カフェで偶然目撃した「純愛物語」が美しい。

場所は、NY・ブルックリン。閉店間際のカフェで、ひとり静かにコーヒーを飲んでいたJerryさん。そんな日曜の夜のカフェで起きたのは、美しい奇跡のような出来事でした。

彼は、偶然目撃したその思わぬ展開をTwitterで実況していたのです。

女の子の店員が
男の店員に告白した…

「今、このカフェにいるの僕だけなんだけど、女の子の店員が男の店員に告白した」

「男が“いつから?”って聞いたら、女の子は“6ヶ月前から”だって。今度は男が答える番だ」

コーヒー頼みたいけど
それどころじゃない

「彼は“なんて言ったらいいのかわからないから、ちょっと裏で考えさせてくれ”だって」

「彼女はやきもきしている。僕はコーヒーのおかわりを頼みたいけど、それどころじゃなさそうだ」

彼の答えは?

「男が帰ってきて、彼女にキスをした。なんてこった」

「“認めたくなかったんだけど、本当はいつも君のことが気になっていたんだ”。信じられない、こんなことがあるなんて」

なんて美しいんだ…

「ふたりは僕に、数分だけ外に出てもいいか聞いてきた。そんなの当然OKに決まってるだろう」

「ふたりで手を繋いで笑顔で帰ってきた、なんて美しいんだ」

「女の子がマフィンをサービスしてくれた。“付き合わせてごめんなさい”だって。いや、むしろお礼を言いたいくらい光栄だよ」

愛はそこにある

「今日はもう閉店だから帰る。僕は今夜、人間というものについて考えを改めた。愛はすぐそこにある。だから見つけに行こう、このカフェの女の子みたいに」

Licensed material used with permission by @notjerryclayton
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
窓際のソファ席、フリーWi-Fi、電源コンセント、あとはおいしいコーヒー。それを勝手にカフェに求めているワガママな客は、決して私だけではないはず。ワーキン...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。職場でテキパキと仕事をこなしていたり、メールやLINEの返事がシンプルだったり、合コンでも媚びていなか...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
ドイツ・ヴェルトハイム市の一角にある変な家を発見!逆さまだ。まるで竜巻に巻き上げられて頭から落ちちゃったみたい。SNSには周辺や中の様子がアップされている...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
「何を考えているのかわからないし、何も話してくれない…」女性からはそんな風に思われてしまいがちな男性陣ですが、じつはいろんなことを考えているんです。ただ、...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...