あのNIKEのAirテクノロジーが、スニーカーだけでなく「箱」にまで適用された。

スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で履いている人は多い。NIKEといえば「Airシリーズ」というイメージを持っている人は、決して私だけではないはずです。

この度、そんな同ブランドのAirテクノロジーが、スニーカーを入れる「箱」にまで適用されたとのこと。

「捨てられたもの」で
作ったパッケージ

Arthur Huangさんは、新しく発売される「NikeLab Air Max 1 Royal」のパッケージデザイナー。捨てられたコーヒーのフタやドリンクの容器を再利用し、写真のようなスニーカーボックスをつくりました。

右半分が“原材料”。

これまで、靴を買うと必ずついてくる空き箱は、使い道もないし捨てて当然のものでした。だけど、紐を通してバックパックとして利用できるのです。ちゃんと「もう捨てられないような工夫」もなされているというわけ。

ポリューションを
ソリューションに作り変える

ポリューション(公害)をソリューション(解決)したいという気持ちから作られたのが、このボックス。

スニーカーのAirシリーズは、衝撃を吸収するクッションを作るために、最も豊富な資源であるエア(空気)を使ったもの。環境に優しいこのイノベーションに敬意を払うかたちで、今回は箱にもエアを使用したというわけ。密封しない通気性のあるデザインは、文字通り、空気が入った“エアバッグ”になっています。

「私たちがやっているのはシンプルなこと。ゴミとして捨てるものを使って、できるだけ炭酸ガスを排出しない持続的な方法で新しい製品を作り出すことです」

現在「NikeLab Air Max 1 Royal」は、中国で発売中。4月13日からは台湾での販売も予定されています。

スニーカーそのものの魅力はもちろんですが、これからは付属の箱にも注目ですね。このパッケージの登場が、環境問題に関心を抱く人が増えるきっかけになるかもしれません。

Licensed material used with permission by NIKE
他の記事を見る
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。その「AIR」の製造プロセス...
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
2月11日、アメリカの高級百貨店チェーン「Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)」が、マリファナを取り扱うセレクトショップをオープン...
ベースモデルは、ド定番の「ROYAL AMERICA」ですが、いろいろと仕様が異なっています。しかも、それが全部カッコイイ方向に転んでます。
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
夏の終わりから秋にかけて、天気が変わりやすい日が多くなります。急な夕立に見舞われて靴がぐしょぐしょになったり、フェスなどで雨に降られてお気に入りのスニーカ...
Reebokの新イノベーションシューズ「NPC UK Cotton + Corn」。オーガニックコットンや工業用トウモロコシが使われていて自然に優しいので...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
「SPALWART」「NOVESTA」「ZDA」あまり馴染みのない固有名詞かもしれませんが、これらはすべてスニーカーブランド。加えて、ある共通項が。いずれ...