45分で1,000カロリー消費。NYで話題の「暗闇ボクササイズ」とは

ニューヨークでじわじわ増えているのが、フィットネスとしてのボクシングジム。特に暗闇に近い明るさの中、大音量で音楽を流しながらサンドバッグを叩くスタイルが流行中。そんな最先端のトレーニングを体験できるのが、銀座にオープンした「b-monster」です。

楽しくキレイを
目指す人の
インスタで話題

オープンから1ヶ月しか経っていないにも関わらず、美しいカラダ作りに努力を惜しまない女性たちから支持を集めているんです。その魅力を見ていきましょう。

160分ランニングするのと
同じ消費カロリー

661abf5c1942480d7ac338b7db3e26176a2186ba

パンチの際のステップや腰をひねる動きなど、全身運動となるボクササイズ。レッスンの強度によっては、1回45分で800〜1,000キロカロリー消費できてしまうんです!「CLUB Panasonic」によれば、52キロの女性が2時間40分ランニングするのと同じ運動量なんですって。

コアトレから
リアルファイト重視まで
+@のレッスン

6ce79a3b42962808405d17457b2b6aaf228c4b91

こちらでのプログラムは1つだけ。ボクササイズだけでなく筋力トレーニングやサンドバッグ打ちなどを、バランス良く取り入れたものが基本となっています。

そこへコアトレや自重負荷運動など、それぞれのインストラクターが得意とする内容を盛り込んだレッスンを行うのが特徴。初心者から上級者まで、自分に合った強度で進められるのがうれしいところ。

暗いから集中できる&
ストレス発散も!

E58cfc023a46f7a3de4518182553a06f3191c39c

「暗闇であることで人目が気にならず、たとえ型が間違っていたとしても自分のワークアウトに集中できることが最大の魅力」と説明するのは、同社代表取締役の塚田美樹さん。ブラックライトの明るさの中、自分とサンドバッグだけにフォーカスできますよ。

エクササイズのお供と言えば、気分を盛り上げてくれる音楽。ミュージックディレクターがヒップホップ、EDM、ダンスを中心にさまざまなジャンルの中から、レッスンに合ったプレイリストを作成しているのだそう。まるでクラブにいるような感覚の中、思う存分カラダを動かせば、心もカラダもすっきり。

ジューススタンド併設。
内側からもキレイに

7b9571406f535d22bf8fbf6c8f6aa35d80060a78

ストイックにがんばったらほっとしたい、という人には、コールドプレスジュース「good juice〜Terre Table〜」とコラボしたジューススタンドも併設されていますよ。

デトックスと整腸作用のある「Green」、ストレス軽減してくれる「Black」、免疫力をupさせる「Orange」など、全7種類を取り揃えていて、価格は900〜1,200円。

トレーニングの後シャワーを浴びてすっきりしたら、心地よく疲れた体を癒しましょう。

オープンのきっかけは
ニューヨークでの実体験

近所のボクシングジムにトライアルで行ってみたところ、形ばかり教えられたという塚田さん。ニューヨーク旅行中にこの暗闇フィットネスを体験したそう。

「とにかく見よう見まねでレッスンについて行きました。サウナに行ってもなかなか汗がかけないのに、終わる頃には着ていたTシャツがびしょびしょ。できるできないは置いておいて、とにかく楽しかった」とコメント。

非日常の空間と、インストラクターがショーのようにクラスを盛り上げるエンターテイメント性にとても感動し、これを日本でも広めたい!と今回のオープンに至ったんですって。

短い時間で効率良い運動ができるニューヨークの最先端スタイル。ウエアのレンタルもあるので、思い立ったらすぐ行けちゃう。シャンプーからクレンジング、乳液まで用意してありますよ。試してみたい人はこちらから。

Licensed material used with permission by b-monster, arinabananax
Reference:CLUB Panasonic
アメリカで人気を博しているボクササイズが日本にも上陸しました。ここで紹介するのは、そのトレーニングを自宅でできるようにしてくれるパンチングマシーン。見た目...
プロコーチによる指導付きのビデオを見ながら、お手軽ボクササイズが自宅で楽しめるスマートアイテム、「Fight Camp」のご紹介。
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。そして、その方法もまたさまざま。正しいダイエット法なんて、本当に存在するので...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
結婚式といえば、女性が人生で一番輝くとき。そんな最高の日には、一番きれいな自分でいたい、というのが乙女心。Haley Smithさんも、そんな女性のひとり...
何をするにしても、苦しいばかりではなかなか継続できませんよね。もちろん、エクササイズも然りです。でも、ここで紹介するジムのプログラムはとにかく楽しそう!ま...
2016年3月10日(木)に銀座にオープンした「JUMP ONE GINZA.1」は、ヨーロッパ発、トランポリンを使用したジャンピングフィットネス専門スタ...
運動はしたいけど、ジムはいつだって混んでるし、周りの目も気になるしちょっと苦手…。そんなあなたに「Pure Wow」にまとめられていた、楽しく続けられてカ...
カロリーを消費したいなら、ウォーキング?ジム通い?いやいや、ホラーでしょ!と言わんばかりの新たな取り組みをご紹介。ドコモ・ヘルスケア株式会社は、歩数、移動...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...
「Wurf Board」の上でサーフィンするだけで1時間のカロリー消費率が32%(平均168キロカロリーほど)もアップ!と言われてもなんのこっちゃかもしれ...
「Camp Grounded」は、18歳未満が立ち入ることのできない、大人のためにあるキャンプイベント。そのコンセプトは、“小さいころに行った懐かしのサマ...
エクササイズが女性の身体にも心にも活力を与えてくれる理由を、ライターStephanie Sharlow氏が「Elite Daily」で記事にしています。じ...
littlethings.comから、二の腕を引き締めるために家でできる簡単な8つのエクササイズを紹介。フィットネス・エキスパートのMatt Perfet...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
運動は健康にいいなんて今や常識だし、ボディメイクだってもっとしっかりしたいし…そうは思っていても、ジムに行くのはお金も時間もかかるもの。かといって、家でエ...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
ここで紹介する筋トレは4種類。左右交互にやって、合間に10秒の休憩時間を入れても約5分で終わります。隙間時間でもできるワークアウトで、ぷりケツを目指せ!
注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
筋肉は、体全体の健康に大きく関わってきます。「若いうちから筋肉を落とさないことが大切」「いま運動しておくことが未来の健康につながるんですよ」と、全国各地の...