なぜ、保存容器に「琺瑯(ほうろう)」が選ばれているのか?

シンプルで飽きのこないデザインが魅力の琺瑯(ほうろう)。料理家のみならずスタイリストからも愛好され、セレクトショップの棚を飾るこの調理器具の本当の魅力を知っていますか?Instagramには、保存容器でありながら火にかけたり、お皿代わりに盛り付けたりしている写真が。この多機能さは意外でした!

“金属の強度とガラスの光沢”
手放せなくなる調理道具

そもそも琺瑯とは、金属にガラス質の釉薬(ゆうやく)をかけて高温で焼いたもの。金属の強度とガラスの光沢感を併せ持つ材質です。この、ガラス質によるコーティングが重要なポイント。

では、この保存容器を普段の生活に上手に取り入れている人々のInstagram写真とともに、琺瑯が選ばれる理由を見ていきましょう。

汚れにくく臭わず
風味が長持ちする保存容器

なぜ、みんなが保存容器として琺瑯を使うのか?琺瑯の利点をざっと挙げればこんな感じです。

①汚れがつきにくい
②非吸着性がありにおいがつきにくい
③食材や料理の風味や質が変わりにくい

食品を保存すれば日持ちし、プラスチック容器のように臭いが付着することもありません。また、どんなに脂っこい料理を入れていても、洗い上がりはヌルヌル感がないのも魅力。さらには、もの自体が繰り返し長く使えることも。

シャキシャキ葉物野菜の
新鮮さをキープ

週末に料理を作りおきして常備菜としているrico08plusさん。愛用の野田琺瑯の「ホワイトシリーズ」を大小上手に使い分けて料理を保存しています。生野菜もそのまま容器に入れて保存。じつはここにもポイントが。

琺瑯は熱伝導率が高く冷却性が高いため、冷蔵庫内で野菜を保存するにはピッタリ。「葉物野菜がシャキシャキのまま保存できる」、とユーザーから声が上がるのは、こうした理由からかも。

お弁当箱としても◎!

琺瑯の利点はそのままお弁当容器としても使えるところ。okinawa_loveさんは、旦那さんのお弁当箱として愛用中。美しいシンプルなラウンド型の容器は、料理もはえるしとっても実用的なんだそう。もちろん洗うのもラクラク。

ちなみに、maki5096さんはレクタングル深型の琺瑯をお弁当箱に。

オーブンや直火もOK!

さらに、もうひとつ。この琺瑯調理器具の優れている点は、このまま直火にかけられること。バット型の琺瑯をこのままオーブンに入れてグリル料理をつくったrrstyle05たさん。このままテーブルに出せばお皿としても十分料理の魅力が引き立ちます。

たとえば、余ったおかずを琺瑯の容器に入れて冷蔵庫で保存し、翌日はそのまま火をかけ、容器の中のものを温めることも。

プロからも愛される
野田琺瑯「ホワイトシリーズ」

さて、ここまでInstagramの画像とともに紹介してきた容器は、すべて野田琺瑯株式会社のもの。昭和9年創業の同社は、それまでの花柄やビビッドな配色が主流だったなか、色も絵柄も加えない真っ白なデザインのものを製造してきました。

なかでも人気商品の「ホワイトシリーズ」は、まるで純白のお皿のように、どんな料理を入れてもOK。容器が主張しすぎることのない、生活に溶け込むシンプルで飽きのこないデザインで、どんなスタイルにもマッチするところが魅力です。

Photo by openmindsk

openmindskさんご愛用の、天然木のサクラを木蓋に用いたバターケース。この木蓋の上でそのままバターをカットできるのも◎。

最後にご紹介するのはkumakichi3939さんご愛用のアムケトル。どこか懐かしい佇まいのこれらのシリーズでは、カラー展開も豊富。

あくまで料理が主役。控えめながらもその使い勝手の良さに人気が集まってます。Instagramには、デイリーユースに琺瑯を取り入れた人たちがたくさんいるようですよ。

ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
棚に隙間なく収納しようとすると、他人に見せられないくらい汚くなるし、かといってキレイに並べても隙間ができてたくさん収納できない。でも、もし中身の量に合わせ...
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
多様な結婚式に参列するにあたり「何を着たらいいのかわからない」と悩む女性たちへ向けたオンラインサービス「BEAMS SALON(ビームス サロン)」が今週...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
カナダ在住であるCherylさんのパートナーChirsさんは、病に侵されてこの世を去ってしまいました。Chirsさんはタトゥーアーティストだったこともあり...
「イオン」は持続可能な社会の実現に向け、2020年の秋より、再利用可能な容器を使用したショッピングプラットフォーム「LOOP(ループ)」に参画する。
新発売された簡易食品容器「BPM」は、従来のパルプモールド容器問題を解消し、最後は水分と温度が適度な環境下に置くことで生分解される。原料に使用される「孟宗...
イェール大学で人気の心理学講座が無料で受講可能に。オンライン教育サービス「Coursera」に登場した本講義では、心身の幸せを保つ秘訣を体系的に学べる。
海苔はあまり長く保存しておくと、湿気ってしまいます。そこで、このアイデア。
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
ワシントンで開発された新種のリンゴ「Cosmic Crisp」は冷蔵保存で1年間も貯蔵可能な代物!保存可能期間も長いうえ、味も「リンゴの聖杯」と評されるほ...
ホットドッグにかけるケチャップとマスタードでお馴染みのあのプラスチック容器。そんな「パキッテ」を“五感”で楽しめむことができる『みんなのパキッテ展』が秋葉...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
暗闇ボクシング・フィットネスとして話題の「b-monster」が、3月27日(金)より期間限定で無料配信中。人気パフォーマーのプログラムを自宅でおこなうこ...
「Afternoon Tea LIVING」と「STANLEY」の初のコラボレーションアイテムとなる春色のピンクカラーを纏った限定色の真空マグが4月10日...
どんなに忙しい日でも、「おいしい」に妥協したくない人たちの冷蔵庫には、つくりおきのお惣菜がいくつもあるものです。すぐに食べられる常備菜をつくっておけば、何...
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
ホワイトデーのお返しの用意はできていますか?まだ買っていない、何を買ったらいいかわからない、洒落たプレゼントを探している!という人はぜひ参考にしてみてくだ...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...