ボウリング場にも職人の愛が込めらている、モノづくり大国ドイツ。

いわゆる普通の景色しか知らなかったので、ドイツのボーリング場だけを集めているプロジェクトを見たら、なんだか「職人魂」を感じました。他とは異なる自分だけの個性をデザインに出したい、というような。そこには、やはりマイスター制度が関係しているのかもしれません。

そんな個性の強いドイツのボーリング場、10選です。どうぞ。

6152590244970496583870692143923249567532381634565400821852274688546167751232716862830596744806405220809572352000537356088954060848431804784312325423237152374784

あと20種のボーリング場を、フォトグラファーRobert GötzfriedさんのHPで見ることができますよ。

Licensed material used with permission by Robert Götzfried Fotografie(HP), (Instagram)
さすがは、エンターテインメント大国・アメリカ。つい先日、内装のカッコよさに唸らざるを得ないボーリング場がロサンゼルスにオープンしました。こんなにクールな施...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
ここでは、「Innovative brothers」と呼ばれているドイツのYouTuber兄弟の動画をご紹介。
ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」。実はこれ、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊。実はこのパルテノン神殿、以前...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
カフェやレストランでウェイトレスに向かって、「熱い愛をください!」と言っても目をまん丸くされないのは、もしかしたらドイツくらいかも。こんなラブコメのセリフ...
Makuakeでクラウドファンディング中のマグボトル「FLSK」には、炭酸飲料を入れることができるのだとか。フタを緩めるときに気泡を逃すミリ単位の隙間が発...
職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。伝統...
ドイツ発〈sänger(サンガー)〉の湯たんぽです。ゴム製なので、金物のそれと違って柔らかく使いやすいです。表面のギザギザは、低音火傷を防ぐための構造で、...