ブドウを「あえて焼く」という美味しさの新提案

BBQのシメといえば、焼きそばが定番中の定番。だけどそこに行き着くまでにお腹は意外にふくれるもので。わざわざ網を鉄板に替えるのも手間。そんなときに「焼きフルーツ」がいいんですよね。なかでも、この時季“テッパン”なのが、コレですよ。

焼くことで香りと甘みUP
「焼きブドウ」がおすすめ

Photo by Bobbi Lin/Food52

リンゴや洋ナシをはじめ、焼くことでおいしさを増すフルーツが多々ありますが、ここで紹介したい秋の味覚は「ブドウ」。市場に出回っているものだけでも50種を超えるブドウは、火を入れることでフレッシュなものとは違う味わいが楽しめます。ひと言で表現するなら味が凝縮し甘みが強くなる、といった印象。

しかも、焼くことでミニトマトのように皮がぷりっと裂け、柔らかくなった皮のまま食べたほうが断然ウマイ!これを家庭でつくる場合、フライパンの上でコロコロ転がしながら焼いていくこともできますが、できればオーブンで。250℃で5分くらいを目安に、程よく水分が抜け皮がぷりっと裂けていれば食べごろです。

この時季だけの
オトナなデザートにして

Photo by Bobbi Lin/Food52

ただ焼いただけでも十分おいしい。だけどせっかくならば、ひとひねりしてこんなアレンジをおすすめします。とっても簡単なレシピを「Food52」よりご紹介。

まずはバゲットを薄くカットし、カリカリに焼きます(切り口がパリジャンやバタールよりも少し小さめのバゲットがGOOD)。そこへフェタチーズをたっぷり塗って、あとは焼いたブドウをのせればできあがり。お好みで乾燥ハーブを散らしたり、EXオリーブオイルをたらしてもよさそう。

そこによく冷えた白ワインががあれば最高。爽やかで軽いやや辛口タイプのものがよく合いますよ。デザートとしても重宝する「焼きブドウのクロスティーニ」いかがですか?

Top Photo by Bobbi Lin/Food52
Licensed material used with permission by Food52
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
価格は1,254円~と、チリ産らしいお手頃さの「ルート・ワン ヘリテージ・レッド」。根から実まで接木なしの一本木のブドウを使って仕込まれる赤ワイン。名前も...
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
頬に触れる空気も乾燥して、張り詰めたような寒さの冬がやってきました。この時期、風邪の予防にもおすすめなのが「焼きネギ」です。焼くだけでとろっとろの食感が楽...
これは、いわゆるブルスケッタの簡単版。片手でつまめる気軽さはもちろん、食欲をそそるものからスウィートなものまで自由自在なのがミソ。「バゲット・バイツ」と呼...
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
パン・オ・ショコラを自宅で再現するのは難しいですが、バゲット・オ・ショコラだったら簡単。
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
焼いたマシュマロをチョコと一緒にグラハムクラッカーで挟んだ、キャンプの定番スイーツといえば「スモア」。これなしではキャンプにならない、とまでアメリカやカナ...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
BBQシーンで食す焼きそば。美味しくつくるため押さえておきたいポイントがありました。
パイシートにバナナとマシュマロをのせて焼くだけ。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
サラダやドライカレーにトッピングするレーズンは見慣れていても、これをバルサミコ酢に漬け込むというのはあまり聞いたことがないかもしれません。甘酸っぱさが引き...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。