工事期間1日!?ミレニアム世代のためのプレハブ住宅

いま、イギリスに暮らす人々の悩みのひとつが高騰する家賃。最も顕著なロンドン中心部では、1ベッドルームでおよそ1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場だとか。そのなかで、新しい都市生活のあり方として注目されているのがプレハブ住宅だ。

急成長するモジュールハウス

「LaunchPod」と呼ばれるこの住宅、部屋の広さは26㎡というから、日本で言うところのワンルームや1Kに等しい。英国人からすればだいぶコンパクトだろう、それでも洗練されたデザインと機能的な間取りで人気を博しているようだ。

特筆すべきは、プレハブゆえの工期の短さ。なんと、1日あればこの家が建ってしまうらしい。事前に工場で組み立てるモジュール型住宅がそれを可能にしている。現場での手間を省き、天候による影響も最小限、ロンドンの建築事情において、急成長する訳もわかる。

コンパクトだけど
狭さを感じさせない

キッチンと一体化したリビングルームや、部屋続きのバスルームといった、日本人にからすれば見慣れた間取りが逆に新鮮に映る。建築会社Wimshurst Pelleritiの狙いは、コンパクトでありながらも狭さを感じさせない空間づくりにあったようだ。

僕のお気に入りは意外に広いバルコニー。この空間でビールを飲みながら読書したり、食事をしたりと様々なシーンを想像してしまう。ちょうどいいサイズ感。友人たちが集まっても充分な広さがうれしい。

年間の電気代は約1,450円!

もちろん環境への配慮も忘れていない。太陽光発電を取り入れ、プレハブ住宅でありながら床暖房も標準装備だそう。それでいて驚かされるのが、住宅全体でも年間の電気代が日本円にして約1,450円程度で済むという事実。

リーズナブルな家賃

ところで肝心の家賃を最後に。

月額600ポンド(約8.7万円)〜700ポンド(約10.1万円)に設定されているとのこと。現在は、ロンドン南西リッチモンドの高級住宅街エリアで展開中。前述の家賃相場と比較してもかなりリーズナブル。

経済的なだけでなく、デザイン性、機能性の面から見ても、タイニーハウスやトレーラーを改造した家で暮らす、モノを必要以上に持たないミレニアム世代からのニーズがありそうだ。

Licensed material used with permission by WIMSHURST PELLERITI
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
地中海の別荘、インターナショナル・スタイルの住宅から、板張りのファームハウスまで。国が変われど「真っ白な家」の魅力と人気は不動のものです。今回は、住まいに...
JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパ...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
環境問題に取り組むイギリスのNPO団体「Hubbub」は、これまで誰も思いつかなかった、ユーモア抜群の戦略でロンドンの街からタバコのポイ捨てをなくそうとし...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
壁コンセントの真ん中をモジュール型にして、様々な機能をプラスできるようにしたのが「Swidget」。使い方は、いたってカンタン。Swidgetの真ん中にモ...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
去る1月18日、イギリス政府はクラブやバー、パブ、ライブハウスの存続をサポートするために、ある声明を発表しました。その背景には「ユニークなイギリス文化を守...
壁一面、貝だらけ。イギリス南東部マーゲイトの静かな住宅街にあるこの洞窟は、シェル・グロット(貝のほら穴)と呼ばれています。公式ホームページによると洞窟は1...
イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...
使わなくなった学校を取り壊すのではなく、リノベーションして新たな使いみちを生み出す。カフェやギャラリー、アートスペースとして校舎を再利用する取り組みは、今...