知らなかった!じつは雑菌だらけの10のモノ

Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me

身近なモノで、雑菌がもっとも多く汚いのは何だと思いますか? きっと多くの方が、「トイレの便器や床」と答えるかもしれません。ところが、私たちの身の回りには、じつはトイレよりも雑菌にまみれたものがたくさん…。

今回は、そんな驚愕の汚い10のモノを一挙公開!

01.
台所のスポンジ

doctors-me-bacteria10_000007053010_Medium
家庭内でもっとも汚いといわれているのが、スポンジです。その雑菌レベルは便座の20万倍ともいわれ、スポンジの表面は2.5㎠あたり約1000万もの菌に汚染されているというデータも…。
さらに雑菌の他、カビや大腸菌黄色ブドウ球菌なども繁殖する可能性があり、食中毒の原因になることも考えられるので注意が必要です。月に2~3回は新しいスポンジに交換するようにしましょう。

02.
まな板

doctors-me-bacteria10_000013707335_Medium
まな板の上は、なんと便座の200倍もの菌がいるといわれています。 特に、肉も野菜も同じまな板を使っている人は要注意。肉は菌が繁殖しやすいので、別々に使うようにしましょう。
また、肉用は使用後よく洗浄するだけではなく、できれば漂白も行い、菌が繁殖しないようにすれば安心ですね。

03.
お金

doctors-me-bacteria10_000005366895_Medium
紙幣1枚には、なんと平均2万6千もの細菌が付着しているのをご存知でしたか? さらには、食中毒菌の一種セレウス菌が付着していたお札や、付着したインフルエンザウイルスが最長17日間生き続けたというデータもあるほど、恐ろしいほど汚いのです。

04.
スマホ

doctors-me-bacteria10_000055054382_Medium
ありとあらゆる場所や場面で使い、耳や顔に当てている時間も長いスマホ。こうした使用環境により、顔の皮脂や手の汚れ、置いた場所の菌などが付着することで、じつは相当な菌の温床に……。その細菌の数たるや、トイレの10倍以上。恐ろしいですね〜。

05.
水道の蛇口

doctors-me-bacteria10000005490727_Medium
結論から申しますと、お風呂場の蛇口は便座の約20倍、キッチンの蛇口は約40倍の細菌が繁殖しています。シンクを掃除する際は、蛇口も併せてピカピカにしてください。

06.
パソコンのキーボード

SAMSUNG CSC
トイレの5倍
もの菌が繁殖しているようですよ。熱を帯びやすいパソコン。どうやらその暖かい環境が菌にとっては好都合のようなのです。
特にノートパソコンのキーボードは細菌にとって、居心地バツグンの温度になりやすく、さらに手の皮脂と相まって増殖していく危険性がアップ。こまめに、クリーニング用のスプレーで掃除をしましょう。

07.
マットレス

doctors-me-bacteria10000000037971_Medium
ヒフ細胞の死骸、チリやダニの糞
の影響で、その重さは10年で2倍になるといわれています。こまめに、掃除をしてください。

08.
ハンドバッグやポーチ

Businesswoman traveling with luggage and handbags
特に汚くしているつもりはなくても、刻一刻と菌は繁殖しています。特に化粧ポーチなどに、裸のままブラシ類を入れている方などは要注意。

09.
レストランのメニュー

Menu & Cutlery on A Restaurant Table
レストランのメニューは多くの人たちが触れているモノでありながら、こまめにキレイにしているレストランはほとんどないでしょう。それゆえ、トイレの100倍以上、細菌が存在しているのですよ!

10.
カーペット

doctors-me-bacteria10_000006841325_Medium
どこで何を踏んだかわからない足の裏が行ったり来たり。その上、食べ物のカスペットの毛ほこりやダニの死骸が沈んでいたりして……。その汚さは、トイレの4000倍

■医師からのアドバイス
いかがでしたか? 身近に潜む汚いモノ。これらの細菌から身を守るためにも、手をキレイにすることが有効です。何かに触れた後は、石鹸やアルコール手指消毒剤を使って常に清潔にキープしておけるといいですね。

監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me

ノロに代表されるウイルス性胃腸炎は、ここ数年でインフルエンザに匹敵する流行をみせていますが、感染症胃腸炎のなかでもとくに夏の暑い時期に気をつけなければいけ...
まな板を誰かにプレゼントする、考えたこともなかった。
公衆トイレを使用する際、便座の汚れが気になって仕方ない!という人、多いかもしれません。中にはトイレットペーパーを敷いたり、事前に便座をふいたりする人もいる...
このところ紅茶をとりまく話題がおもしろい。水出しによる淹れかたが評価されたり、コーヒー専門店がわざわざ新ブランドを展開したり。それは、アフタヌーンティーの...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
使用後のバスタオルは雑菌だらけ。3日も放置すれば、便座よりも雑巾よりも汚くなる。なんて事実は周知のことだけど、そう毎日交換できるものでもない。それで、抗菌...
『フライング タイガー コペンハーゲン』で発見。やけにBIGなサイズ感、季節感を意識した(?)カラーリング、それに合わせてセレクトされたグラフィックの紙ケ...
牛の胆汁を使った石鹸で、油汚れや血液に強いことで知られているが、汗による黄ばみにも有効だ。
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
注射嫌いには朗報。インフルエンザ予防ができる『皮膚パッチ式』のワクチンが開発されました。0.03インチの極細の針が100本含まれた"microneedle...
フックに吊るしておけばソープディッシュが要らないし、省スペースになるし、無駄に溶けちゃうこともない。バスルームのちょっとしたインテリアにもなります。使って...
紀元前2800年に誕生して以来、「すべりやすい」という問題点をずーっと抱えてきたのが石鹸。2017年、ついに石鹸史上初の革命が。それがこのテトラポット型。...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
トイレで「小」をする時、男性は手で大事なトコを触るもの。でも、手のひらには無数の細菌が潜んでいるから要注意。これが、原因で病気になってしまうケースも多くあ...
ANAをはじめとする航空会社や鉄道で採用されてる「A2Care」の除菌消臭スプレー。キッチン、リビングからバスルーム、トイレまで、どこでも使える汎用性と高...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
木製台所用品のお手入れ法を紹介します。
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がし...
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...