中世から受け継がれる「本場のスパイスワイン」

2月23日(金)から、代々木上原駅近くのhako galleryにて、14~15世紀のフランスでよく親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。

体の内側から温まるスパイスのきいたワインは、古くから薬用酒として長く愛されてきた。が、今では、カルダモン、クローヴ、シナモンなどの配合を、何代にもわたって受け継いでいるつくり手は、ごくわずかだそうだ。

イベントを主催する宮原 朱未さんは、フランスのペルージュという村で、その製造元である家族と出会い、スパイスを日本に初めて直輸入することになった。

フランスの最も美しい村で味わった
体の内側から温まる「特別なワイン」の話

宮原「フランスのリヨンからバスで2時間ほどにあるペルージュは、『l'un des plus beaux Villages de France(フランスの最も美しい村)』の称号を持つ自然豊かな美しい場所です。

10世紀頃からその歴史が続いていると言われ、ガレット発祥の地としても知られています。

初めはスパイスワインと知らずに飲みました。何かを漬け込んでいて、何とも言えない深みや濃厚な旨味を感じたんです。

常温ですが、体が内側から温まるスパイスの感覚を覚えて虜に。感激のあまりすぐに飲み干して、そこにいたおじさんを質問攻めにしてしまいました。コレは何!?って。

それがイポクラスのスパイスを調合をしているパトリックさんとの出会い。そのときにスパイスをいくつか購入し、連絡先を交換。村を離れたあとも交流を続けました。

連絡を交わすうちに、家族にも会わせたいと招待され、もう一度村を訪れたんです。そのときに、村の暮らしのことや、あたりに自生するハーブとの関わりを詳しく聞いたり、スパイスを調合している工房を見学したりしました」

彼らの“いつもの食卓”に並ぶのは、マルシェで仕入れた野菜のオーブン焼き、肉のソテー、バゲットといったもの。そういった食事と共に、食前酒としてイポクラスをいただく。それが日常だと言う。

食べ終わると山歩きに出かけ、ベリーやハーブなど、自生している植物を摘む。飾り気のないワイルドな環境がとても魅力的だったとか。

 

宮原「イポクラスは、ギリシャの医師ヒポクラテスに由来していると言われています。健康維持のために親しまれていた民間療法のようなもので、そのレシピは家ごとに脈々と伝えられてきたそうです。

パトリックさんの知る限りでは、昔ながらのレシピを受け継いでいる場所はペルージュ、マコン、カルカソンヌの3箇所ほどになってしまったと聞きました」

 

ペルージュの味をどうしても紹介したかった宮原さんは、パトリックさんに相談してスパイスを日本に直輸入した。ワインとの組み合わせや熟成時間などを忠実に守り、現地の味を再現する。

 

宮原「食からひろがるコミュニケーションや思想の話が好きなんです。そこから様々な分野に繋がったり、人が何かを表現していくのも、結局は家族や仲間、その土地の人々と共有するテーブルに支えられているからこそ。

そういう感覚で、体の芯から温まるワインを飲みに、フラッと寄ってほしいですね」

 

期間中はワインのほか、自家製のチキンハム、ケーキ、コーヒー、お茶なども楽しめる。

<開催期間>

・2/23(金) 2/24(土) 12:00 - 21:00
・2/25(日)〜2/27(火) 12:00 - 20:00
>>>カレンダーに追加する

<ドリンク>

イポクラス/ウイスキー/オルゾラテ(ドイツ、オーストリア産の大麦を焙煎し、ミルクで煮出したもの)/コーヒー(シチリア産の豆”ミシェロドーロ”)/And more…!!

<食事>

仏田舎風スープ (副菜、大豆ペースト  バゲット、飲み物付き)/蒸し野菜と自家製チキンハムのサラダ (大豆ペースト、バゲット 飲み物付き) /And more…!!
>>>「hako gallary」のHPで詳細を見る

<開催場所>

hako gallary
東京都渋谷区西原3丁目1-4
>>>Google Mapを開く

取材協力 宮原 朱未
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
7月24日、カリフォルニア州ブーンビルで世界初となる缶ワインの国際コンペ「2019 International Canned Wine Competiti...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
ナチュラルワインって、なんですか?
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...