DIYで組み立てられるプレハブハウス「EZDOME HOUSE」 が医療施設に導入スタート

90分あればDIYで組み立てられるプレハブ工法ハウス「EZDOME HOUSE(イージードームハウス)」が、山梨県の医療施設「医療法人南斗六星会 加田クリニック」に導入左された。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、医療の現場では施設内での集団感染拡大が社会問題になっているが、院内感染を防ぐためには、発熱している患者を隔離するスペースを設置することが必須だ。

「EZDOME HOUSE」は、隔離室、臨時診察室などに使えるため、加田クリニックでは、入口にて体温チェックをし、発熱している患者をクリニックには入れず、手前に設置した「EZDOME HOUSE」に隔離して診察する。東京の総合病院でも間もなく設置されるという。

これまでは、キャンプや子どもたちのプレイルームなど、楽しいシーンで活躍・利用されてきた「EZDOME HOUSE」が、まさか院内感染を防ぎ、医療崩壊を防ぐための救世主になりうる日が来るとは……。

©2020 株式会社TCL
©2020 株式会社TCL

EZDOME HOUSE

【公式サイト】http://www.ezdome.jp/

Top image: © 2020 株式会社TCL
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事