「家に帰らない人」ほど家賃がお得になる住居「unito」

不動産の企画や運営をおこなう「株式会社Unito(ユニット)」は、外泊が多い人がお得になる住居「unito」を作るためのクラウドファンディングを実施中。

この「unito」は、自分が住んだ分だけ家賃を支払う料金システム「Re-rent機能」を導入した住居。ベットやテーブル、クローゼットなど、生活に必要な備品や家具は備え付け。常駐のコンシェルジュによる郵便や洗濯、ハウスクリーニングの代行サービスもあるので、いわばホテル住まいのような生活が可能になる。

利用者は、unitoのアプリから外泊する日を申請。その日数に合わせて、家賃が割り引かれる。割引は月に10日の外泊で2万円、20日で4万円ほどのイメージ。外泊中、その部屋はゲストが滞在する“客室”となるが、自分の荷物を保管できる施錠機能付きスペースも用意されているので安心。もちろん、使用された場合はハウスクリーニングがおこなわれて引き渡される。

2020年春、直営店第一号店となる「unito Chiyoda」が東京・神田にオープン予定。同社によると、2022年までに東京23区内を中心として10棟、500部屋のオープンを目指しているという。

旅行や出張など、様々な理由で外泊することが多い人だけでなく、“アドレスホッパー”のように定住することが当たり前ではない人にとっても注目の住まいとなるだろう。

unito
*クラウドファンディングはこちらから。

Top image: © 2020 株式会社Unito
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
紀寺の家は、およそ100年前に建てられた5棟の町家群を改修した、新しい町宿。観光産業として生まれた宿泊サービスではなく、文化財である古い町家の構造や機能性...
新型コロナによってテレワークが進んでオフィスで働くことが常識ではなくなった昨今、カラオケ店や貸しスペースをオフィスとして活用する人もいるのではないだろうか...
「urban(アーバン)」は、月に3日間、1万500円から東京の都心にもうひとつの家を持てるサブスクプラン。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
サッポロビールが取り組む「ほっとけないどう」プロジェクトの一環として、札幌市の常設BARでスタートした「カンパイ・ファンディング」。乾杯分の売り上げの一部...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...