときは誰しもが不安を感じることでしょう。トロントにあるライアソン大学でマーケテ...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
場所は、NY・ブルックリン。閉店間際のカフェで、ひとり静かにコーヒーを飲んでいたJerryさん。そんな日曜の夜のカフェで起きたのは、美しい奇跡のような出来...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
オランダのある中学校の授業風景が「刺激的すぎる」とFacebookやYouTubeを通じて話題沸騰。生物学の先生が、生徒たちに人体の構造を教えるため、驚き...
特別支援学校の教師が、生徒たちに毎日欠かさず実践している、あるルーチンが話題となっています。その様子を映した動画は、すでにFacebookで200万回以上...
ある事情で息子エメットのベビーシッターが見つからなくなったのは、シングルマザーのアシュトン・ロビンソン。止むを得ず、大学の講義を欠席するメール連絡を教授に...
投稿者:飛行機の乗客で乗り合わせてるこのカップル、たった今別れたところで、恋人の女の子が泣きじゃくってる。男「もう我慢できない。もう一緒にいられない。でき...
19歳のJulien Turnerは、アメリカにあるモアハウス大学の学生。勉強がそこそこできる彼は、生物学の講義でも「A」を取得していて優秀な方。留年の心...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。生徒たちもノリノリです。どうして小学校でラップを...
フロリダ州の法律では16歳で車の運転免許が取得できるため、高校まで毎日ドライブして通う生徒も多いそう。なかでもウエスト・オレンジ・ハイスクールでは、高校3...
米・アクイナス大学のマクロ経済学教授は、“もし講義中にスマホが鳴ったらスピーカーにして皆に聴こえるようにして通話しなければいけない”という決まりを作ってい...
ある日、カリフォルニア州ホリスターにあるSan Benito高校に、女子生徒だけでなく、男子たちもオフショルダーを着て登校しました。学校への抗議の意味もあ...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
たった9秒。まばたき厳禁のオモシロ動画を見つけました。体育館の生徒たちの前に現れたのは、まさかのクジラ!?それは、一瞬の出来事だった…それは、ほんの一瞬の...
世界有数の名門校、英・ケンブリッジ大学が「LEGO教授」を一般公募!オモチャ好きには心躍るような話題を、科学系情報サイト「IFL Science」でMor...
学校で毎朝行われる「出席確認」。普通は名前を呼んで確認するものですが、少し前から、斬新でステキな出席確認をする先生の動画が話題になっています。Barry ...
ジェイク・ベイリー君(18歳)は、ニュージーランド・クライストチャーチにある男子高校の生徒会長。2015年11月4日に行われた同校のとある表彰式で、彼はス...
ロードトリップに欠かせないのが、道路沿いにあって素泊まりできるモーテル。と言いたいところですが存在感は薄れてきているようです。サンノゼ州立大学の教授And...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...