レシピ内の「ひとつまみ」。本当にみんな指でつまんでる?

料理していてたまに思うのが、「塩ひとつまみ」のひとつまみの量。具体的に何グラムと書かれていないし、スイーツづくりでなければ大抵適当にササッとふりかけてしまいますよね。

でもこのとき、本当に"ひとつまみ"してますか?

僕の場合、目分量でそのまま瓶からふっています。
なんでかって、指先が汚れるし、いくら洗った手とはいえ、なんだか調味料に手を突っ込むのは気がひけるから。

でもそんな心配、これならしなくても良さそうなんです。

調味料を「フタごと」ひとつまみ

©2018 Akihiro Yoshida
©2018 Akihiro Yoshida
©2018 Akihiro Yoshida

容器の中に入れた調味料を素手でさわらずに、フタごと"ひとつまみ"できるフタです。

素手でさわるのが気になるなんて神経質だ!という人もたくさんいるだろうけれど、気になっちゃうものは気になっちゃうんですよね。

わざわざ手袋をつけるのも面倒だし、スプーンを使ったり、瓶からふりかけたりするのは、そもそも「ひとつまみ」じゃない。

このフタと一体になっているところに、やられた〜感があると思いません?

©2018 Akihiro Yoshida

世界的に活躍するデザインオフィスnendoによる「air lids」というシリーズのひとつがこれ。このシリーズは、空調機器メーカー「ダイキン」のためにデザインした、フタに特徴のあるキッチンウェアです。モノとヒトの間にある空気を、フタという形に変換し、その空気が感じられるというコンセプトでつくられています。

今回紹介したもの以外にも、液体を体積で「押し出す」フタや、押しつぶすことで口が開いて注ぐことができるフタなど、なるほど〜と感心してしまうユニークなものばかり。

けれど残念なことに、これらはすべてプロトタイプなんですって。

©2018 Akihiro Yoshida
© 2018 Akihiro Yoshida

もちろん性格にもよるけれど、料理初心者はとくに、レシピどおり正確につくっておいしく仕上げたいもの。

「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?

Top photo: © 2018 Akihiro Yoshida
Reference: nendo
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第四弾は、まるでたんぽぽの綿毛のような見た目の「置き型風鈴」。かわいい見た目もさることながら...
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
ひと振りで手軽にシェフの味を再現でき、どんな料理にも合う万能調味料。「クレイジーソルト」さえあれば、クリスマスディナーは失敗知らず!
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
「成田空港」の「オンライン見学ツアー」が今月22日(土)に開催。現在、申し込みを受付中だ。
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
唐辛子、花椒、クミン、ニンニク…あらゆる中華スパイスを配合したユウキ食品「中華クリスピーチキンシーズニング」。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
応援購入サービス「Makuake」で販売中のスニーカー「EUYEN」。紐なしのニットアッパーとアーシーな色合いがどんなコーディネートにもハマるこの一足は、...
何かと便利な部分も多いリモートワークではあるが、ついつい家に引きこもりがちになるなんてことも。もしこのまま今の生活を続けると、一体人間はどんな姿になるのだ...
棚に隙間なく収納しようとすると、他人に見せられないくらい汚くなるし、かといってキレイに並べても隙間ができてたくさん収納できない。でも、もし中身の量に合わせ...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
福岡県宗像市に暮らす母(フミ子さん)が、家族のためにつくった「ゆず胡椒」。その味を引き継いだ息子。「フミ子の生ゆず胡椒 大吟 黒」は、青唐辛子でなく、黒胡...
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...