食いしん坊が共感する21のこと。「家賃より、食費」

食べることにこの上ない至福を感じるという「Elite Daily」のライター、Ashley Fernさんが「食いしん坊なら思わず共感する21のこと」をまとめていたので紹介しましょう。

ダイエットなんて、人生の最高の楽しみを潰しているだけかもしれませんよ。おいしいものは、思う存分食べてお腹を満たすためにあるのです。

01.
SNSのフォローは、友だちよりも「食」

ルームメイトの個人用のInstagramはフォローしてないけど、彼女がつくる料理用のアカウントはフォローしていたり。

別に、彼女に興味がないワケじゃないの。ただ彼女のペットよりも、ランチに興味があるだけ。

02.
おいしそうなものを見かけたらダイエットは中止

そんな食事が目の前に用意された、「痩せる意志」なんて一瞬でかき消されるわ。周りがヘルシー志向になっても、おいしいゴハンが最優先。

03.
旅行は、食のため

プールや海があるかないか。そういう基準で行き先を選ぶ人もいるけど、あなたは違う。プールサイドで現地の人が何を「食べているか」が興味の対象。

04.
セックスよりも「食」を妄想

セックスは毎回必ず満たしてくれないかもしれないけど、食は満たしてくれるんだから。

05.
一食、一食が勝負!

最高の食事をするチャンスは、1日に3回しか巡ってこない。だから、そのうちの1つでも失敗すると、まるで失恋した気分に…。

しかもそれが夕飯だったとしたら、最悪の締めくくりね。

06.
「念のために」 食べておく

ランチを食べた直後に「お菓子を食べちゃいけない」なんてルールはない。夕飯までスケジュールが忙しいなら、食べられるうちに食べておくのが合理的ってもの。

07.
みんなが海外ドラマにハマるように、料理番組にどっぷり

でも、1ミリも恥ずかしいなんて思わない。

08.
ポルノより食べ物に興奮

食に対してはいつだって真剣。デザートを食べて興奮しない人の気持ちはわからない…。

09.
おいしくないものに出会ったときの絶望感

無駄に消費したカロリーは返却して、ちゃんとした食事と交換したいくらい。

10.
頼みすぎて後悔したことはない

頼みすぎたら持ち帰ればいいだけのこと。むしろそうしない人の気持ちがわからない…。だって食べ物を無駄にするほうが、よっぽどもったいないと思わない?

お金を払っているのは、自分なんだから。

11.
家賃より食費

そんなあなたを見て、笑う友だちもいるかもね。でも、周りの意見なんてどうでもいいでしょ?

12.
「大きいサイズにしておけばよかった」が口癖

一食たいらげたあと「まだ食べられる」なんて、食いしん坊にとっては最大の不覚。一瞬「ここは我慢しておこう」と考えてはみるものの、後悔したくないから結局追加で注文することに…。

13.
ボロアパートでも構わない

やりくりを考えるときも、絶対に妥協しないのが「食費」。そのためなら、エレベーター付きのマンションはきっぱり諦められる。

14.
舌が合わないことが「別れ」の原因に…

付き合うなら、同じような食習慣の人じゃないと、ちょっとつらいかも。食いしん坊のあなたにぴったりなのは、つねにゴハンに夢中な人。

15.
カラダで気になるのは「胃」

多くの人は心臓や脳に気を配りますが、あなたにとって一番大事なのは「胃袋」。

16.
好き嫌いが多い人とは友だちになれない

「これもダメ、あれもダメ」。そんな人は、食事を選ぶのもひと苦労。

17.
食事の「香り」に敏感

匂いのことなら任せてほしい。神戸牛かどうかなんて、すぐに見抜けるの。

18.
一夜限りの関係を持つのは、人じゃなくてピザ

朝目覚めて隣にいるのは、空っぽのピザの箱。でも、後悔なんて1ミリもなし。

19.
宝石もいいけど、やっぱり食べ物

ダイヤを欲しがる女性もいるかもしれないけど、チーズがかかった熱々フードにも興味津々。この2つは比べようがないの。

20.
ダイエットは成功した試しがない

人生で一番大切なのは「食」。そう認めているから、ダイエットなんてしないわ。我慢なんてつらいだけだもの。必要性も感じないわ。

21.
生きるために食べるのではなく、食べるために生きる

座右の銘はこれ。

「なんだって食べればいい。体重を指摘する人がいるなら、彼らも食べてしまいなさい」

Licensed material used with permission by Elite Daily
愛すべき「食いしん坊あるある」10選をご紹介。なんだか愛らしくも見えてきます。
とにかく美味しいものに目がなく、他のことはさっぱりなのに、料理の話になると首を突っ込んできては、誰よりも深いウンチクを語れる。食べることが好きな人たちって...
食べないダイエットはゆっくり太っていく。痩せるために大事なのは、自律神経のバランスを整える食事で燃焼と休息のメリハリをつけること。ワッフルやパンケーキが大...
アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。そんなシアトルは今、フー...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
ピザが好きで好きでたまらない!もう一時も離れたくない…。そんな食いしん坊のためだけにできたと言っても過言ではないポーチが、米で話題になっています。それがコ...
現代人は、ストレスのせいで、体が何を必要としているかを知る「食欲のセンサー」がくもってしまっているそうです。本当はビタミンが足りないのに、何を必要としてい...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナのダイエット効果の有無をハッキリさせるべく、疑問をぶつけた。
恋人よりも、友達とのセックスが好きだった。なにもかもを理解してくれる人、言葉にしなくてもわかってくれる人。僕らは最高のパートナーだと思ってた。恋愛なんかじ...
セックスのよくある悩み「恐怖」「痛み」「セックスレス」に悩んでいる全ての女性に伝えたい対処法をまとめました。
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
セックスしちゃった友達とは……その後どうなる?
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
横浜の「アソビル」で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」の会期が10月4日(日)まで延長となった。
Joy Bauerさんは、アメリカで活躍するカリスマ管理栄養士。NBCのTODAY's SHOWでは「栄養と健康」のコーナーを担当、ダイエット・食生活につ...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。ということで、消化器の内視鏡専門医である平島徹朗さんの著書『「健康力」に差が...
泣きたいときも、楽しいときも、いつも「食」がワタシの背中を押してくれる。
ご飯のカロリーってどのくらい?ご飯が太るって本当?知っているようで知らないご飯のこと。今回は、糖質や1日の摂取量の目安といった基本知識から、ダイエット中の...