保存容器

シンプルで飽きのこないデザインが魅力の琺瑯(ほうろう)。料理家のみならずスタイリストからも愛好され、セレクトショップの棚を飾るこの調理器具の本当の魅力を知...
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
さりげないデザイン。惹かれるパッケージ。手にとりやすいコンパクトな瓶。詰められているのは、新潟県の離島「佐渡島」の特産品だ。東京23区の1.5倍という広大...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
家のどこかに眠っている昔の「ネガフィルム」は、この時を待っていたのだと確信しました。保存しておいたものの、あれってほとんど使うことがない。けれど、いつか昔...
ヨーグルトによく似た乳製品ケフィアから発表されたのが、簡単にフレッシュチーズを作ることができるチーズメーカー「KEFIRKO CHEESE MAKER」。...
毎日、厳しい冷え込みが続く「冬」。でも「夏」はあんなに暑かったのだから、その熱が今あればいいのに…。誰もが一度は思うものです。四季があるのは素敵だけれど、...
 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美し...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
なめらかな風合いが魅力のスエード靴。特に淡い色はその美しさとはうらはらに、雨ジミや泥汚れが付くと落としにくいという厄介な一面も。今回はそんなスエードのお手...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
りんごを使ったスイーツは数あれど、これもオススメのアレンジです。「りんごバター」。あま〜い果肉の風味が加わったバターのおいしさは、レモンカードにだって引け...
中南米は、「肉を食べる国々」というイメージがある。串に肉を刺したブラジルのシュラスコ料理、豚の臓物や豆を煮込んだファジョアーダ。アルゼンチンの牛肉の炭火焼...
 エッセイストの玉村豊男さんが書いた『料理の四面体』という本に、アルジェリアをヒッチハイクしていて若者たちに食事に誘われるシーンが出てくる。 若者たちは道...