ブランド初!「ナイキ」が手を一切使わず脱ぎ履き可能なシューズを発表

「ナイキ」初となる“完全ハンズフリー”のシューズが今日2月2日(火)に発表された。

新作「ナイキ ゴー フライイーズ」は、手を使うことなく足だけで簡単に脱いだり履いたりすることが可能なシューズ。

©NIKE

同シューズのスムーズな動作を可能にするのが、特許出願中の「双安定性ヒンジ(ちょうつがい)」。これにより開口部の開く・閉じるといった挙動を安定させることに成功。

さらに、特徴的なディテールであるミッドソールの「ナイキ ゴー フライイーズ テンショナー(張力調整装置)」も機能し、柔軟かつ安定した使いやすさをもたらしている。

「ナイキ」はこれまで、2015年に開発した片手で簡単にスニーカーの着脱を可能にしたシステムであるナイキ フライイーズ テクノロジーを搭載したシューズの展開をしてきたが、今回の「ナイキ ゴー フライイーズ」はその進化版になる。

通学路を急ぐ学生、子どもや荷物で両手を塞がれた母親など、さまざまな利用者のライフスタイルに対応するだけでなく、障がいのある方でも“自分で脱ぎ履き”がスムーズになり、生活を彩ってくれるシューズになるだろう。

入手については、今月15日(月)より一部のナイキ メンバーに招待制で発売を開始し、一般販売は2021 年後半に予定とのこと。

©NIKE

『ナイキ ゴー フライイーズ』
【価格】1万3000円(税抜)

Top image: © NIKE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

NIKEのレース向けシューズ「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」がついにリリース!しかし、購入には数々の厳しい条件が......。
9月13日、「NIKE」は音声操作でシューレースのフィット具合を調節できる新作シューズ「アダプト ハラチ」の販売を開始。
8月27日より、「NIKE」がリサイクル素材から作られたコレクション「ナイキ スポーツウェア リサイクルド キャンバス パック」を発売する。
「NIKE」からリリースされた「ウィメンズ ナイキ エア フォース 1 LX」と「ウィメンズ ナイキ エア マックス 98 LX」は、アッパーの合成繊維を...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
8月12日、NIKEがアメリカ国内で「Nike Adventure Club」という2歳から10歳向けのキッズ用シューズを家に届けてくれるサブスクリプショ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
すでに接種が始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン。しかし、配給されているのは一部の富裕国のみ。こうした状況に、ノルウェーの「ユニ...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...