NYで話題殺到!都市のど真ん中でやる、大人の「まくら投げ大会」に参加してみた

4月のよく晴れた週末、ニューヨークはマンハッタンのグリニッジ・ビレッジ。 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! 19世紀の街並みが残る落ち着いた通りに突如現れた、まくらを抱えた人たち。 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! ここにも。 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! あそこにも。 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! 彼らが目指していたのはここ、ワシントン・スクエア・パーク。公園北側の凱旋門からは、ブランドショップなどが立ち並ぶ五番街が伸びている。 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! 見渡すと、まくらを抱えた人たちでいっぱいだ。 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! こんな完全防備の人や・・・ 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! メディアや・・・ 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! 警察までいる。 午後3時。3、2、1、の掛け声で始まったのは・・・・ 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! まくら投げ(というか、まくらバトル)だ‼︎ 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! 大人も子供もビシっ‼︎ 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! バシっ‼︎ 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! みんな歓声をあげて、大いにはしゃぎまくる。 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! もうもみくちゃ・・・ 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! 実はこれ、ニューヨーク以外にも世界100都市以上で同じ日に行われる第7会国際まくら投げ(International Pillow Fight)のニューヨーク大会。今年は5000人以上が参加したとみられている。 仕掛け人は、ニューヨークとトロントを拠点に遊び心溢れる、大規模な、そして無料のアクティビティを企画するNewmidspaceというグループ。共同代表のKevin Brackenさんに話を聞いた。 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた!

「子供時代にお気に入りだった遊びーまくら投げとか、巨大シャボン玉とかーを大勢でやったら楽しいだろうなと思って。最初は郊外で始めたんだけど、だんだん都会で開催するようになったんだ」

たしかに、大人から子供まで、本当に楽しそう。見知らぬ人とまくら投げをしてこんなにはしゃげるイベントなんて、他にはないのでは。 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! こちらは、今年初めて参加したというカップル。 「ものすごく楽しい時間だったよ」 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! 「(叩かれすぎて)へとへとだよ。でも最高だった」 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた!

「イベントが終わった後は、毎年まくらを集めて地域のホームレスの支援施設に寄付しているんだ。今年は1500個ほどの寄付が集まるんじゃないかな」

とKevinさん。 【永遠の子供心】NYで大人のまくら投げ大会に参加してみた! 楽しく遊んで、社会貢献もできるこのイベント、皆さんも来年のニューヨーク観光のコースにぜひ入れてみては? 青空のもと数千個のまくらが飛び交う様子は、やはり圧巻。一見の価値ありだ。

久しぶりに「パイ投げ」を見た。僕にとっての「パイ投げ」の原点はドリフ。幼な心ながら、テレビ画面に向かって大笑いしたのを覚えている。調べてみると意外にも「パ...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
気がつけば8月も後半戦。あれほど「暑いのはもうイヤ!」と思っていたのに、いざその終わりが近づくと、一気に寂しさが押し寄せてきたり。毎年感じるこの気持ち、一...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
右肘の負傷したはずのダルビッシュ有選手がノックに登場!見てみると投げているのは「左手」。実は彼、左投げも一流なんですね。Twitter上では、その才能に驚...
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
脳みそフル回転!あっちはどうだろう。待てよ、こっちもいいぞ。ちょっと予算が厳しいかも。ガチガチの予定を追いかけるのも息が詰まるな。大まかな場所だけ決めて現...
何をするにしても、苦しいばかりではなかなか継続できませんよね。もちろん、エクササイズも然りです。でも、ここで紹介するジムのプログラムはとにかく楽しそう!ま...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...