「親友に車イスを」。男の子の優しさが多くの人の心を動かしている

自分にとって大切な人が困っていたら、できる限り手を差し伸べますよね。ではもし、相手の悩みを解決するためには、多額のお金が必要だとしたら──。

アメリカに住むPaul君の大切な友達は、生まれつき脊柱に障害があり車椅子に乗っているKamden君。一緒にヒーローごっこをして遊んだりご飯を食べたりと、2人はいつも一緒。いつも側にいるからこそ、Paul君はKamden君のある悩みに気がつきます。

ベストフレンドには
新しい車椅子が必要!

5264ee34daf221cd9ed8f7b1f8e8ceeed8bf4878

どうやらKamden君の車椅子は重すぎてうまく押すことができず、移動中に何度も前に倒れそうになったことがあるみたい。ときには、大きすぎてトイレの個室に入れないことも。Paul君はその様子を側でずっと見ていました。

なんとかより良い車椅子をプレゼントしてあげたいと思ったPaul君。しかし、たとえお小遣いをかき集めたとしても、到底買えない額。

そこで、クラウドファンディングサイト「GoFundMe」で呼びかけることにしたのです。

「新しい車椅子があれば、Kamdenはもっと自分で自分のことができるようになり、たくさん遊べるようにもなります。早く走れるようにもなるのです。どうか彼を助けてください」

4658a97af85142a6a9cb2fea9aa2157f1f4ca35f17c56f190e485f298b96ac20f4e9ab1dcf6428c8

Paul君の思いが届いたのか、なんと1カ月で約70万円が集まりました。これは目標にしていた金額を大幅に上回る数字です。

2人の友情を普段から微笑ましく見守っているKamden君のお母さんは、Paul君についてこのように「TODAY」に語っています。

「彼は息子のことを障害があるからといって特別扱いしません。だからこそ息子はPaulといる時、素の自分でいられるのです」

5f32b78c4d81b8c69757ffa67a8bb7288585d341

Kamden君の笑顔からは、Paul君のことを心から信頼していることが伝わってきます。車椅子の問題だって、いつも側にいるからこそ分かったこと。友達のためにここまで行動を起こせるなんて、大人でもそうあることじゃないですよね。

Reference:TODAY
Licensed material used with permission by GoFundMe
友達は友達でも、家族のような親友ってとても大事な存在。血が繋がった家族にさえ言えないようなことも相談できるから。そのような存在がいる人だけができる、人生で...
物理的な距離の問題ってもどかしい。それは、恋人じゃなく親友でも同じこと。それでも、すぐには会えない関係の中で「親友」の関係を続けられる人たちがいる。彼女た...
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...
いろんなストーリーが浮かんできます。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
山や川、砂漠をも越えて500マイル(約800km)のトレッキング…と聞いたらそれだけでも大変そうですが、もしもそれを車椅子で達成するとしたら?米・アイダホ...
漫画やアニメのポップカルチャーイベント「COMIC-CON」。日本でも12月に開催予定ですが、アメリカやイギリスなど世界中で注目を浴びています。2015〜...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
いつも側にいてくれる大切な存在、それが親友。移ろいやすい男女の関係とは違って、友情は時を経ても大きく変わることはありません。そんな親友の素晴らしさを「El...
内向的な人は、距離を縮めるのに時間がかかるけれど、「親友」として関係を築くには1番適している。そう語るのは、ライターのTessa Harveyさん。自身も...
親友って、自分の心がほっとするくらい居心地がいい。でも、「Elite Daily」のライター Rachel Chapmanによれば、その関係値をもうワンラ...
親友という称号は、自分がなるのも、相手に求めるのにも、難しいもの。でも自分の友達の中でもこのような9つの特徴を持っていれば、一生に親友になるかもしれない。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
卒業、就職、結婚など節目で地元を離れる人はいる。今まで仲良かった友達・仲間と離れるのは心寂しいもの。でも離れるからって友情関係が変わるとは限らない。むしろ...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
友情を実感できる要素を、端的にまとめたのがこの記事です。親友、心の友、大の仲良し、腐れ縁。あなたの人生から切っても切り離せない「友達」。家族よりも恋人より...
自分も、だれかにとっての「大親友」でありたい。
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...