「ふりかけ」感覚で味わう中東のスパイス。炊きたてゴハンと!

「ブーム到来か?」

毎年のように囁かれながら、いまだ根を下ろしたとまではいかない中東料理。けれどご存知「ケバブ」も「フムス」も、クスクスを使ったサラダ「タブレ」にしても、今年専門店まで登場した「ファラフェル」だって、どれも中東の国々が発祥。前夜はたしかに来ている!

そこで、今のうちに中東を代表するスパイスに舌を慣らしておきましょう。日本人の食生活にもハマる味です。

中東の万能調味料
「ザタール」

©Cabeca de Marmore/Shutterstock.com

ひと口に中東といっても、西アジアからアフリカ北東部までを含めると10ヵ国を超えます。その多くで使われているのが「ザタール」。中東でもっともポピュラーなミックススパイスです。

ベースは乾燥させたタイム、白ごま、スーマック。ここに塩が加わります。国ごとにそれぞれのブレンドがあり、マジョラムやオレガノ、ナッツなどが加わることも。馴染みの薄いスーマックとは、中東一体に原生するウルシ科の木に実る果実をパウダー状に挽いたもの。すこし酸味があり、赤シソに近い香りがします。

©farbled/Shutterstock.com
©Proxima13/Shutterstock.com

肉や魚の下味だけでなく、直接シシカバブにかけたり、サラダのドレッシングに混ぜたり、水切りヨーグルトにふりかけるといった用途が一般的。また、レバノンではオリーブオイルを塗ったピタパンにたっぷりザタールをふりかけて焼いた、素朴な薄焼きピザ「マナキーシュ」が朝の定番メニューとして人気です。

余談ですが、このマナキーシュにチーズや野菜をトッピングしたレバノン風ピザが、次なるの黒船となる。そんな予測も。

これぞまさしく、
中東の“ふりかけ”

シーズニング感覚で使ったり、ちょい足しの味付けに用いたり、どんな料理にかけてもおいしくしてしまう万能調味料。それって、つまり「ふりかけ」じゃないか!

試しにザタールをつまんでそのまま口へ。ほら、いける。例えるならば“梅しそふりかけ”といったところ。これが炊きたてごはんに合わないわけがありません。ちょっとバターを足して醤油をたらしてもいい。悪ノリではなく、本当にいけますよ。

おにぎりにしてもOK、揚げ物の衣に混ぜたり、ディップソースに加えたり、茹でたパスタにあえたりと、アイデア次第でいくらでもザタールしてしまう。手間をかけずとも普段の食事にちょい足しするだけで、とたんに中東が近く思えるに違いありません。

比較的手に入りやすいザタール。輸入食材店のスパイスコーナーで探してみて。

Top image: © iStock.com/VladimirGerasimov

関連する記事

中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
フロントタイヤを二輪にした「ゴールドトライアングル構造」によってバツグンの安定感を誇るニュータイプの電動キックボード型モーターサイクル「ilark」が「M...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
難民の子どもの教育のために制作されたアラビア語版『セサミストリート』が、2月2日(日)より放送される。難民キャンプからきた少年など、中東の社会を反映した新...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
サウジアラビア王国で巨大なEDMフェスティバル「MDL Beast Festival」が開催。長年音楽や映画などの娯楽が制限されてきた同国が、中東の音楽シ...
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
国内外1400種以上のクラフトビールを取り扱うサブスクリプションサービス「オトモニ」が、お肉と相性バッチリなスパイス「ほりにし」を同梱したクラフトビールセ...
今日のスパイスカレーブームを牽引してきた、東京・中目黒の老舗スリランカ料理店「セイロン イン」。オススメはフィッシュカレーです。
天然クラフトコーラ専門店「ともコーラ」が教えてくれたのは、鍋ひとつでつくる「自家製コーラ」。スパイスたっぷりで、カレーや肉料理にも使えます。
5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
トマトの酸味はごはんともよく合います。ただし、チキンライス(ケチャップ)にしろ、トマトカレーにしろ、ごはんのおかずとなり得るには「じっくり煮込まれている」...
本格スパイス商「アナン」と、廃棄予定の野菜を活用した瓶詰めソースを作る「ファームキャニング」がコラボして作られた、新作カレーペーストの販売がスタート。
忙しく生活しているとなかなか自炊できず、炊いたごはんを冷凍したまま時間が経ってしまい、マズくなってしまうことも……。そんなとき、アレをかけると大復活するんです!
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
グルテンフリー&無添加のカレーパウダーをインスタントコーヒーのようにお湯でさっと溶かして飲む「DRINCURRY(ドリンカレー)」が登場!
唐辛子、花椒、クミン、ニンニク…あらゆる中華スパイスを配合したユウキ食品「中華クリスピーチキンシーズニング」。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
新感覚のスパイス使いでこれまでのインド料理の概念を覆すモダンインディアンキュイジーヌ「SPICE LAB TOKYO(スパイスラボ TO...
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。