中世から受け継がれる「本場のスパイスワイン」

2月23日(金)から、代々木上原駅近くのhako galleryにて、14~15世紀のフランスでよく親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。

48751296664043526489072478453760

体の内側から温まるスパイスのきいたワインは、古くから薬用酒として長く愛されてきた。が、今では、カルダモン、クローヴ、シナモンなどの配合を、何代にもわたって受け継いでいるつくり手は、ごくわずかだそうだ。

イベントを主催する宮原 朱未さんは、フランスのペルージュという村で、その製造元である家族と出会い、スパイスを日本に初めて直輸入することになった。

53031902663147525260793973047296

フランスの最も美しい村で味わった
体の内側から温まる「特別なワイン」の話

宮原「フランスのリヨンからバスで2時間ほどにあるペルージュは、『l'un des plus beaux Villages de France(フランスの最も美しい村)』の称号を持つ自然豊かな美しい場所です。

10世紀頃からその歴史が続いていると言われ、ガレット発祥の地としても知られています。

初めはスパイスワインと知らずに飲みました。何かを漬け込んでいて、何とも言えない深みや濃厚な旨味を感じたんです。

常温ですが、体が内側から温まるスパイスの感覚を覚えて虜に。感激のあまりすぐに飲み干して、そこにいたおじさんを質問攻めにしてしまいました。コレは何!?って。

それがイポクラスのスパイスを調合をしているパトリックさんとの出会い。そのときにスパイスをいくつか購入し、連絡先を交換。村を離れたあとも交流を続けました。

連絡を交わすうちに、家族にも会わせたいと招待され、もう一度村を訪れたんです。そのときに、村の暮らしのことや、あたりに自生するハーブとの関わりを詳しく聞いたり、スパイスを調合している工房を見学したりしました」

5871676164145152

彼らの“いつもの食卓”に並ぶのは、マルシェで仕入れた野菜のオーブン焼き、肉のソテー、バゲットといったもの。そういった食事と共に、食前酒としてイポクラスをいただく。それが日常だと言う。

食べ終わると山歩きに出かけ、ベリーやハーブなど、自生している植物を摘む。飾り気のないワイルドな環境がとても魅力的だったとか。

 

宮原「イポクラスは、ギリシャの医師ヒポクラテスに由来していると言われています。健康維持のために親しまれていた民間療法のようなもので、そのレシピは家ごとに脈々と伝えられてきたそうです。

パトリックさんの知る限りでは、昔ながらのレシピを受け継いでいる場所はペルージュ、マコン、カルカソンヌの3箇所ほどになってしまったと聞きました」

 

ペルージュの味をどうしても紹介したかった宮原さんは、パトリックさんに相談してスパイスを日本に直輸入した。ワインとの組み合わせや熟成時間などを忠実に守り、現地の味を再現する。

 

宮原「食からひろがるコミュニケーションや思想の話が好きなんです。そこから様々な分野に繋がったり、人が何かを表現していくのも、結局は家族や仲間、その土地の人々と共有するテーブルに支えられているからこそ。

そういう感覚で、体の芯から温まるワインを飲みに、フラッと寄ってほしいですね」

 

期間中はワインのほか、自家製のチキンハム、ケーキ、コーヒー、お茶なども楽しめる。

<開催期間>

・2/23(金) 2/24(土) 12:00 - 21:00
・2/25(日)〜2/27(火) 12:00 - 20:00
>>>カレンダーに追加する

<ドリンク>

イポクラス/ウイスキー/オルゾラテ(ドイツ、オーストリア産の大麦を焙煎し、ミルクで煮出したもの)/コーヒー(シチリア産の豆”ミシェロドーロ”)/And more…!!

<食事>

仏田舎風スープ (副菜、大豆ペースト  バゲット、飲み物付き)/蒸し野菜と自家製チキンハムのサラダ (大豆ペースト、バゲット 飲み物付き) /And more…!!
>>>「hako gallary」のHPで詳細を見る

<開催場所>

hako gallary
東京都渋谷区西原3丁目1-4
>>>Google Mapを開く

取材協力 宮原 朱未
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
イタリアは全20州すべてでワインを生産していて、その土地ごとに様々な特徴を持っています。その種類は、とても数えきれないほど。フランスと並んで、世界でも有数...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...