クラウドファンディングに失敗したマグボトル

いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。

特長は冷たい飲み物を入れると色が変わるところ。だから、名前はカメレオン。

何かに役立つわけでもないから、資金調達に失敗してしまったのでしょうか。でも、マグボトルの中身がどれくらい入っているのか、それがわかると地味にうれしいです。

健康を意識して、1日に飲むべき水の量を決めている人もいますからね。運動時にも、水分補給のペースをコントロールできます。

実はアメリカでは販売をしているのですが、日本への発送対応はナシ。これからの改良に期待したいマグボトルです。

Top image: © Root7
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Makuakeでクラウドファンディング中のマグボトル「FLSK」には、炭酸飲料を入れることができるのだとか。フタを緩めるときに気泡を逃すミリ単位の隙間が発...
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
サッポロビールが取り組む「ほっとけないどう」プロジェクトの一環として、札幌市の常設BARでスタートした「カンパイ・ファンディング」。乾杯分の売り上げの一部...
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...