保存容器

シンプルで飽きのこないデザインが魅力の琺瑯(ほうろう)。料理家のみならずスタイリストからも愛好され、セレクトショップの棚を飾るこの調理器具の本当の魅力を知...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
棚に隙間なく収納しようとすると、他人に見せられないくらい汚くなるし、かといってキレイに並べても隙間ができてたくさん収納できない。でも、もし中身の量に合わせ...
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
鰹節専門店「にんべん」から「鰹節保存袋」が登場。「用途広すぎでしょ!」とツッコミたくなるほどの幅広い使い道もご紹介。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...
家のどこかに眠っている昔の「ネガフィルム」は、この時を待っていたのだと確信しました。保存しておいたものの、あれってほとんど使うことがない。けれど、いつか昔...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
ホットドッグにかけるケチャップとマスタードでお馴染みのあのプラスチック容器。そんな「パキッテ」を“五感”で楽しめむことができる『みんなのパキッテ展』が秋葉...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
できるだけ記憶が鮮明なうちに。
「バーガーキング」がTerraCycle社の「Loop」とパートナーシップ契約を結び、2021年から再利用可能な容器を採用することになったのだ。
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...
「イオン」は持続可能な社会の実現に向け、2020年の秋より、再利用可能な容器を使用したショッピングプラットフォーム「LOOP(ループ)」に参画する。
ワシントンで開発された新種のリンゴ「Cosmic Crisp」は冷蔵保存で1年間も貯蔵可能な代物!保存可能期間も長いうえ、味も「リンゴの聖杯」と評されるほ...