どれだけ離れていても心はつながっている「親友のサイン」

進学、就職、結婚。人生の節目節目で離れ離れになってしまう親友。これまでと違い、距離が離れているともどかしいこともあると思う。繋がっていけるか不安になることもきっとあるだろう。

でも大丈夫、「Elite Daily」のライターRachel Chapmanさんによれば、これから挙げる7つのことが2人の関係にあれば、きっとこれからも絆の強さは変わらないみたい。私も親友と離れてしまった経験があるけれど、3番、5番、6番には頷いてしまった。

01.
離れていても、心の距離は近い

親友が側にいない時でも、心は側にいるのだと感じることができる関係。気兼ねなく電話やメッセージを送ることができて、相手のレスポンスも早い。あなたはどんな時でも1人ぼっちだと感じることはないわよね?あなた親友がそれを証明してくれている。

02.
「2人だけの冗談」を
思い出して笑う

直接ジョークを言い合えなくても、彼女はまだあなたを笑わすことができていればそれもサインの1つ。例えば、あなたが誰かと出かけて、親友とのおかしな思い出を蘇らせてしまう何かを見たとする。そしてあなたはつい笑ってしまうの。コメディー映画を見た時よりもね。

03.
大切な日は必ず連絡し合う

もしかしたら、毎年は会えないかもしれない。でも、彼女はあなたの誕生日や休日に連絡してくれるだろうか。お互いが、まるですぐ側にいるかのように、プレゼントやポストカードを送りあったりなんかして。

04.
何かあれば1番に知らせがくる

親友と離れ離れだと、相手の人生で何が起きているかディテールまで知ることはできない。でも、大きな知らせを把握できていれば良いと思う。新しい仕事とか今誰と付き合っているだとかね。だって、あなたは彼女にとって1番の“チアリーダー”なんだから。

05.
久しぶりに話しても
違和感がない

最後に話してから数ヶ月は経っているかもしれない。けれど、久しぶりに話せばまったく違和感を感じない。とても居心地良く感じて、あいていた時間をすぐに埋められるの。

06.
もはや家族のような存在

正直、遠くに住んでいる親友は家族のような存在。長期休暇でもない限りほとんど会うことはないけれど、ちゃんと連絡は取り合っていようとする相手。親でさえまるで自分の娘のように感じて、あなたを通して近況を知ろうとしてくるんじゃないかな。

07.
「親友歴」が長い

遠くにいるその親友とは、もしかすると幼少期からの仲だったりしない?時が流れるにつれ、それぞれ違う道を歩んだため離れ離れになってしまった。かといって、これまでの歴史が消えるわけじゃない。だからこそ距離なんて関係ないのよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
友達は友達でも、家族のような親友ってとても大事な存在。血が繋がった家族にさえ言えないようなことも相談できるから。そのような存在がいる人だけができる、人生で...
親友という称号は、自分がなるのも、相手に求めるのにも、難しいもの。でも自分の友達の中でもこのような9つの特徴を持っていれば、一生に親友になるかもしれない。
自分も、だれかにとっての「大親友」でありたい。
新年度が始まり、早いもので3カ月が経ちました。職場や学校で新しく出会い、いつのまにか一緒にいるようになった人はいるでしょうか?もしかしたらその相手、一生を...
「Snapchat」がユーザーのメンタルヘルスをサポートする機能「Here for you」のローンチを発表。