職人大国ドイツで流行っている「マグボトル」が日本初上陸。

Makuakeでクラウドファンディング中のマグボトル「FLSK」は、ドイツでトレンドになりつつあり、その販売店も増えてきているようです。

保冷性や保温性、デザインなどの特徴がありますが、そのなかでも魅力的なのは「炭酸を入れられる」ということ。なんでも、フタを緩めるときに気泡を逃すミリ単位の隙間が発生するので、ガス爆発を防いでくれるようです。

つまり、コーラを入れることもできるし、ビールを持ち運ぶこともOK。

今は寒い時期だけど、晴れた日には、自分でオレンジの皮なんかを入れたホットビールを作って、それを「FLSK」に入れて、公園でゆっくりと温まりながら過ごすのもアリだな〜。

56055334153748485127621130059776
Licensed material used with permission byMakuake
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
飲み物を携行するのにペットボトルは便利ですが、エコではないし、飲み終わったあとのゴミの処理が面倒くさいですよね。空になったら潰してカバンなどに入れて持ち帰...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
「GOOSE ISLAND(グースアイランド)」は1988年にシカゴで誕生した、アメリカ中西部最大のクラフトビールブランド。こだわりのホップ...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
オーストラリア・シドニー発祥のパイ専門店「パイフェイス」が日本に初上陸し、話題沸騰中。この可愛い顔した“ニクい”ヤツ、決して侮ることなかれ。全16種類!日...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
外出先で「電子レンジがあればな〜」。こんな経験、一度はあるのではないでしょうか。でもあの大きさと重さ、そして電源…車に積んでアウトドアへ持って行くにしても...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
巨大網の中にいるのは、たくさんの人間。これは文字通り、漁師の編んだ網に掛かれるアトラクション。漁業が盛んな小さな島「グロワ島」でうまれた「パカブ」という遊...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...
どれだけ綺麗な山奥の清流でも、安心して飲めるレベルの水かどうかは分からない。それでも、なんとなくの感覚で大丈夫と判断してしまっているのが正直なところ。そこ...
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
これをどう体験するか(味わうか)は人それぞれですが、思索にふける夜のお供にもってこい、なんて気がしてしまいます。あえて言うなら“哲学の飴”。「車いすの物理...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...