クラウドファンディングに失敗したマグボトル

いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。

特長は冷たい飲み物を入れると色が変わるところ。だから、名前はカメレオン。

何かに役立つわけでもないから、資金調達に失敗してしまったのでしょうか。でも、マグボトルの中身がどれくらい入っているのか、それがわかると地味にうれしいです。

健康を意識して、1日に飲むべき水の量を決めている人もいますからね。運動時にも、水分補給のペースをコントロールできます。

実はアメリカでは販売をしているのですが、日本への発送対応はナシ。これからの改良に期待したいマグボトルです。

Top image: © Root7
他の記事を見る
Makuakeでクラウドファンディング中のマグボトル「FLSK」には、炭酸飲料を入れることができるのだとか。フタを緩めるときに気泡を逃すミリ単位の隙間が発...
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
人類の歴史の中でも非常に大きな出来事として刻まれている、1969年7月20日のアポロ11号月面着陸。人類が月に到達してから48年という月日が経ったいま、「...
ピザを入れらるポケットが付いているパーカが、クラウドファンディング開始です。胸のあたりにプリントされているピザがポケットになっていて、1スライスをどこにで...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstar...
なぜかいつもスマホの液晶がバッキバキの人っていますよね。注意しているつもりが、うっかり落としちゃって…。気休め程度に保護シールを貼っていても完全に防ぐこと...
62羽の、イケメン鶏だけを撮影した結果。新たな世界の扉、開かれる。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
アメリカでは、クラウドファンディングでアパレル史上最高額となる23億円の支援を集めたという〈BAUBAX(バウバックス)〉のトラベルジャケットが、満を持し...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
ありそうでなかったバックパックの登場です。
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
クラウドファンディングで資金調達中の貯金箱「GoSave」は、お金の大切さを子どもに学んでほしいという想いで開発された。
クラウドファンディングで、目標額の6倍以上にもなる資金を集めた“大ヒット作”。太陽光、ブラックライト、暗闇で、それぞれ色彩が変わります。