見た目はシンプル。でも、意外と使えるパンチングマシーン

アメリカのトレーニング事情をみていると、有酸素運動のハードルを低くして、誰にでも楽しんでもらおう、という大きな流れがあります。例えば、日常動作をベースとした「クロスフィット」や、水の中で自転車を漕ぐ「アクアサイクリング」などなど。

日本でも流行っているボクササイズもその1つ。このパンチングマシーンも、おそらくそんなトレンドを踏まえて作られたもの。

2本の突っ張り棒をセット
室内どこでもボクシングジム

でも、いくらボクササイズがトレンドだとはいえ、クラスの時間までに仕事が終わらないから通えない、という人が多いのではないでしょうか。中には、ジムに行くのがめんどくさいという意見もあるかも。

だとしたら、効率的なのは自宅でのトレーニング。そんな中で開発された「Quiet Punch」は、ドア枠さえあれば、ボクササイズができるという製品です。

取り付けは、2本の突っ張り棒をセットするだけ。「こんなので支えきれるのか?」と考えてしまいますが、動画を見ると強めのパンチにも耐えているから、意外と丈夫なようですよ。

また、アプリをダウンロードするか、YouTubeにアクセスすれば、トレーナーがワークアウトのやり方とポイントを教えている動画を視聴可能と、こちらもイマドキ。本格的なトレーニングをしない人には、ストレス発散として使えそうな印象です。

冒頭で述べたクロスフィットやアクアサイクリングには、広いスペースが必要でした。でも、「Quiet Punch」なら必要最低限の場所でトレーニングができるので、誰でも気軽に楽しめるんじゃないでしょうか。

Licensed material used with permission by Quiet Punch
他の記事を見る
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
フランス・パリのエッフェル塔近くにあるスポーツ施設「Centre Sportif Emile Anthoine」のルーフトップにボクシングジムができました...
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
ニューヨークでじわじわ増えているのが、フィットネスとしてのボクシングジム。特に暗闇に近い明るさの中、大音量で音楽を流しながらサンドバッグを叩くスタイルが流...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
プロコーチによる指導付きのビデオを見ながら、お手軽ボクササイズが自宅で楽しめるスマートアイテム、「Fight Camp」のご紹介。
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
アメリカを代表するトップアスリートの食事を覗いてみたら…。
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
LA発の「BEAT DRUM DIET」は、ドラマーになった気分で音楽に合わせてビートを刻むことで、体を引き締められるという新しいエクササイズ。7月7日(...
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...
私たちの筋肉をつくりあげるのはたんぱく質。となれば、ワークアウト後はとにかくお肉を食べればOK……とはいかないのがヒトの体の構造。筋トレのあとにオススメの...